名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

笹嶋敏之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

笹嶋敏之のプロフィール

笹嶋敏之、ささじま・としゆき。日本の経営者。「ナカ工業」社長。北海道出身。芝浦工業大学工学部卒業後、ナカ工業に入社。滋賀工場製造部長、取締役経営企画室長、生産本部長、専務などを経て社長に就任。

笹嶋敏之の名言 一覧

機能を創造し、世の中にないまったく新しい製品を作り上げる製品開発力、そして自ら市場を作っていく市場開拓力に加え、施工能力があることが当社の強み。


今後もお客様の「6つの不(不満、不足、不便、不利、不快、不安)」を取り除く商品を開発し、お客様の要望に全力で応える施工品質という強みを発揮して顧客開拓を進め、業界のレベルを上げて市場をもっと広げていきたい。


過去、日本は公害に直面して環境技術を手に入れ、石油危機を経て省エネ技術を積み上げてきました。これから高齢化は様々な国で訪れます。日本そしてナカ工業が積み上げてきた技術が、世界の高齢化対策を牽引していく夢を見たいと思っています。


「製品は、取り付けて実際に使える性能を発揮して、初めて評価していただくもの」というのが創業者の思想です。実際に施工することによって得られるお客様の声や現場の実情が、新たな発想の源になっているような気がします。


当社はニッチな市場で生きてきました。小さな業界ですが、業界内での製品開発力は群を抜いていると自負しています。ナカ工業が常に進化している、面白い会社であると市場に認知させることができれば、建材業界も活性化してくると思います。


当社は創業85周年を迎えます。「世の中にない、お客様に喜ばれるものを創る」という理念の下、階段の角を保護しながら滑り止めの効果を持たせた「ノンスリップ」の開発を皮切りに、避難器具メーカーではトップシェアとなっています。


創業者が札幌駅で、ご婦人が凍りついた階段で足を滑らせ、大怪我をした現場に遭遇したんですね。そこで階段の角を保護して滑り止めの効果を持たせ、なおかつ見た目の良いものを作ったらどうだろうと発想した。それが「ノンスリップ」という製品で、現在では当然のように使われており、デファクトスタンダードとなっています。当社の安心と安全につながる思想が確立された製品でもありますね。


笹嶋敏之の経歴・略歴

笹嶋敏之、ささじま・としゆき。日本の経営者。「ナカ工業」社長。北海道出身。芝浦工業大学工学部卒業後、ナカ工業に入社。滋賀工場製造部長、取締役経営企画室長、生産本部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

前中ひろみ

自分の考えをはっきり言えるように訓練しないといけない。米国人などは、相手からはっきりと考えを伝えられることを期待する。それが否定的な内容であってもだ。けんかをしないといけない時だってある。


齋藤孝(教育学者)

会議の目的は、ある課題に対してアイデアを出し合い、チームとして意思決定し、その直後から全員が具体的に動き出せる体制を整えることにある。私の感覚で言えば、そこまでに至らない会議は時間のムダでしかない。


高岡浩三

キットカットの立て直しをするとき期間限定商品を発売しました。きっかけは、コンビニエンスストアの台頭でした。コンビニでは売れなければすぐに販売を打ち切られてしまいます。それなら、切られる前に自ら販売期間を切ってしまえと考えたわけです。これによって、キットカットのプレミアム化が進みました。当時はデフレの真っ只中でしたが、ご当地ものや期間限定ものなど、比較的値段の高い商品をヒットさせることができました。


岩田松雄

何事によらず交渉事で心得るべきは、最終的な意思決定者が誰かを把握すること。


乙武洋匡

文章を書くうえでも、緩急をつけることが大事だと思います。最初から最後まで堅苦しいことを書いていたら、読み手がストレスを感じて疲れてしまいます。そこで、途中でユーモアを交える。そうやって、フッと相手が力を抜いたところで、伝えたいことを豪速球でドン! と投げる。すると、「おお、乙武もたまには良いこと言うじゃん」と思ってもらえる。ユーモアにはそういう効果があるんじゃないかと思います。


永瀬昭幸

僕が塾業界で成功できたポイントのひとつは、大学卒業後、野村證券で実社会におけるものの見方を学ぶことができた点でしょう。マクロからミクロをとらえる訓練ができている。東大生のころより、野村のころの方がよほどいい学習をさせてもらったと思います。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

経営危機に際して「戦略を変えよう」「製品を変えよう」「ブランドを変えよう」「技術を変えよう」などと思ってはいけません。最初にバスを見るべきです。厳格な能力主義によって最高の人材をバスに乗せ、最適の席に座らせているかどうかチェックするのです。経営が傾いているとすれば、能力主義を貫いていない証拠です。


山本大介(経営者)

お客さんの話に耳を傾けると、例えば、今の時代はシンプルな器が求められていることが分かります。我々はもっとお客さんの要望を熟知し、有田焼の本質を学び、シンプルな器なら器でワンポイントでもいいから我々にしか描けないデザインを提供できるようなスキルを磨かなければいけないと考えています。


田岡信夫

同一企業の中でも、Aという商品は1位であるけれど、Bという商品は3位であるとか、Dという商品は4位であるといったようなことはしばしばある。これはそれぞれの商品は常に同一の戦略ではないということを銘記する必要がある。どういう地位のどのような条件を持った商品では宣伝力がどう問題になるかという判断がいる。


齋藤真帆

一方的に発信するのではなく現地に合わせてローカライズするのがポイント。


安井義博

最後発で苦戦続きの事業を離陸させるには、当事者たちが相当な熱意を持って取り組むことが欠かせません。


須磨久善

自分が一番だと思うことは大切ですが、自分は100点満点だと思ってしまった瞬間に成長は止まってしまいます。