米内山泰の名言

米内山泰のプロフィール

米内山泰、よないやま・やすし。日本のホテル経営者。「星野リゾート ホテルブレストンコート」総支配人。大手電機メーカー、CSデジタル放送を経て星野リゾートに入社。ホテルブレストンコート総支配人などを務めた。

米内山泰の名言 一覧

ミスしたことを理由に評価を下げると、皆がミスを隠すようになる。組織として、これほど怖いことはない。


「ミスを憎んで人を憎まず」を活動のキャッチフレーズとし、「ミスをした本人を絶対に叱らない」「ミスを報告した人を褒める」の2点をルール化しています。


「ミスの情報共有」と「月1回の委員会の開催」。この2本柱でミスが減りました。かつての10分の1以下ではないでしょうか。私が責任者としてお客様に謝罪に行くような事態は、今はほぼ皆無です。また、ミスに真正面から向き合うことで、スタッフ一人ひとりの問題意識が高まったというのが、ミスが減った原因。


ミスをした本人は、「叱られない」かわりに、ミスの原因を深く掘り下げ、具体的な仕組みにまで落とし込んで対策を考えることを義務づけています。これは正社員もパート社員も、ポジションにかかわらず同じ。「うっかりしていました」は「ミスの理由」として認めないし、「以後、徹底します」「気をつけます」も対策として認めません。「なぜ」を5回繰り返して、ミスが起きた「本当の理由」を特定し、「誰が」「いつ」「どこで」「何をするか」、具体的な対策を考えます。このようにミスと向き合うと、自然と問題解決力が鍛えられます。他の部門への関心も強まり、会社全体の視点から物事をとらえて考える癖もつく。これによって一人ひとりのサービスのレベルが向上し、結果としてミスが減る、というわけです。


ミスの情報共有は、社内システムを用いて行います。システム上にミス報告の専用フォーマットがあり、そこに各自が入力します。星野リゾートグループの複数の施設がこの仕組みに参加しており、参加施設のスタッフは「自分がミスをした」、あるいは「人のミスを見つけた」ら、ここに入力します。誰かが情報を入力すると、参加施設のすべてのスタッフ宛てにメールが届いて、情報が瞬時に共有されます。ミスをしてしまったことには真摯な気持ちで向き合いますが、ミスの報告は躊躇なく行う。すべてのスタッフに、そういう意識が浸透しています。


米内山泰の経歴・略歴

米内山泰、よないやま・やすし。日本のホテル経営者。「星野リゾート ホテルブレストンコート」総支配人。大手電機メーカー、CSデジタル放送を経て星野リゾートに入社。ホテルブレストンコート総支配人などを務めた。

他の記事も読んでみる

美崎栄一郎

「目の前にある今日の仕事」という小さなところだけにフォーカスしていると、そこでつまずいたときにモチベーションを回復するのが難しくなってしまう。


阿部修平

信頼と尊敬は、資本主義のインフラだと思います。資本主義はそれらをベースに成立している仕組みなのです。まず市場に信頼・尊敬される会社になる。そのうえで、様々な情報の中から将来を的確に予想して、リスクを取って収益をあげる。そんな投資会社としての本来の活動を行うことが私たちの基本です。


佐々木常夫

相手からの評価が悪くなったら、評価されるように改める。単純化して考えれば、ただそれだけの話であり、萎縮してやらないことはもったいない。私もかつて東レで営業を担当していた頃に、大きな失敗をしたことがあります。誤って強度の低い糸を出荷してしまい、そのことに気づいたのは、取引先がその糸で製品をつくってしまった後でした。聞いたその日に私は取引先のある熊本まで飛んでいき、正しい糸を無償で提供することと、誤った糸でつくられた製品をすべて買い上げることを取引先の社長に伝えました。すると、その対応の早さを社長に気に入ってもらえて、取引量を拡大することができました。


押井守

世間をなめてかかってはいけない。僕は世の中を甘く見ていた。世間というものは怖いもので、なめてかかると必ず痛い目に遭う。当時の僕が、まさにそれだった。
【覚書き:自分が作りたいようように作った作品がヒットし、他人に評価されなくても自分の好き勝手に映画を作ればいいんだと錯覚し、その次の作品で大失敗した時のことを振り返っての発言】


ガー・レイノルズ

質問にその場で的確に答えられなければ失望を招きます。だからこそプレゼン前に質問を想定して、それに対応できるように入念に準備しておく必要があります。


赤坂茂好

お客様のご希望に「NO」を言わずに笑顔で応えることが何より大切。


安藤徳隆

若い人たちにも商品を身近に感じていただくためには、彼らの目線に立ったブランドコミュニケーション、話題作り、そして、売り上げにつながる仕組み作りが重要。年配の取締役の方々に理解されず、怒られることも多々ありますが(笑)。


大橋光夫

お詫びの際に大切なのは、相手の期待の上を行くことです。逆に褒められたときに出向くのは下の者でいい。失礼に当たると思われがちだが、先方は理解してくれるものです。人は往々にしてその逆を行いがちです。


遠藤功

足跡さえ残さない素早さで行動し、臨機応変さを持って確実に任務を遂行する忍者こそ、今の時代に企業が目指すべき姿。もし動きや判断の遅い忍者がいたら、一発で敵に仕留められてしまうでしょう。それと同じく、スピードが遅い会社は絶滅するしかありません。


佐治信忠

粘り続けてやることも、ひとつの「やってみなはれ」。


北城恪太郎

一度しかない人生を自分の考えだけで生きることもできるが、変わることのないものに支えられて歩んでゆくべきではないだろうか。
【覚書き|若いころキリスト教の洗礼を受けたときを振り返っての発言】


佐藤龍馬

日本人は外国人に比べ、比較的主張が控えめな印象から、海外の方々とのコミュニケーション能力で後れをとっているように感じますし、各国の文化についても深く入り込めていないと思っています。そこでビジネスチャンスを逃していると、私は強く感じていますし、私が海外のビジネスパートナーたちとコンタクトしているときにも言われています。


宮坂学

「ヤフーニュースからピュリッツァー賞を出したい」と言っていますが、それは半分ホラも入っていますけれど、20年のスパンで考えればネットメデイアから出てもおかしくはない。それくらいユニークでオリジナルな記事を生み出せる存在になりたいということです。


野村与曽市

利潤の増大は原始製品販売を避け、二次三次の加工を施し、最終製品までの積み上げによって充足する方針をとっている。これを私は経営の立体化と呼んでいる。


トニー・シェイ

経営戦略の中核は企業文化である。優れたサービスの根っこは堅固なサービス文化にある。


ページの先頭へ