名言DB

9412 人 / 110637 名言

細井一雄(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

細井一雄(経営者)のプロフィール

細井一雄、ほそい・かずお。日本の経営者。「ジェクシード」社長。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。日本IBM、アスキー・ネットワーク・テクノロジー、エイ・エヌ・ティ常務取締役、サバ・ソフトウェア社長、コグノス社長、サン・マイクロシステムズ常務取締役、日本オラクル執行役員などを経てジェクシード社長に就任。

細井一雄(経営者)の名言 一覧

製造業の中には、規模では勝てないところが多い。それを規模ではないところで勝負できる環境作りをしていきたい。


社員一人ひとりの動きとしては、「一匹狼であれ」と言っています。狼自体は、非常に家族を大事にする、集団行動が基本の生き物です。これを参考に「専門家が集団行動をする」ことを目指しています。


結局、システムを導入しても、それを活用する人財がいなければ用を為さない。


当社がナンバーワンになれる分野は何かを分析してみたのです。業務コンサルタントの分野で、大手コンサルティングファームに勝てるのかと。しかし、JDEの領域であればナンバーワンになれる。ならば、「ジェクシードはJDEが得意だ」というレベルではなく、圧倒的に「JDEといえばジェクシードだ」と言われるくらいになろうと考えています。これが、最も大きな戦略だと言えます。


細井一雄(経営者)の経歴・略歴

細井一雄、ほそい・かずお。日本の経営者。「ジェクシード」社長。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。日本IBM、アスキー・ネットワーク・テクノロジー、エイ・エヌ・ティ常務取締役、サバ・ソフトウェア社長、コグノス社長、サン・マイクロシステムズ常務取締役、日本オラクル執行役員などを経てジェクシード社長に就任。

他の記事も読んでみる

出口治明

30歳のときに決めた人付き合いのルールは「基本的に人の誘いを断らない」です。それ以降、夕食を自宅で取った記憶はありません。


清沢光司

必要な能力は企業再生業務の実績を重ねてきた中で築かれてきたと自負しています。再生業務では一般の不動産仲介業務と違って、調整相手が数多い。しかも、一定の期間内で完了させるスピード感を求められます。当社に依頼するとそれがうまく運ぶという評価を得ながら、実績を積み重ねてきました。


青野慶久

会社としての価値観が浸透すると、それに共感する人が集まってきます。結果的にポジティブ・フィードバックでもっといろんなことをやってみようという雰囲気も生まれます。


田中優子(江戸文化研究者)

社会的自己肯定力とは、主に競争に勝つことで得られるものです。そのため、初めは勝てても競争が別の次元に移ると、勝てなくなる場合があります。AI時代への移行などは、その典型でしょう。そのため、社会的自己肯定力は相対的に揺らぎやすいもので、それだけでは不十分です。むしろ重要なのは、基本的自己肯定力です。それは、自分にはできる、という自信のことですから、小さな頃から育てられます。また、小さな頃に育て損なったとしても、大きくなってからも身に付けられます。そのためにも、我々のような大学も、そうした力を育むことに力を入れなくてはなりません。


尾賀真城

商品の個性が輝くだけでなく、会社で働く社員の個性が輝いていなければなりません。私は会社のやっていることが輝いていないと、商品も輝かないと思っています。そういう意味では、明るく元気に笑顔でいることを目指す姿勢がとても大事。


大串亜由美

プレゼンの目的は、聴き手に聞いてもらうことではなく、聴き手を動かすことです。そのためには、プレゼンのオープニングで聴き手に参加してもらうことがポイントになります。「若輩者で恐縮ですが」「話が下手で申し訳ないのですが」といったマイナスのエクスキューズから入ってしまうのは禁物。最初に「話を聞かなくていい理由」を与えてはいけません。そうではなく、「来週の役員会でお役立ていただけるよう、ぜひとも聞いていただきたいお話をおもちしました」というように、「話を聞く理由」を渡しましょう。


羽生善治

理にかなった手がわかるというのは大事な要素です。けれども、常に論理的に正しいのが最善手というわけではありません。ある局面を示し、どの手が論理的に正しいか尋ねれば、プロなら皆同じことを言うでしょう。つまり、論理だけで指していたら、相手にはこちらの手の内がすべてわかってしまう。それでは勝てないのです。


山下泰裕

出来事に喜びの色をつけるか、希望の色をつけるか、慢心の色をつけるか、不平不満か……。その選択肢は我々の側にあり、その色づけで人生は大きく変わります。だから前向きでありたい。


伊藤一郎(経営者)

新興国で商売をしていくときには、高品質なものだけが売れるかというと、必ずしもそうではないケースもあることです。その国の実態に合った商品を作っていくことが重要。


坂本幸雄

数字が全部頭に入るまで、資料は読み込みます。


木下和彦

この世界に入ったのは30歳のときでしたから、自分には残された時間は人より少ない。「店を持つ」という具体的な目標もあったので、ダラダラする暇はないと思っていました。ですから、自分の仕事をなるべく早く済ませて、味見をさせてもらったり、「これやってみてもいいですか」と人の仕事をもらったりして、知識と技術を一日でも早く吸収しようと心がけていました。


安藤忠雄

安心するというのがやはり一番の敵ではないでしょうか。敗戦を経て、日本は平和になりました。日本人は、石油危機や金融危機など時々、ショックを受けて慌てるが、その危機感をすぐに忘れてしまう。終身雇用も年功序列も崩壊しているのに、安定を求めて大企業に就職したがる若者が少なくないと聞きます。これでいいのでしょうか。日本人は「挑戦する」という言葉を忘れてしまったように思えてなりません。


岡島悦子

人の上に立つには愛嬌も欠かせません。周囲を「この人はこういうダメなところはあるけれど、神輿(みこし)をかついでやろう」という気持ちにさせるには、致命傷ではない程度の失敗や弱みは平気で見せられるようなチャーミングさ、人間臭さも必要となります。


山下和美

40歳を過ぎたら止まっちゃダメです。1日でも休んだら、下手になります。ここでも、崖っぷちの綱渡りですね。もうマンガを書くだけで、精一杯です。


リスト・シラスマ

ノキアには技術と人材が十分にあり、ベストの戦略を持っていました。今でもアップルはノキアに特許使用料を支払っています。しかし、スマホのエコシステムを構築したのはアップルでした。ノキアにはそれを作るカルチャーがなかった。