名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

素野福次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

素野福次郎のプロフィール

素野福次郎、その・ふくじろう。日本の経営者。「TDK」会長。神戸大学卒業。TDK創業時から社員として参加。同社を世界最大の磁気テープメーカーへと育てることに尽力した。「TDK中興」の祖と呼ばれた。

素野福次郎の名言 一覧

きみはアホやから、何が正しいか見極めるのは難しいだろう。だから美しいものを求め続けなさい。
【覚え書き|課長だった頃の澤部肇氏に贈った言葉。澤部氏はのちに同社社長・会長を務めた】


家庭も学校も当てになりませんので、企業で教育をしなくてはね。企業は道場ですよ。
【覚書き|TDKが急成長していたころに成長の秘訣を問われた時の言葉。当時管理職の40%が他者からのヘッドハンティング組であったため、一致団結を図るため社員教育に力を入れていた】


みっともない事をするな! 私心なく働く人に部下は従う。能力、学歴は関係ない。


素野福次郎の経歴・略歴

素野福次郎、その・ふくじろう。日本の経営者。「TDK」会長。神戸大学卒業。TDK創業時から社員として参加。同社を世界最大の磁気テープメーカーへと育てることに尽力した。「TDK中興」の祖と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

一川誠

繊細な人でも、あまりに効率を追い求めるタイプには問題ありの人もいます。緻密に計画をたて、できるだけ短い時間で大きな成果を得ようとする人は、過剰なプレッシャーから非常にストレスフルになります。このタイプは、仕事はできるのですが、自分の行動規範を他人にも押し付けてしまう傾向があります。組織の中でも、生真面目な性格の上司が決めた厳しいルールやタスクに、部下が参ってしまうこともあるでしょう。そうして、職場全体としては雰囲気が悪化してしまう。このタイプは、周りが付いてこられないことを、自分のストレスにしてしまいます。また、こうした人は、メタボリック症候群や循環器系の疾患のリスクも高いのです。


上條努

基幹ブランドの強化が新しいファンを産む。


鈴木おさむ

自分の習慣が「オフの習慣」と言われると、違和感を覚えます。通常は仕事がオン、仕事が休みの状態がオフと呼ばれますが、家庭を大事にしている人からしたら、家にいる時間がオンであって、仕事がオフかもしれない。とくにいまの時代、家庭と仕事を大切にする比重も変化しているから、オンとオフの区別も人それぞれだろうし、僕はほとんど区別していません。


風間八宏

僕は、何かを始めるとき、実現可能かどうかはあまり考えないんです。むしろ、本気で望んでいることかどうかを考える。本気じゃないと、実現できない壁ばかりに目がいってしまう。逆に、本気で望んでいることなら、「どうすれば実現できるか」を必死に考えるでしょ。


天坊昭彦

常に新しい市場に挑戦し、そこで大義ある事業を展開する。この2つが、出光の事業ポートフォリオを形作ってきたと言えます。


岡藤正広

商売は一筋縄ではいきません。新しい魅力的な商売はたいがい矛盾をはらんでいることが多い。既存の商売とぶつかるわけです。振り返ると、案外、自分たちがいま手掛けている商売を否定したところに、明るい新市場があるかもしれないのです。意識するのは難しいけれど、常に「いまの商売だけでいいのか」という客観的な目線は必要です。


ドナルド・トランプ

自分は運がいいと思い込むのは効くようだ。どうやらそうすると運に好かれるようになるらしい。


堀紘一(コンサルタント)

笑顔だけで仕事が進むわけではない。しかし、顧客との場の雰囲気を和ませる笑顔というのは、どんな仕事であれ、その人の人間性を表わすという点で重要だろう。


斉藤惇

(NPBコミッショナーになって)感じたのは、プロ野球に入ってくるのは、すごい若者達だなということです。生き残ることができるのは一握りだという現実をわかった上でチャレンジする若者達というのは非常に貴重だと思うんです。今、世界の指数を見ても、日本のリスクを取ってチャレンジする若者の数は世界で最低で、127か国のデータを見ても127番目。エンゲージメント(仕事への熱意度)指数も低い。しかし、その印象を持って野球の世界に入ってみると、若者がすごいチャレンジをしている。キャンプを視察しても寒さの中でボールを追い、必死で自分のポジションを獲ろうと戦っていました。こうした姿はモデルとして、他の若者に見せなければならないと思っています。


似鳥昭雄

売上とか儲けから入るのをまず否定し、人々が満足し、来てよかったと思ってもらうロマンと志を持とう。


野村恭彦

あるテーマについて自分事になるまで考えてもらい、解きたい問題について検討する。そうでなければ、良いアイデアは出てきませんし、それを生かすこともできません。


北川正恭

フリーアドレスにすると、まずは従来はデスクが島型に並んでいて、課長がここで係長がここにいると決まっていましたが、それがなくなります。これは3、4年かけて徐々に進めていきましたが、部長室をなくす時には議論が起きました。そこで私は納得がいくまで徹底的に、無制限で対話をしました。職員の中にはもちろん抵抗もありましたが、変えることに喜びを感じ始めていました。