名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

米澤穂信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

米澤穂信のプロフィール

米澤穂信、よしざわ・ほのぶ。日本の小説家。岐阜県出身。金沢大学文学部卒業。『氷菓』で角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。『折れた竜骨』で日本推理作家協会賞、『満願』で山本周五郎賞を受賞。

米澤穂信の名言 一覧

叫び声でしか届かないものもあると思う。


私は小説を書くうえで、自分はどうでもいいじゃないかという思いがあるんですね。大事なのはあくまで小説であって、米澤っていう人そのものは、いっそいなくてもいいと思う。


小説は好きに書けるので、自分の思うように書くことももちろんできるんですけど、その小説が求めているものでなかったら、それはただの雑味になってしまう。好きだから書くのはもちろんなんだけれども、「好きなように書く」のではないのだと常に自分を戒めています。


「自分はたった一人でオリジナルなものを作っているんだ」ではなく「様々な文化の歴史的な積み重ねのうえに今の自分はいるのだ」という感覚を持っていたほうが、未来に受け継がれるものを作っていけるかもしれない。


小説がどうしてもうまく書けないってなった時は、いったん手を止めて他の方の小説を読むんですよ。面白い小説を読んでいると、やっぱり小説ってすごいし、やらなきゃウソだよって気持ちになるんです。小説を読むという行為を通して、小説を書くことへの思いが焚き付けられる。


著者が言いたいことを登場人物にそのまま言わせるんだったら、小説というかたちをとる必要はない。小説の中の彼や彼女だったらこうは言わない、ということを無理矢理言わせているのであれば、それは小説の失敗だと思う。


もう少し、もう一声できたかもしれないのに、自分が頑張れなかったから、「まぁこんなものか」で本を出してしまうというのは、読者に対して不誠実。でもそれ以前に、小説の登場人物たちにとって申しわけない。


ミステリーは「コードの文学」と言われることがあるんですね。ギターなどの「コード」と同じ意味なんですが、ミステリーであるための規範や規則にのっとって書かなければいけない、とされている。そこから単純に逃れることで自分らしさを出そうとしても、出ないんですよね。よくあるものになってしまう。コードとまっすぐに向き合って、自分がいいと思うものをまっすぐに書くと、そこに初めてらしさが出る。


私自身の経験で言うと、妙な比喩を使ったり文章上の技巧を凝らしたりしてしまう時はたいてい、自信がない時か自分を飾りたい時なんですよね。ただ、飾った文章で書くと、若さならではのキラキラ感が出るんですよ。あれも好きなんです。私の場合は、大人を書く時にはそういったキラキラ感のない文章で書いて、若い人の話を書く時にはちょっと文章に飾りを入れているんです。


小説に登場するどの人物も粗略に扱いたくはないし、自分の操り人形であるとか、自分そのままの投影であってほしくない。自分とは異なる個別の存在であってほしいし、彼らの人生を尊重したい。そう思うからこそ、彼らが登場している小説を、少しでも良いかたちで表現しなければならないと思うんです。


米澤穂信の経歴・略歴

米澤穂信、よしざわ・ほのぶ。日本の小説家。岐阜県出身。金沢大学文学部卒業。『氷菓』で角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。『折れた竜骨』で日本推理作家協会賞、『満願』で山本周五郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる

堤幸彦

へこんだときこそムリしてでもはしゃぐ。僕がへこんだしぐさを見せ、被害者意識を持ってしまったら、誰もついてきてくれなくなりますから。


永守重信

進出先はすでに30カ国に及んでいる。特定国に集中しないのは、カントリーリスクを分散するためだ。2年先、長くても5年先までなら、どの国に工場を置けば有利かを予測することはできるだろう。しかし10年先、20年先となると、不確実性がぐっと高まり、どの国が有利でどの国が危険かを言い当てることはまずできない。


渡文明

デフレ下で何をするべきかと言ったら、不要なコストのカット、不要不急な部門の閉鎖、商品の質の向上による差別化、企業の場合これ以外方法はない。


古井祐司

若いときは少々無理ができても、病気になる確率は確実に上がります。女性の場合は、40代以降のホルモンバランスの変化に伴う更年期障害や、乳がん等にかかるリスクの増加も視野に入れなくてはなりません。ところが、こうした危険に対して自衛策を取っている人は少数です。その理由として、多くの人が「体調を正確に把握できていない」ことが挙げられます。自分が危険水域にいるかどうか認識できていないため、対策を打つ必要性も感じないのです。


村上龍

信頼できる人間関係の構築は非常に難しい。信頼を築くには長い時間と手間ひまがかかりますが、失うのは一瞬だからです。しかも、こうすれば信頼できる人間関係を作れるというような、手軽なコツはありません。信頼を維持すべく、自分で考えて、努力することが必要です。考えてみれば、人間にとって最も難しいことなのかも知れません。


新浪剛史

最初は、授業中に話されている英語もよく分からなかった。英語の能力、プレゼンの能力、いずれを比較しても到底、アメリカ人には敵わない。ハーバードでの生活は最初、きつかったですね。しかし3カ月も経つとクラスに慣れ、だんだんと英語も分かるようになってくると、授業でアメリカ人学生が発言していることが、実はそれほど大したことではないと分かってきた(笑)。アメリカ人でも、すべての科目がデキる人間は、ほとんどいないんです。そのことが分かると、自信もだんだんとついてきました。


小山龍介

すべてを計画して実行に移すのではなく、実行しながら考え続けることが大切。


内田勝巳

社会正義に合わせて、情念を整理できれば、上場を奨める。しかし、そうでなく上場をマネーゲーム的に考える人の上場は手伝えない。


孫崎享

たいしたことはないだろうと手を抜くと、それがほんの少しのマイナスであっても、相手はこちらが思う以上にがっかりするものです。


藤波克之

全国には磨けばピカピカに光るおしぼり業者が多くある。遅れている経営の効率化を推進し、後方支援をすることで自社の成長のみではなく共存共栄が最終的な目標。


ベンジャミン・フランクリン

時はお金なり、信用はお金なり。お金は子供を生み増え続ける。


茂木健一郎

創造することは、思い出すことに似ている。何かを想起する際には、側頭連合野の記憶が、そのまま前頭葉に引き出される。一方、創造するということはすなわち、記憶が編集され、結びつきを変えて活用されるということである。一見全く新しいもののようでも、実は、側頭連合野に蓄えられた記憶をもとにしている。ただ、結びつき、組み合わせが変化しているので、不連続であるかのように見えるだけなのである。