米田功の名言

米田功のプロフィール

米田功、よねだ・いさお。日本の体操選手。大阪府出身。8歳から体操を開始。順天堂大学卒業。アテネ五輪団体総合で金メダル、同鉄棒で銅メダルを獲得。

米田功の名言 一覧

試合のとき緊張と興奮で鉄棒を握る手が震えることがあります。でもそんな時ジタバタせず、目の前の一つ一つを淡々とこなすことに専念する。

米田功の名言|緊張したときは目の前の一つ一つを淡々とこなす

スランプからの脱出を目的にするのではなく、別の目標を設定し、それを達成するための方策に目を向けると、不調から抜け出せる。

米田功の名言|不調から抜け出すには

僕にとって最も困難だったのは決勝当日ではなく、普段の日常。練習をこなすモチベーションをいかに毎日保つか。それが一番の難問だった。

米田功の名言|練習をこなすモチベーションをいかに毎日保つか。それが一番の難問

極限の状況では、いつも以上に興奮したり緊張するのは当たり前。アドレナリンが出て交感裡経が活発になっている反応に過ぎない。それを不安や恐怖にしてしまうのは、結局自分に本当の自信がないから。自信があれば震えさえもエネルギーにできる。

米田功の名言|自信があれば震えさえもエネルギーにできる

当時の僕にとってオリンピックは「行くべき」ものであって、どうしても「行きたい」ものではなかった。だから練習もいまひとつ身に入らなかった。結局、僕よりも行きたいという気持ちが強い人がいたということ。

【覚え書き|シドニー五輪で選考落ちしたことについて】

米田功の名言|僕よりも行きたいという気持ちが強い人がいたということ

どんなに緊張しても歩くことは誰でもできますよね。僕らはまさに歩くことと同じくらいになるまで技を身に付けてきたという自負がありました。たとえ寝起きで寝ぼけていても完璧に演技ができる。その自信があるからこそ、どんなに緊張していても怖じ気づくことなく、演技ができたんだと思います。

米田功の名言|歩くことと同じくらいになるまで技を身に付けてきた

お風呂が好きで、湯につかりながら紙にいろいろ書くんです。いま欲しい物、なりたいもの。書いているうちに自分自身がよく分かってきます。僕は車が好きで、あえて試乗会に行く。すると、やっぱり欲しくなる。今度の大会で優勝できたら賞金で買えるな、じゃあ頑張ろうとか(笑)。

米田功の名言|いま欲しい物、なりたいものを紙に書き出していく

井上康生選手や高橋尚子さん、活躍した人を見て、自分も人を感動させる選手になりたいと。彼らの本だけでなく経営者の本や自己啓発本を読み、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを今一度振り返った。

米田功の名言|自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを今一度振り返ってみる

ケガで不調だったとき、バルセロナ五輪での古賀稔彦選手の試合を見たんです。左膝に大怪我をしているのに優勝したのを見て気づいたんです。「必ず勝つ!」という目的があれば、ケガは問題じゃないんだ、と。私は心の中でケガやスランプのことはかり考えて、「ムリ」と自分を縛っていたんでしょうね。

米田功の名言|「必ず勝つ!」という目的があれば、ケガは問題じゃない

「五輪でメダル」という目標を掲げ、「そのために足りない点」を戦略ノートに書き出しました。たとえば「自分に足りないのは脚力」「シドニーのメンバーは○点。自分はあと○点必要」と具体的に課題を書きました。すると、気持ちが前向きに変わった。書き出すと、やることがいっぱいあって、スランプにばかり目を向けていられなくなった。

米田功の名言|スランプのときは目標を掲げ、足りない点を書き出す

米田功の経歴・略歴

米田功、よねだ・いさお。日本の体操選手。大阪府出身。8歳から体操を開始。順天堂大学卒業。アテネ五輪団体総合で金メダル、同鉄棒で銅メダルを獲得。

ページの先頭へ