名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

糸山英太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

糸山英太郎のプロフィール

糸山英太郎、いとやま・えいたろう、日本の経営者・政治家、新日本観光会長、日本航空特別顧問、日本航空個人筆頭株主、衆議院・参議院議員、中曽根康弘元総理の秘書もしていた

糸山英太郎の名言 一覧

少子化に歯止めを掛けるためには、家庭を築いて、子供を育てていくという責任ある喜びや楽しさを若い世代に教えるべきだ。


カネ儲けに終わりはない。なぜならば、カネは己を飛躍成長させる『原資』となるからだ。


学歴も肩書きも不要。ただし、人並み以上の努力は必要


有権者のレベルが低いのか、候補者のレベルが低いのか、おそらく両方が低レベルを掛け合うこの衆愚政治につける薬はないものか?日本国民は20歳になると精神的に幼児であっても選挙権を手にする。愛国心を持ち、政治経済・国際情勢に高い見識・判断力を有していなくても「誰でも一票」なのだ、選挙構造に問題があるとまで言わなければならないのだろうか。イギリスのチャーチルが「民主主義は最悪のシステムだ。しかし、それ以外のどのシステムよりもましだ」と60年前にのたまったがそろそろ有権者のレベルを上げることで民主主義の性能を上げてゆきたい。


糸山英太郎の経歴・略歴

糸山英太郎、いとやま・えいたろう、日本の経営者・政治家、新日本観光会長、日本航空特別顧問、日本航空個人筆頭株主、衆議院・参議院議員、中曽根康弘元総理の秘書もしていた

他の記事も読んでみる

清水久三子

わかりやすい資料をつくる人は、必ず相手の期待を超えた何かを提供します。期待を把握したうえで、「こうお考えかもしれませんが、少し違います。実は……」と相手にとって意外性のある内容にすれば、前のめりのアクションに結びつきやすくなります。


諸井貫一

顧みて、その当時は格別のことでもないと思っていたことが、案外後々までも影響を生ずることのあるのに気が付いた。そう考えると、日々の出来事でもあまり安易に取り扱ってはならないと思う。


宮坂学

孫(正義)さんから学んだことはたくさんあるが、一番は執念、執着心だ。絶対によくしたいとか絶対によくなるという底抜けの楽観論。普通の人からみると無理じゃないかと思うようなことでも、頑張れば絶対にできると彼は信じている。


荒井邦彦

初めてのオフィスはマンションの一室。当時は経済的に厳しかったので、家賃をシェアするため、同じく独立して別の仕事をしていた先輩の人と共同でこの一室を間借りしていました。しかし入居して驚いたのは、このマンションは当時でも築約30年という古い建物だったこともあって、床に穴が空いているところがあったり、冬場にゴキブリの死骸が転がっていたり、という酷いところだったのです。「これは大変なところに来てしまった」、というのが正直な気持ちでした。何とか早くここから抜け出さなくてはいけない、という思いで仕事をしていました。しかしそれが却って、頑張りの原動力になったのだと思います。


佐山展生

会社を強くするためには公平な人事制度が不可欠。経営者こそ厳しく仕事を問われるべき。


岩瀬大輔

会議には「出席さえすればいい」と考える人も世の中には多いかもしれませんが、事前準備なくして会議中の議論が深まることは稀だし、得られるものも少なくなります。どんな仕事からも気づきや学びを得ようとする意識の高い人は、事前の予習にも間違いなく時間をかけています。


河村亮

一流選手は例外なく、記憶力に優れている。プロ野球でいえば、松井秀喜さんや高橋由伸さんは驚くほど記憶力がいい。引退後、「松井さんの思い出に残るホームランを振り返る」という企画があったのですが、ほとんどのホームランを放った打席を覚えていました。「あの広島戦ね。相手投手は佐々岡さん。二塁ランナーは仁志さんだった」などと、そのときの状況を即答できるのです。対戦相手や味方のランナー、現在の点差やアウトの数、風の向きなど、あらゆる情報を把握したうえで、「次は一球見るか。それとも打ちにいくか」と結果を出すために必死で考え抜いている。だからこそ、情報が脳に刻まれるのだと思います。


鍵山秀三郎

気の利いた文面よりも、ハガキはとにかく書くことが大切。


西野裕

情報量に比例してやる気は高まり、不安はやわらげられます。残った人員でいまの苦境を乗り越えられたなら、一年後にはこういう状況にたどり着くという未来を示す。残って頑張ろうと思えるような情報を伝えることがモチベーション維持につながります。


蛭子能収

仕事関係者からしか電話がかかってこないというのは、きっと真面目に働いてきて、家庭も大事にしてきた証しでしょう。それはとても立派なことじゃないですか。


吉澤和弘

私たちだけでできることは限られています。パートナーのアセットと当社のアセットを組み合わせて新たなサービスやビジネスをともに創出し、社会課題の解決に貢献していく、それが協創の取り組みです。


小松原宰明

投資対象を選ぶ前にまずこの質問に答えてください。「あなたは投資金額が年間でどれぐらいの割合で減ると動揺してしまいますか?」。質問の答えから分かるのは、損失に対する「我慢度」です。もし一時的な含み損が2割になると我慢できないなら、株式に資産を集中しない方がいい。株式のボラティリティー(変動率)はプラスマイナス20%ですから、振れ幅は40%です。精神的な限界以上に資産が減るかもしれない。そうなると、耐えきれずに慌てて全額売ってしまうことだってあるでしょう。