名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

籾井勝人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

籾井勝人のプロフィール

籾井勝人、もみい・かつと。日本の経営者。「日本ユニシス」社長、「日本放送協会(NHK)」会長。福岡県出身。九州大学経済学部卒業後、三井物産に入社。取締役鉄鋼原料本部長、米国三井物産社長、三井物産専務、副社長などを経て日本ユニシス社長に就任。そのほか、アジアバドミントン連盟会長などを務めた。

籾井勝人の名言 一覧

良い会社とそうでない会社の違いは、社員一人ひとりに自主性があるかないか。


社長に何か言いたいという人は、ネット上で「もみいボックス」という相談コーナーを設けて、メールで直接私に相談できるようになっています。中には、自分の職場の悩みもありますし、会社全体の仕組みの改善提案もある。そういった提案や相談に対して、私も必ず返信するようにしています。


特に我々は設備投資に巨額のお金をかける業種ではありませんから、何にお金を投資するかというと「人」しかないんです。


エンジニアの心のケアというのは、突き詰めれば、人と人とのコミュニケーションをいかに円滑にするか、というのが問われていると思うんですね。結局、うつ病になる人というのは、一人で抱え込んでしまうわけですからね。


政治の世界でも企業でも、我々日本人に必要なことは「自主性」を持つということではないでしょうか。個人個人が自分の持ち場をわきまえて、自分たちの役割をこなしていけば、必ず企業は良くなると思う。


当社では、クラウド・サービスのことを、「所有から利用へ」と言っています。つまり、サーバーやソフトウェアを所有していた従来のビジネスから、利用した分だけ料金を払うというビジネスへの転換です。つまり、ハードもデータセンターも当社が用意しますから、お客様がいま持っているソフトを乗せて、オフィスの端末で操作してください、ということです。


籾井勝人の経歴・略歴

籾井勝人、もみい・かつと。日本の経営者。「日本ユニシス」社長、「日本放送協会(NHK)」会長。福岡県出身。九州大学経済学部卒業後、三井物産に入社。取締役鉄鋼原料本部長、米国三井物産社長、三井物産専務、副社長などを経て日本ユニシス社長に就任。そのほか、アジアバドミントン連盟会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

トライ&エラーを繰り返すうちに、「感動できるもの」「日本一・世界一のもの」「オンリーワンのもの」が、お客様に来ていただける条件だとわかってきました。何度失敗しても諦めず、努力した先にパッとひらめいた勘が、新しい発明や創造につながったのです。


松本正義

長期にわたる基礎研究のスタート時点では、市場のニーズが顕在化していない場合が多い。目先のニーズを満たすために、基礎研究を始めるわけではないのです。だからこそ、技術者と経営陣が「この技術はいつか必ず世の中に必要とされる」と信じて、続ける覚悟が必要だと思います。


吉田秀彦

いまでは得意技の内股ですが、最初は見よう見まねでした。先生の内股がカッコよくてね。始めたばかりの小学生の大会では反則負けにもなりました。でも、吉田といえば内股と言われるまで諦めなかった。得意技を作るのは自分次第。日々の練習や考え方で何年もかけて身につきます。


柴田憲佑

起業当時はベンチャー企業のお客さまが中心でしたが、最近では大手企業からの依頼も増え、また、大学の研究論文の内容を国内外の企業や一般の方でも理解しやすくするための動画制作の依頼など、求められる動画の種類も広がっています。今後もお客さまや市場が求める新たなニーズに応えられるよう、動画制作サービスの拡充に取り組んでいきたい。


三国大吾

私自身、経営者として、なお研鑽を積まなければなりません。私が描く理想像は、企業の成長に伴って変化することができるリーダーです。草創期にはワンマンやカリスマとも呼ばれる強い牽引力が必要かと思います。しかし、やがては一歩下がった立ち位置で部下を育てなければ、自分の寿命とともに企業も終わってしまいます。


尾崎元規

本当に求められるグローバルな人材とは、日本で実践してきたことをそのまま持ち込むのではなく、その本質を踏まえながら、「消費者起点の現場主義」をどこの国に行っても実践できる人のことだと思います。


川島永嗣

結果が明確に出るアスリートの世界では、いいときもあれば、悪いときもあるのは当然のこと。だからこれからも、結果だけにとらわれず、常に最高のパフォーマンスができるよう、準備だけは怠らず、自分を磨いていきたい。


御立尚資

クリエイティブな発想が必要なとき、ビジネスリーダーは自分の頭を使うことに加えて、ほかのメンバーの知恵や発想も上手く引き出す必要があります。他人の頭を動かすために心を使って解決策を練るのです。また、よい解決策をつくったとして、それを実現するには、関係者にどうやってきちんと理解してもらうか、さらに頭での理解にとどまらず、どうやってそれが彼らの腹に落ち、自ら行動し、継続するように持っていくかが重要です。


アンドレイ・ズビャギンツェフ

じつはジェーニャと母親のエピソードを入れたことを後悔しています。重要なエピソードであると同時に、目を逸らしたくなるシーンですよね。しかもこのシーンによって、ジェーニャの行為の責任を母親にとらせることになる。けれどジェーニャはもう32歳なのだから、それでは余りに未熟で無責任です。キリスト教的な考え方かもしれませんが、人間には良心を持つ者と持たない者がいます。前者は自分のなかに善悪の境界線を引く人。一方、後者は自分と他者とのあいだに引くわけです。

【覚え書き|映画『ラブレス』について】


菅広文

その勉強をすることで本当に「勝てる」のかを考えることが重要。たとえば、「会社からTOEICを受験するように言われたから勉強する」というように、他者から言われて勉強している人も多いですが、それではその人の強みにはならないと思うんです。たとえそこそこの点数が取れても、留学経験者などもっと英語が得意な人には敵わない可能性が高いですよね。英語に限らず他も同じで、それでは負け続けると思うんです。野球ゲームでたとえると、打力も走力も守備力もオールCランクみたいな選手。こういう人は、どれか一つAランクの選手に負け続けると思うのですよね。そんなムダな努力をするなら、「僕は、何を勉強したらAランクになれるのか」と考えたほうがいい。他の勉強をすることで、会社から言われたTOEICを勉強する時間がないなら、「僕はTOEICよりこちらを勉強します」と堂々と言うべきです。それでこそ、Aランクで勝つための勉強だと思います。


池谷保彦

我々の業界は未上場のオーナー系が多いのでM&Aは非常に難しいです。しかしながら、理念が合致する会社には今後も積極的にご提案していきたい。


井阪隆一

「あるのが当たり前」というのが、流通業、コンビニへの一般的な評価でしょう。その存在意義は、有事になって初めて分かるもので、平時にはなかなか分からない。だからこそ平時に、気持ちの良いサービス、品質の良い商品を売り続けることが大切。