名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

笹沢竜市の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

笹沢竜市のプロフィール

笹沢竜市、ささざわ・りゅういち。日本の経営者。広告代理店と営業コンサルティング会社のダーウィンシステム社長。法政大学文学部卒業後、大和ハウス工業に入社後、同社で全国営業成績上位者として多くの表彰を受け、トップセールスとして活躍。その後独立し、ダーウィンシステムを創業。東京ガス西山経営研究所のスタッフとしても活躍。専門は営業と不動産のコンサルティング。主な著書に『 トップ営業マンなぜあのひとから買いたくなるのか』『トップ営業マンのコミュニケーション術』『企業内プロフェッショナルの時代』など。

笹沢竜市の名言 一覧

競合他社の住宅も含んて比べたとき、価格・性能・構造で圧倒的優位に立つのは難しいことです。ではどこで差をつけるかというと、家族で決めた家という納得感・満足感なのです。注文住宅の営業マンとして私の役割は、家族同士で話し合ってもらって、家族のコンセンサスを得てもらうことだと心得ていました。
【覚書き|大和ハウスでトップセールスだったころを振り返っての発言】


どんな仕事でもトラブルは避けられません。そこでトラブルが生じたときは、お客様が抱く不安をリストアップして先回りして応えたり、解決策を提案して不安を解消していく気遣いが必要だと思います。


会社の朝礼のときでも、私はほとんどしゃべらず、社員にしゃべってもらいます。最後に「社長、何かありますか?」と聞かれますが「ない」って答えています。


注文住宅の場合、最初にお客様の家づくりに対する考え方をしっかり聞いておかないと、途中でどんどん方向がズレてしまいます。ところが最初から本音で話してくれる人は少ないのです。たとえば「コスト重視で建てたい」とお客様が言ったとしても、それは一般論的に言っているにすぎず、じつはステータスを感じる家にしたいとか、健康に配慮した内装にしたいというような本音が別にある。そこを汲み取るのが私の仕事でした。
【覚書き|大和ハウスでトップセールスだったころを振り返っての発言】


笹沢竜市の経歴・略歴

笹沢竜市、ささざわ・りゅういち。日本の経営者。広告代理店と営業コンサルティング会社のダーウィンシステム社長。法政大学文学部卒業後、大和ハウス工業に入社後、同社で全国営業成績上位者として多くの表彰を受け、トップセールスとして活躍。その後独立し、ダーウィンシステムを創業。東京ガス西山経営研究所のスタッフとしても活躍。専門は営業と不動産のコンサルティング。主な著書に『 トップ営業マンなぜあのひとから買いたくなるのか』『トップ営業マンのコミュニケーション術』『企業内プロフェッショナルの時代』など。

他の記事も読んでみる

菊地唯夫

2013年には従業員持ち株制度を導入した。これにより、頑張って利益を出せば従業員にもメリットが生まれる仕組みを作った。企業にとって重要なステークホルダーである株主と従業員が、同じ方向を向いていることが大事。社内向けIRなどを通じて、今後も企業価値向上への理解を図っていく。


矢内理絵子

対局中は、誰も相談する人はいません。いまの状況を打破するためにはどうすべきか、それを一人で考え、決断し、その結果の責任は自分でとる。まさに私は、将棋をやっていた、といえる思います。
【覚書き|人生を変える決断をした当時を振り返っての発言】


山崎和邦

その銘柄は日本代表でなくても、大株主に日本代表銘柄が占めている場合は狙える。例えば新日鉄住金と住友商事が大株主の日本コークス工業や、南海電気鉄道が大株主の南海辰村建設は実際に取引した。こうした会社は経営危機になっても大株主が吸収合併するなどして倒産させないはず。仮に業績が不振になって株価が下落しても、倒産リスクが低ければどこかで下げ止まる。つまりこれ以上は株価が下がりにくい状況になる。そこで買えば、どこかで上昇に向かう。


伊藤友則

よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


堤幸彦

たとえば、クルマを運転していて渋滞していたら、普通はイライラしますよね。でもその間に、好きな音楽をたくさん聴けると思うと、渋滞もまた楽しくなるはずです。それくらい心に幅を持たせて、仕事に取り組んだ方がいいのではないでしょうか。


斉藤惇

大きな所を見ないで、目先の小さなことばかり。日本のあちこちに見られる現象ですね。大きなことを企画する人がいない。責任逃ればかりで、何か失敗したらみんなで叩くことをやっていたら、国が駄目になってしまう。本質論が必要です。


角田秋生

以前に比べると収益率は落ちています。理由の1つは、国によってフランチャイズ方式が難しい国や、学校外教育という概念がない国もあるからです。そんな中で話を進めていくうちに、学校への導入や直営教室で展開する国が出てきました。結果、全体の収益構造が変わりつつあります。最初は戸惑いますが、試行錯誤しながら工夫に工夫を重ねていけば、日本では分からないツボが押さえられるかもしれない。ここにも海外展開の大きな意義があると捉えています。


川崎敏寛

TEPCOメンテナンスセンターも立ち上げ、電気関連の機器・設備やガス給湯器、トイレの不具合などに対応する事業をスタートしました。これが各ご家庭の困り事や不便を私たちが把握するきっかけにもなる。まずコールセンターにお電話をいただくことでお客様へのラストワンマイルを埋め、タイミングよくニーズに応えます。


上原明

戦争であれば、短期間で決着することもありますが、商売はそんなに早く決着しません。けれども、毎日毎日必ず勝った負けたがあり、その積み重ねによって決着がつき、勝てば栄耀栄華を極められますが、負ければ貧民窟街で野垂れ死にするほどの厳しい結果になります。だから、毎日が戦いであり、その勝負に勝ち続けなければならないのです。


深野康彦

夫婦間の溝を埋めるには、「相手の立場に立って、物事を見直してみること」が重要。


松本晃(経営者)

私は店頭での鮮度管理をやめさせ、商品の回転率を上げるように指示した。たくさん売れば、商品は入れ替わり、店頭鮮度は維持されるからだ。現場からすれば、長年の取り組みを否定されたように思うかもしれない。だが、お客様からすれば、新鮮でおいしい商品が購入できるのであれば、鮮度管理の方法は問われないだろう。


是川銀蔵

1980年代の株価暴落の原因は、機関投資家と称され、余剰資金を持つ生命保険会社や信託銀行などの、大口の投資家がその有り余るカネで株を買 い、相場をつり上げ操作していた結果。苦労して稼いだ自分のカネなら大事に使うのだろうが、他人のカネということでその扱い方がズサンなのだ。自分の実力 以上の思惑に走ってしまうのである。