名言DB

9425 人 / 110833 名言

米内山泰の名言

twitter Facebook はてブ

米内山泰のプロフィール

米内山泰、よないやま・やすし。日本のホテル経営者。「星野リゾート ホテルブレストンコート」総支配人。大手電機メーカー、CSデジタル放送を経て星野リゾートに入社。ホテルブレストンコート総支配人などを務めた。

米内山泰の名言 一覧

ミスしたことを理由に評価を下げると、皆がミスを隠すようになる。組織として、これほど怖いことはない。


「ミスを憎んで人を憎まず」を活動のキャッチフレーズとし、「ミスをした本人を絶対に叱らない」「ミスを報告した人を褒める」の2点をルール化しています。


「ミスの情報共有」と「月1回の委員会の開催」。この2本柱でミスが減りました。かつての10分の1以下ではないでしょうか。私が責任者としてお客様に謝罪に行くような事態は、今はほぼ皆無です。また、ミスに真正面から向き合うことで、スタッフ一人ひとりの問題意識が高まったというのが、ミスが減った原因。


ミスをした本人は、「叱られない」かわりに、ミスの原因を深く掘り下げ、具体的な仕組みにまで落とし込んで対策を考えることを義務づけています。これは正社員もパート社員も、ポジションにかかわらず同じ。「うっかりしていました」は「ミスの理由」として認めないし、「以後、徹底します」「気をつけます」も対策として認めません。「なぜ」を5回繰り返して、ミスが起きた「本当の理由」を特定し、「誰が」「いつ」「どこで」「何をするか」、具体的な対策を考えます。このようにミスと向き合うと、自然と問題解決力が鍛えられます。他の部門への関心も強まり、会社全体の視点から物事をとらえて考える癖もつく。これによって一人ひとりのサービスのレベルが向上し、結果としてミスが減る、というわけです。


ミスの情報共有は、社内システムを用いて行います。システム上にミス報告の専用フォーマットがあり、そこに各自が入力します。星野リゾートグループの複数の施設がこの仕組みに参加しており、参加施設のスタッフは「自分がミスをした」、あるいは「人のミスを見つけた」ら、ここに入力します。誰かが情報を入力すると、参加施設のすべてのスタッフ宛てにメールが届いて、情報が瞬時に共有されます。ミスをしてしまったことには真摯な気持ちで向き合いますが、ミスの報告は躊躇なく行う。すべてのスタッフに、そういう意識が浸透しています。


米内山泰の経歴・略歴

米内山泰、よないやま・やすし。日本のホテル経営者。「星野リゾート ホテルブレストンコート」総支配人。大手電機メーカー、CSデジタル放送を経て星野リゾートに入社。ホテルブレストンコート総支配人などを務めた。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

海外企業との提携や交渉は片手で握手し、もう一方の手では殴り合う。そういうものでもあることを忘れてはいけない。


西野裕

情報量に比例してやる気は高まり、不安はやわらげられます。残った人員でいまの苦境を乗り越えられたなら、一年後にはこういう状況にたどり着くという未来を示す。残って頑張ろうと思えるような情報を伝えることがモチベーション維持につながります。


小川淳司

野球観が人ぞれぞれ違うのは当然で、選手と考え方が食い違うのは仕方がありません。でも、私はできるだけ「皆だいたいこう思うだろうな」という線を考えて、そのうえで、作戦や選手の起用を決めるようにしています。


太田光代

思い描いているアプローチとは違う経路で課題をクリアできないか、懸命に考えてください。課題の内容やクリアする順番が、モチベーションを下げてしまっているケースはよくあるんです。遠回りになるけど、気持ちは弾む。そんなアプローチを探る発想を常に持ちましょう。モチベーションを無理に上げようとするより、よほど生産的ですよ。


大森美香

どの方にもそれぞれの面白さがありますが……、私は迷っている方、自分はもっと何かやれるんじゃないかとか、いつも何かを考えていそうな方に興味をひかれますね。何かが欠落している人を見ているとワクワクしてしまって。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

ホテルはホスピタリティ産業。お客様を最優先に考えなければなりません。


堀之内九一郎

汗の量を競うのは、別の手だてがないときにやる最後の手段です。


金美花

お菓子づくりは好きでしたが、あくまで趣味でした。自分は一生、教師でいると思っていました。ケーキ屋さんを開こうと思ったきっかけは2001年に友人4人と行ったヨーロッパ旅行です。高級ブランド店に行けば、いいなと思う商品がたくさんあります。でも値段が値段ですから買うことはできません。そこで、カフェに入り、ケーキを食べて、贅沢な気分に浸る。こんなことを繰り返しているうちに、スイーツが贅沢な気分を運んでくれる。こんな幸せな時間を多くの人に味わってもらえたら、と思ったのです。この想いが起業につながりました。


國分文也(国分文也)

一番言っているのは、自分たちは何のために仕事をするのか、ということ。事業を行う以上、利益は重視しなければなりませんが、そもそも誰のために仕事をしているのか、と。


東英弥

私自身、自分の勉強の仕方を確立していました。例えばマーケティングの本を読んだら、自分の仕事や生活にどう役立つか、実践できるかを常に考えてきました。