名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

納富貞嘉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

納富貞嘉のプロフィール

納富貞嘉、のうとみ・さだよし。日本の経営者。「Fusic(フュージック)」社長。福岡県出身。九州大学工学部卒業。九州大学大学院システム情報科学府在学中にFusicを共同創業。

納富貞嘉の名言 一覧

日本を代表する福岡の企業になる。人材が東京に流出していくのではなく、東京から、あるいは世界から優秀な人材が集まる企業に成長したい。


IoTによってすべての物がインターネットにつながるようになる。さまざまなことが遠隔から行えるようになり、あらゆるデータを集積することができる。これらをどう活用するかで企業の成長スピードが変わってくる。


個々のスキルを高く保つこと、そして新しい技術にも取り組んで行く姿勢は起業して以来ずっとこだわりを持ち続けています。ITの世界は日進月歩のため、技術をキャッチアップするのは容易ではありません。でも、そこにとにかくこだわっていく。


今の世界、ITの進歩はすさまじい勢いで加速しています。それはこれまで人類がかつて経験したことのないほどの速度です。これからは人のニーズを凌駕した技術がどんどん出てきます。そんな中で重要なのは、高いスキルを持ち技術を理解したエンジニアが、自ら提案していくことです。そのためにはコミュニケーション能力はどうしても必要です。


納富貞嘉の経歴・略歴

納富貞嘉、のうとみ・さだよし。日本の経営者。「Fusic(フュージック)」社長。福岡県出身。九州大学工学部卒業。九州大学大学院システム情報科学府在学中にFusicを共同創業。

他の記事も読んでみる

柳井正

僕は若いころからストレートにモノを言いすぎる。生意気だと評されてましたから。いまでも、まだ言われるけれど……。


ジェローム・シュシャン

正しいプロセスをきちんと踏めば、自ずと「的」に当たる。偶発的な要因によって、売上げや利益が上がらないこともあります。コントロールできないことに意識を向けていると、つらくなる。しかし、プロセスは自分でコントロールできる。


カルロス・ゴーン

私たちは変化を目的として何かを変えるつもりはありませんでした。何かを変えるとしたら、それは業績を上げるためです。それ以外の点については、むしろあまり変えないよう細心の注意を払っていこうと考えていました。改革を行うのは、あくまでも最小限必要なことだけ。その最小限の改革で最大の成果を引き出すのです。


吉田秀彦

練習に集中するためにも、気分が乗らない日は思い切って練習を休む。遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた。


遠山正道

私は特に会社を経営する技術を持っていたわけではありません。「やりたいこと」も、「夢」というより「小さな企て」と表現した方がいいくらいささやかなものでした。その小さな企てをひとつひとつ実現していくには、周囲を巻き込む前に、まずは自分の気持ちがくじけないように自分自身を巻き込んでいかなければなりませんでした。


佐々木常夫

人間の幸せは多様なのだから、これ以上の昇進を諦めざるを得ないなら、それ以外の幸せを見つければいい。私だって、出世だけを考えて生きていれば、東レで社長職に近いところまで行けたでしょう。しかし、私は自分なりの真摯さを貫くことを選び、「経営とはこうあるべきだ」と、上とは異なる主張をしたために、子会社に出されることになりました。しかし、出世と引き換えに得た周囲からの信頼や部下たちとの結びつきは、今の私に大きな幸せを与えてくれています。


作田久男

30代半ばに、米国に5年ほど赴任していました。日本とは異なる文化、異なる言語、そして異なる仕事のやり方。そんな中で、どう頑張っても100点満点と思えることはなかった時期です。しかし、自分の意思でやったと思えるときは、納得できました。でなければどこかに悔いが残ってしまうものなのです。


浜島俊哉

社員を犠牲にして、過剰な労働に依存して作られた利益なんてまったく意味のないもの。会社が儲かればいい、そんな考えは、「会社にかかわるすべての人たちと幸福感を共有すること」という、うちの経営目的にはありません。


伊藤雅俊(味の素)

社員には自分の専門性を追求するとともに、それが社会やお客様とどう組み合わされば喜んでもらえるのかを考え抜いてほしいと思っています。


深町秋生

私はろくに古典とか読んでいないんですけど、それでもシェイクスピアの悲劇が好きで、常にそうした人間の葛藤を描きたいと思っているんです。己の、欲望のままに突き進むか、それとも法律や掟を守って生きるか、そういう話に惹かれる。


松本幸彦(経営者)

ペット産業は「癒やし産業」でもあると考えています。ペットは家族の一員です。ニーズを創造する提案を社会に発信することで、マーケットはまだまだ大きく広がります。ペットと暮らす豊かな生活が健やかな心のゆとりを生み出すのです。


渡辺千賀

私が履歴書を見て「この人は優秀だろうな」と感じるのは、学歴はそうでもないのに、グーグルやアップルなどの大企業、注目されているベンチャーなどで働いた経歴がある人ですね。それだけ周囲から能力が評価されている、ということだからです。