名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

米澤穂信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

米澤穂信のプロフィール

米澤穂信、よしざわ・ほのぶ。日本の小説家。岐阜県出身。金沢大学文学部卒業。『氷菓』で角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。『折れた竜骨』で日本推理作家協会賞、『満願』で山本周五郎賞を受賞。

米澤穂信の名言 一覧

叫び声でしか届かないものもあると思う。


私は小説を書くうえで、自分はどうでもいいじゃないかという思いがあるんですね。大事なのはあくまで小説であって、米澤っていう人そのものは、いっそいなくてもいいと思う。


小説は好きに書けるので、自分の思うように書くことももちろんできるんですけど、その小説が求めているものでなかったら、それはただの雑味になってしまう。好きだから書くのはもちろんなんだけれども、「好きなように書く」のではないのだと常に自分を戒めています。


「自分はたった一人でオリジナルなものを作っているんだ」ではなく「様々な文化の歴史的な積み重ねのうえに今の自分はいるのだ」という感覚を持っていたほうが、未来に受け継がれるものを作っていけるかもしれない。


小説がどうしてもうまく書けないってなった時は、いったん手を止めて他の方の小説を読むんですよ。面白い小説を読んでいると、やっぱり小説ってすごいし、やらなきゃウソだよって気持ちになるんです。小説を読むという行為を通して、小説を書くことへの思いが焚き付けられる。


著者が言いたいことを登場人物にそのまま言わせるんだったら、小説というかたちをとる必要はない。小説の中の彼や彼女だったらこうは言わない、ということを無理矢理言わせているのであれば、それは小説の失敗だと思う。


もう少し、もう一声できたかもしれないのに、自分が頑張れなかったから、「まぁこんなものか」で本を出してしまうというのは、読者に対して不誠実。でもそれ以前に、小説の登場人物たちにとって申しわけない。


ミステリーは「コードの文学」と言われることがあるんですね。ギターなどの「コード」と同じ意味なんですが、ミステリーであるための規範や規則にのっとって書かなければいけない、とされている。そこから単純に逃れることで自分らしさを出そうとしても、出ないんですよね。よくあるものになってしまう。コードとまっすぐに向き合って、自分がいいと思うものをまっすぐに書くと、そこに初めてらしさが出る。


私自身の経験で言うと、妙な比喩を使ったり文章上の技巧を凝らしたりしてしまう時はたいてい、自信がない時か自分を飾りたい時なんですよね。ただ、飾った文章で書くと、若さならではのキラキラ感が出るんですよ。あれも好きなんです。私の場合は、大人を書く時にはそういったキラキラ感のない文章で書いて、若い人の話を書く時にはちょっと文章に飾りを入れているんです。


小説に登場するどの人物も粗略に扱いたくはないし、自分の操り人形であるとか、自分そのままの投影であってほしくない。自分とは異なる個別の存在であってほしいし、彼らの人生を尊重したい。そう思うからこそ、彼らが登場している小説を、少しでも良いかたちで表現しなければならないと思うんです。


米澤穂信の経歴・略歴

米澤穂信、よしざわ・ほのぶ。日本の小説家。岐阜県出身。金沢大学文学部卒業。『氷菓』で角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。『折れた竜骨』で日本推理作家協会賞、『満願』で山本周五郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる

孫正義

セスナ機ではどう逆立ちしても太平洋は渡れない。私はジャンボ機で太平洋を渡り、将来は宇宙に飛び立ち、シャトル経営をめざしたい。


泉谷直木

景気が厳しくなると売れるものを売っていくので、売り場が減る。飲料でいえば、炭酸、お茶、水などのカテゴリーがありますが、各カテゴリーのナンバー1かナンバー2でないと、お店に置いてもらえなくなるわけです。


秋元康

自分を「信じる」ことですね。たとえば料理を作って、人に食べさせたら、好き勝手に「塩加減がどうだ」「もっとコショウを」だのと言われる。全部に合わせていたら味なんてグチャグチャです。そこで「オレはコレだ!」と言い切る頑固さが強みになる。これは、芸能人でもクリエーターでも、僕が数々見てきた頭角を現す人の共通点。


経沢香保子

失敗したからといって、命まで取られるわけではありません。「ものごとは上手くいかなくて当たり前」くらいに思っていた方が、気分が楽ですよね。


佐藤優

僕たちの世界は残念ながら我利我利の資本主義社会ではあるけれど、国家や資本という巨大なシステムにどっぷりとはまるだけじゃなくて、小さな僕らの世界をつないでおく。そのリアリティを大切にすることが、お金に振り回されず、お金を味方にするひとつの方法だと思う。


佐瀬守男

ホットランドの強みは発想力、行動力、スピード感です。私は遅いのは嫌で、現状に満足するのも嫌。私の性格が会社の強みになりました。


寺門ジモン

「芸能人が身体鍛えてどうするんだ」って笑われることもあるけどね(笑)。いいんです、好きなことをずっと続けるってことに意味があると思ってますから。僕の人生、迷いがない。幼稚園、小学校の頃に人生が決まってしまったというか、あの頃からやりたいと思ったことをずっとやってきているだけ。子供のまま大人になったようなもんですよ。


清水新六

目の届く範囲でやらないと、製品に責任が持てなくなってしまう。


富田直人(経営者)

何をするか考える中、4つの軸を決めました。それは好きなこと、得意なこと、伸びる事業であること、そして一番になれる可能性があること。この条件にあてはまるものは何かと考えたら、もう法人営業支援しか残っていなかった。


小林哲也(帝国ホテル)

「挨拶、清潔、身だしなみ」「誠実、謙虚、感謝」といった地道な行動テーマで模範となる仕事をした人を毎月4~5人表彰し、年に1回その中から年間大賞を決めています。大賞の授与では、社長が受賞者の部署に出向き、職場の上司や同僚の前で表彰します。大勢の前で褒め、良い事例を共有することで組織全体のモチベーションが高まります。


高井昌史

ネット書店に勝つ、ワクワクする店をつくろう。


酒井邦嘉

続けることにこだわりすぎないほうがいい。伸び悩んだら、一息入れることも大事です。