名言DB

9419 人 / 110788 名言

笠谷幸生の名言

twitter Facebook はてブ

笠谷幸生のプロフィール

笠谷幸生、かさや・ゆきお。日本のスキージャンプ選手、指導者。北海道出身。明治大学卒業。冬季五輪に4大会連続出場。札幌五輪で金メダルを獲得し、日本人初の冬季五輪金メダリストとなった。引退後は後進の指導にあたった。また、ニッカウヰスキー北海道支社副社長、日本オリンピック委員会理事などを務めた。

笠谷幸生の名言 一覧

状況判断と予測が大切です。世界的な大会では80%くらい前日で勝負が決まっています。前日のプラクタスジャンプ(最終練習)で上位の選手は本番でも上位です。10本跳んで6本成功すれば一流。8本成功すれば金メダルと言われるが、要は最低レベルを高めることです。


笠谷幸生の経歴・略歴

笠谷幸生、かさや・ゆきお。日本のスキージャンプ選手、指導者。北海道出身。明治大学卒業。冬季五輪に4大会連続出場。札幌五輪で金メダルを獲得し、日本人初の冬季五輪金メダリストとなった。引退後は後進の指導にあたった。また、ニッカウヰスキー北海道支社副社長、日本オリンピック委員会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

三品和広

経営の変革は体力・精神力共に寿命を縮めながらやる覚悟が必要。それを成し遂げた後に果実を得られる期間が長い方がモチベーションが上がる。米国では変革が必要な時は40代の経営者を選ぶことが多い。


本田宗一郎

天才とか聖人とかいう人を除けば、人間はみな似たりよったりの能力と、感情の持ち主である。これを悟らなければならないと思う。つまり、我も人なら、彼も人なのである。


出口治明

会社のこともすべてオープンにしたほうがいい。その覚悟で仕事をすれば、それがコンプライアンスだ。


松井忠三

残業をなくすことを目的に「18時半以降は仕事禁止」というルールを設けました。時間が来たら、社内の電気を消して回るのです。限られた時間内で仕事を済ませなくてはならないので、社員たちは効率アップを目指す。自主性、積極性、独自のアイデアが、こうしたところからも生まれてきます。


安藤忠雄

私は、きちんと話し合って、妥協ではなく納得して前に行く。納得しなかったらやりませんでしたし、納得したからこそ、トラブルにもなりませんでした。


村田昭治

私は大企業、中小企業を問わず従業員がわくわくし、熱気をもって働いている職場をみている。そこでは例外なくリーダーたる人が自信をもって進めている。


下義生

1年間、トヨタに身を置いて感じたのは、トヨタは危機感の塊であるということだ。


ビル・エモット

いま、日本が最も危惧すべき問題は、人的資本の衰えだ。日本のこれまでの繁栄の礎とも言える人材開発力を、とくに企業が早急に取り戻す必要がある。自然資源が乏しい国がいかに世界各国と競争していくのか。この点において、日本は長らく人的資源開発の手本となってきた。


松本晃(経営者)

カルビーは創業家が50年以上、経営してきた会社です。創業者はとても優秀な人でした。したがって何でも自分でやってしまうから下の者は動きません。下手に動いて間違えてしまうと、手間ばかりかかりますから。それでも創業者がいるうちは、それはそれでよかったのです。しかし、今はカリスマがいませんから、社員一人ひとりが自分で何でもやるのだという風土に変えていかなければいけません。


西山昭彦

アメリカの心理学では噂話の75%割は正しいとされています。噂も評判と同じ。また、人は第一印象で80%が決まり、後からそれを覆せるのは16%しかないという調査もあります。ですから、悪い評判には気をつけないと駄目なんです。