名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

笹沢竜市の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

笹沢竜市のプロフィール

笹沢竜市、ささざわ・りゅういち。日本の経営者。広告代理店と営業コンサルティング会社のダーウィンシステム社長。法政大学文学部卒業後、大和ハウス工業に入社後、同社で全国営業成績上位者として多くの表彰を受け、トップセールスとして活躍。その後独立し、ダーウィンシステムを創業。東京ガス西山経営研究所のスタッフとしても活躍。専門は営業と不動産のコンサルティング。主な著書に『 トップ営業マンなぜあのひとから買いたくなるのか』『トップ営業マンのコミュニケーション術』『企業内プロフェッショナルの時代』など。

笹沢竜市の名言 一覧

競合他社の住宅も含んて比べたとき、価格・性能・構造で圧倒的優位に立つのは難しいことです。ではどこで差をつけるかというと、家族で決めた家という納得感・満足感なのです。注文住宅の営業マンとして私の役割は、家族同士で話し合ってもらって、家族のコンセンサスを得てもらうことだと心得ていました。
【覚書き|大和ハウスでトップセールスだったころを振り返っての発言】


どんな仕事でもトラブルは避けられません。そこでトラブルが生じたときは、お客様が抱く不安をリストアップして先回りして応えたり、解決策を提案して不安を解消していく気遣いが必要だと思います。


会社の朝礼のときでも、私はほとんどしゃべらず、社員にしゃべってもらいます。最後に「社長、何かありますか?」と聞かれますが「ない」って答えています。


注文住宅の場合、最初にお客様の家づくりに対する考え方をしっかり聞いておかないと、途中でどんどん方向がズレてしまいます。ところが最初から本音で話してくれる人は少ないのです。たとえば「コスト重視で建てたい」とお客様が言ったとしても、それは一般論的に言っているにすぎず、じつはステータスを感じる家にしたいとか、健康に配慮した内装にしたいというような本音が別にある。そこを汲み取るのが私の仕事でした。
【覚書き|大和ハウスでトップセールスだったころを振り返っての発言】


笹沢竜市の経歴・略歴

笹沢竜市、ささざわ・りゅういち。日本の経営者。広告代理店と営業コンサルティング会社のダーウィンシステム社長。法政大学文学部卒業後、大和ハウス工業に入社後、同社で全国営業成績上位者として多くの表彰を受け、トップセールスとして活躍。その後独立し、ダーウィンシステムを創業。東京ガス西山経営研究所のスタッフとしても活躍。専門は営業と不動産のコンサルティング。主な著書に『 トップ営業マンなぜあのひとから買いたくなるのか』『トップ営業マンのコミュニケーション術』『企業内プロフェッショナルの時代』など。

他の記事も読んでみる

中村一樹

私は800以上の資格を取得しましたが、手当たり次第に試験を受けたわけではありません。自分のビジネスに関係が深く、専門知識として必要だと思った資格を勉強して取得してきた結果にすぎないのです。たとえば、私自身、お化粧はしないので、「メイク検定(メイクアップ技術検定試験)」は持っていませんし、今後も取る予定はありません。ですが、「メイクセラピー検定」は取得しました。それはなぜか? 心理カウンセリングによってメンタルサポートすることを目的としたメイクセラピー検定は、私が就活中の女子学生に面接のアドバイスをするのに必要な知識だと感じたからです。


西川世一

お歳暮やお中元は数多くの企業から届く。その中で決して埋もれず、顧客から愛されるお菓子を作るのは並大抵ではない。差異化は付加価値の創造から生まれ、付加価値は社員一人一人の意識から生まれると考えている。


鉢嶺登

移動時間によく本を読みます。「うちだったら、どうするだろう?」と考えながら読むことが多い。


宮内義彦

物言う株主にはネガティブな見方も少なくありません。ただ、株主が経営改善や内部留保の還元を指摘するのは当然のこと。そのプレッシャーから逃げてはいけないのでしょう。日本は会社にプレッシャーをかける仕組みが少なすぎると思います。


藤本篤志

通常、営業リーダーに抜擢されるのは、これまで実績を残してきた「できる営業マン」です。そのため、彼らの多くはリーダーになってからも、マネジメントと個人ノルマの達成の両立を会社から求められています。しかし、リーダーの最大の役割はマネジメントです。私はリーダーは個人ノルマをもたず、マネジメントに徹するべきであると考えています。リーダーがマネージャーとともにプレーヤーを兼務していると、部下とライバル関係になります。成績を上げるために大事な顧客を独り占めするなど、部下の成長を阻害するような行動を取りがちです。また、自分の営業活動に費やす時間が多くなり、マネジメントに割く時間が圧倒的に不足します。これでは、マネージャーとしてもっとも大切な「部下の能力を高め、チームの目標達成に責任を負う」という役割を果たすことはとうてい不可能です。


駒崎弘樹

ビジネスパーソンこそ、積極的に寄付をするべきだ、と私は思います。ビジネスの基本は人に与え、喜んでもらうこと。自分の都合を押しつけるようでは売り上げや利益には結びつきません。短期的な投資効果にとらわれず、いかに相手の役に立てるかを考えることが成果につながります。そうしたセンスを磨くうえで、寄付はすごくいい訓練になるのです。


元谷芙美子

アパグループの投資姿勢は逆張りだと思われるでしょうが、私たちからすれば順張りです。むしろ皆さんの考え方や常識のほうが堅い。自分の殻を破るのは自分しかいません。勉強を重ね、すごい学歴をお持ちの方は多いですが、それを飾りにしていてはいけません。


島正博

オイルショックの時には倒産の危機に陥りました。その際に開発し、売上げに貢献したのがコンピュータ制御の編機です。また、日本市場が飽和して売上げが伸び悩んだ際は、無縫製のホールガーメントに力を入れました。縫い目がなくハイセンスなニットワンピースは女性のニーズをしっかり掴んだ。窮地に追い込まれた時は、こういったアイデアと技術開発力で切り抜けてきました。


相澤賢二

正直であることが大切です。わからなければ「わかりません」、できなければ「できません」と、勇気をもって伝えるべきです。そこで暖味な返事をするから、あとで無用なトラブルを背負ってしまうのです。


中村直樹

業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。


岸良裕司

自分の目的は、あくまでも仕事で成果を出すことです。英語は手段のひとつにすぎません。そこから発想が変わりました。成果を出すには、お客様とコミュニケーションができればいいんだから、身振りや図、筆談だって使えるじゃないかと。
【覚書き|京セラ時代、ほとんど英語が話せない、海外に行ったこともない状況で海外出張に出された当時を振り返っての発言】


和田裕美

センスが悪いお店も新規ビジネスの種。私は町を歩いていて、センスがよくないお店に出合っても、「なぜ、このお店が存在するのか」を考えます。お客さんが入っていたら、どうしてこのお店に惹かれたのか、客層などから分析を始めるんですね。女性からはセンスが悪く見えても、男性から見るとそういうほうが落ち着くとか、自分とは違う感覚を持った人をマーケティングするいいチャンスですよ。