名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

細川馨の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

細川馨のプロフィール

細川馨、ほそかわ・かおる。日本の経営者、ビジネスコーチ。「ビジネスコーチ」社長。セゾン生命営業部次長、支社長、営業推進部長、支社開発室長などを経て独立。「ビジネスコーチ」を設立。著書に『生保最強営業マンの実践コーチング塾』『リーダーが実行する新ホウレンソウの本』『右腕を育てる実践コーチング』『強いチームの報・連・相』。

細川馨の名言 一覧

人1人、会社1社で分かること、できることには限りがあります。私の基本スタンスは「分かる人に聞く、できる人に任せる」です。


行動を改善できれば、クセを直すことにつながる。


ビジネスには、分野ごとのオーソリティ、プロフェッショナルが多く存在します。彼らを新たな「パワーパートナー」に迎えることで、お客様が求める課題を解決していくことが可能となる。


身に染みついた全部のクセを直すのはなかなか大変なので、最大の悪癖を1年から1年半かけて直してみるといいでしょう。ひとつを直すと、たくさんの癖が直っているというケースも少なくありません。


悪癖を一度にすべて直すことは不可能なので、焦点を絞り、「××のクセを私は直す」と公言して行動する。それだけでも、自分や周りに大きな変化が表れるはずです。そしてクセが出た行動を取った時に指摘してもらいましょう。


初めに「やらされ感」を覚えてしまうと持続しません。当社のクラウドサービスには、一人一人がモチベーションを持続するために楽しさを感じさせる要素を組み込んでいます。次の最新版は、バンダイナムコさんと提携した「たまごっち版」をローンチします。自分の成長とともに、システムの中のアバターも成長する仕掛けです。


日本人は真面目で、何でも自分だけで解決しがちです。その一方でエグゼクティブクラスの人は自分の成功体験に囚われて人の意見に耳を傾けない傾向もあります。当社の様々な知見を持つプロフェッショナルたちが、一人一人のマインドセットと行動変革を導き、そして1人また1人とコーチが誕生していけば、日本の企業はまだまだ発展していくことができる、そう信じています。


細川馨の経歴・略歴

細川馨、ほそかわ・かおる。日本の経営者、ビジネスコーチ。「ビジネスコーチ」社長。セゾン生命営業部次長、支社長、営業推進部長、支社開発室長などを経て独立。「ビジネスコーチ」を設立。著書に『生保最強営業マンの実践コーチング塾』『リーダーが実行する新ホウレンソウの本』『右腕を育てる実践コーチング』『強いチームの報・連・相』。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

順風満帆な人生を送る人などほとんどいません。程度の差こそあれ、誰にでも屈辱的な経験はあると思います。あのときにひどく屈辱を感じたけれど、それでも今自分は生きている。それを確かめるのです。それを反芻することで、抵抗力をつけるのです。人からの蔑みは予防接種だと思えたとき、それは怖いものどころか、自分を守ってくれる力となりました


八塩圭子

できるだけ時間を無駄にしないようにと、自分が意味がないと判断した仕事は、断ることも多いです。


窪田良

優れた仮説を構築できるようになるにはクロストレーニングが効果的でしょう。全く別の分野に挑戦することで、本業のブレークスルーを呼び起こすという思考法で、私自身はクロストレーニングを常に意識してきました。


辻野晃一郎

コミュニケーションはどんなに取っても取りすぎることはありません。たとえば、マネジャーは週に一回は部下と一対一で話すことが義務付けられています。上司が部下を放っておくことはまずありません。業績評価も必ず本人と面談して伝えます。


吉楽裕

ある美容雑誌に、客が美容室に不満を感じているワースト5は「値段が高い」「時間がかかる」「予約が面倒」「メニューが多すぎる」「商品を売りつけられる」と書かれていた。この反対のことをやればうまくいくのではないかと思った。


津賀一宏

大きな問題が解けない時は、小さな問題に分割して解決するのが基本。


むのたけじ

始めに終わりがある。抵抗するなら最初に抵抗せよ。歓喜するなら最後に歓喜せよ。途中で泣くな、途中で笑うな。


山田昭男

本当に産業界が日本経済の成長を憂いているのなら、法人税の引き下げを政府に要求するより先に、やるべきことがあると私は考えている。赤字企業を減らすことだ。


藤田晋

「飲み会は人間性がガラス張りで見えてしまう」ことを意識しましょう。お酒が入ると、人の「良い面」と「悪い面」が浮き彫りになります。


坂根正弘

何でもかんでもユーザーの言いなりになって作っていては、利益を生みだすことはできません。この際、標準化を進めて製品の数を減らして、生産性を高める必要があります。


高島郁夫

僕はまず優れた生活者でありたいと思っているんです。寝る、食べるなどに関してもプロでいたい。生活全体をベースにして「プロの生活者」の目を磨いてこそ、革新的なブランドやビジネスの発想が降りてくると思うのです。


小笹芳央

世の中に課題がある限り、当社の役割はまだまだ大きくなる。