名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

米倉弘昌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

米倉弘昌のプロフィール

米倉弘昌、よねくら・ひろまさ。日本の経営者。「日本経済団体連合会(経団連)」「住友化学」会長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、住友化学工業(のちの住友化学)に入社。米国デューク大学大学院修士課程修了。住友化学外国部長、経営企画室部長、基礎化学品管理室長、取締役、支配人、常務、専務などを経て社長に就任。そのほか、日本経済団体連合会会長を務めた。

米倉弘昌の名言 一覧

世界の経済危機の歴史を調べると、多くがスキャンダルを契機として起きているんですね。それはやはり、経営者の倫理観の欠如に由来している。


大事なことは、常に改革、前向きに進んでいくということ。


日本というのは余りにも今、自虐的で自分を責めすぎているのじゃないか。


経済を本当に動かしているのは「人」。会社、会社と言うけれど、会社はすべて「人」ですからね。会社の力を高めようと思えば、人材力を高めていくしかない。


経営者が守りの姿勢に入っていたら成長は厳しい。したがって、経営者自身が自信を取り戻し、勇気を持って技術革新を加速させ、設備投資をしていくような環境をつくらなければいけない。


今は本当に原点に帰るとき。日本の強さは人間力と技術力であり、それをさらに磨いていく。常に改革し、前向きに生きていく。もっと自信を持って臨むときだと思います。


技術力を支える人材の育成が大事。日本の将来は、技術力と人材力しかないし、もっともっと教育に力を入れていくと。そして、日本は自信を持って何事にも臨んでいくべきだ。


私がよく経団連で申し上げているのは、経済を動かすのは我々企業であって、企業自らが成長を実現していくんだという気概を持って経営していく、そういうことで本当に成長が実現できるだろうと思います。


米倉弘昌の経歴・略歴

米倉弘昌、よねくら・ひろまさ。日本の経営者。「日本経済団体連合会(経団連)」「住友化学」会長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、住友化学工業(のちの住友化学)に入社。米国デューク大学大学院修士課程修了。住友化学外国部長、経営企画室部長、基礎化学品管理室長、取締役、支配人、常務、専務などを経て社長に就任。そのほか、日本経済団体連合会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

太田光代

人の魅力は、顔や容姿だけでは決まらない。前向きな気持ち、立ち振る舞い、姿勢、笑顔、そして苦労した経験もまた、魅力を増す要素の1つ。あらゆることが関係するんです。


村瀬治男

仕事には知恵が不可欠ですが、若い人には、若さというかけがえのないエネルギーがあるわけですから、常にチャレンジ精神を持ってほしい。上層部に対しても臆することなく提案する意欲を忘れないでほしい。


土屋裕雅

仕事中の雑談はすべて、何かを引き出すためにあると思っています。一見すると、仕事と関係ない話のように思えても、それが後から仕事で役立つことは多々あります。


鈴木敏文

以前、大阪出張時に人気商品のメロンパンを試食したところ、いつもと味が違いました。すぐ商品本部長を大阪まで呼んで調べさせると、原因は熟成時間不足。即刻改善させました。


外村仁

自分が主体的に仕事に参加した人は、結果的に長時間労働になってもそれほど疲れないじゃないですか。そんな社員を多く抱えられる組織が、これからの競争を勝ち抜くと思います。


猪瀬直樹

上司に企画をプレゼンするとき、あるいは部下に何かを依頼するとき、あなたは借り物の言葉で人を動かそうとしていないだろうか。誰にでも通用する万能の殺し文句なんてありはしない。そんなものに頼るより、きちんと相手に関心を持ち、感じたことを自分のありのままの言葉で表現する。それが、相手が心を開く第一歩になるんじゃないかな。


エーブナー=エッシェンバッハ

我々がおべっかを信用しなくとも、おべっか使いは我々の心をつかむ。


弘兼憲史

粋な遊び方とは、1つめは「執着しないこと」。2つめは「常に周囲に目を配り、気遣うこと」。3つめは「自分の趣味を人に強いないこと」。


植木義晴

目標に向かって全員で協力して進んでいくためには、この会社が自分たちの会社であるという認識が不可欠です。経営破綻する前のJALは、優秀な人材は揃っていましたが、一人一人が傍観者だったり、評論家だったりして、何事にもどこか他人事のような空気があったように思います。


大東隆行

うちでは店長が売れると思ったら、和食でも洋食でも、フランス料理でも何のメニューでも出していい。僕は「かまへん。好きにやり」と言うだけです。ただし、売れないとダメだし、40品目くらいあるグランドメニューは変えてはいけません。それ以外のところで創意工夫せよということです。


森正文(経営者)

起業したばかりのベンチャー企業というのは、実績もないので信頼性も低く、倒産の可能性も高いものです。そういった風潮の中で、IT系ベンチャー企業が有名になるには、取引先のブランド力や信頼度を借りることが、最短の近道だったんです。だから、一番最初は、センチュリーハイアット東京のスイートルームを自社のネットオークションに出してほしいと頼みに行きました。


小田與之彦

(北陸新幹線開業の関係で)3月以降の予約状況や問い合わせは通常の2倍以上と、逆に不安になるくらいです。もちろんこの数字は一時的なものでしょう。だからこそ、我々はお客様の期待にしっかり応え、「期待以上だった」と満足していただかなければなりません。新幹線の波に乗るだけでなく、自らの実力でもう一つの波を作り、来年以降につなげるチャレンジをしたい。