名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

納富貞嘉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

納富貞嘉のプロフィール

納富貞嘉、のうとみ・さだよし。日本の経営者。「Fusic(フュージック)」社長。福岡県出身。九州大学工学部卒業。九州大学大学院システム情報科学府在学中にFusicを共同創業。

納富貞嘉の名言 一覧

日本を代表する福岡の企業になる。人材が東京に流出していくのではなく、東京から、あるいは世界から優秀な人材が集まる企業に成長したい。


IoTによってすべての物がインターネットにつながるようになる。さまざまなことが遠隔から行えるようになり、あらゆるデータを集積することができる。これらをどう活用するかで企業の成長スピードが変わってくる。


個々のスキルを高く保つこと、そして新しい技術にも取り組んで行く姿勢は起業して以来ずっとこだわりを持ち続けています。ITの世界は日進月歩のため、技術をキャッチアップするのは容易ではありません。でも、そこにとにかくこだわっていく。


今の世界、ITの進歩はすさまじい勢いで加速しています。それはこれまで人類がかつて経験したことのないほどの速度です。これからは人のニーズを凌駕した技術がどんどん出てきます。そんな中で重要なのは、高いスキルを持ち技術を理解したエンジニアが、自ら提案していくことです。そのためにはコミュニケーション能力はどうしても必要です。


納富貞嘉の経歴・略歴

納富貞嘉、のうとみ・さだよし。日本の経営者。「Fusic(フュージック)」社長。福岡県出身。九州大学工学部卒業。九州大学大学院システム情報科学府在学中にFusicを共同創業。

他の記事も読んでみる

高原真由美(髙原真由美)

現代は情報過多の時代。放っておいても情報はどんどん集まってきます。とはいえ、不要な情報だけを初めから遮断するのは難しい。膨大な情報量をいかに自分に見合った形で整理し、必要なときに見つけ出せるかという「検索力」が必要な時代になっている。


飯田亮

漁師は釣れなければ狙う魚を変え、道具を変え、場所を変える。いつも同じところでじっとしていて、「魚がいないね」と嘆いているだけでは駄目だ。


出井伸之

サラリーマンをやりながら、一生ハッピーに過ごすということはありえないでしょう。サラリーマンというのはすぐ上の上司との関係が難しい。ずっと上の人とは別に問題はないんです。すぐ上とぶつかるわけで、どうしても批判してしまいがちです。会社にはルールメーカーとルールブレイカーがいますが、直属の上司というのは、ルール通りにやっていれば安心していますが、部下がルールブレイカーだと心配します。


林修

ある程度、仕事の経験を積んできた人なら、起こりうるトラブルを想定できなければいけません。プロならば事前にリスクに対しての準備をするのが当たり前。にもかかわらず、「まさか、こんなことが」なんて驚く人は、自分のリスク管理の甘さを証明しているだけです。だから僕は、トラブルが起きても「やはり」と言える人に仕事を任せたい。常にリスクを想定できるタイプなので、信頼できます。


熊切直美

顧客第一主義を中心に据え、お客様が期待している以上のサービスを生み出していくこと。そして、それを真摯に実践できる社員を育てていく。これが継続して実現できれば、未来へ向けてビジネスの可能性はますます広がっていくと確信しています。


宮田亮平

子供が芸術家になりたいと言い出したら、答えは決まっています。そりゃ、やってみろと言います。それしかないでしょう。そもそも芸術家は特別な存在ではありません。恋をすれば人は誰でも詩人になります。生きとし生ける者は誰もが芸術家なんです。それを生業にするかしないかの違いだけです。


吉田直人(経営者)

倒産直後は銀行などを逆恨みしたこともありましたが、それでは前には進めません。他責ではなく自責が浮上の第一歩です。


北村晴男

弁護士を目指そうと思った最初のきっかけは、中学校での野球部廃部騒動。当時2年生だった僕は、野球がなによりも好きでね。毎日、野球の部活に打ち込んでいたら、校長から突然、「この夏をもって野球部を廃部にする」と発表があって。一人で校長と教頭に、ずっと抗議していたんです、「それはおかしい」「校長、教頭の資格がない」「すぐに辞めるべきだ」って。あとで、当時の担任から「運動神経のいい子が野球部に集まって、他の部が強くなれないので廃部することに決まったんだよ」と聞かされ、唖然とするんだけど。あれが「理不尽なことは許さない」という精神の始まりかも……。この頃、「弁護士なら、もしかして人に従わなくても良いのでは」と漠然と思うようになっていた。


藤田晋

努力している人を「意識高い系」と揶揄する人がいますが、自分のことを棚に上げ、他人のことをとやかく言う人は、それだけでダサい。努力はどこかで必ず生きます。周りから何と言われようと、気にしないでください。


三浦善司

外国人に対するときは、意識してロジカルに話すようにしています。まず結論を伝え、その理由や根拠、そして具体的な事例や提案と、順序立てて話を進める。そうしなければ、相手に理解されないことが多いからです。日本人は曖昧な表現で伝えても、お互いがなんとなくわかった気になって満足するようなところがあります。こうした阿吽の呼吸は、特に欧米人には通用しません。


程近智

誰でも競争に参入でき、誰でも敗者になる。新規参入が入って来ると、いま勝者も敗者になってしまうかもしれない。


藤高豊文

今治タオルのブランド化に際し、最初に考えたことはロゴマークを作成すること。でも誰に依頼するのかは全く見えていませんでした。そのときに、支援事業のコーディネーターのアドバイスで、佐藤可士和氏に依願することとなりました。最初はこのプロジェクト参加に戸惑いを感じた可士和氏ですが、お土産に持って行った白いタオルの風合いを大変気に入っていただき、依頼を引き受けてもらうことができました。この頃、可士和氏は、既にホンダやキリンのコマーシャルで知られた存在でしたが、私は全く知りませんでした。この予算(3千万円)では難しいと考えられたようですが、今治タオルにポテンシャルを感じてもらったのとメードインジャパンを守ろうという大義、それにクリエイティブディレクターとして、誰も成し得なかった産地の再生をやり遂げてみようというチャレンジ精神だと思っています。