名言DB

9419 人 / 110788 名言

笑福亭笑瓶の名言

twitter Facebook はてブ

笑福亭笑瓶のプロフィール

笑福亭笑瓶、しょうふくてい・しょうへい。日本の落語家、お笑いタレント。大阪府出身。大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業後、笑福亭鶴瓶に弟子入り。その後、テレビのバラエティ番組で活躍。

笑福亭笑瓶の名言 一覧

嫌な部分があっても、ちょっと見方を変えてあげると、そこが可愛げになる。


間違いを恐れていたら何もできない。これからもドンドン間違っていこうと思ってますよ、なにか新しいものが生まれてくるかもしれんし。


ほんまは人見知りの緊張しいなんです。だからモノマネをしたんです。別のキャラクターを演じるのなら、好き放題できますからね。


回り道したからこそ、今があると思うんです。試してみないと間違うてるかどうかもわからんからね。


人生間違いだらけ、間違いなし。人生なんて、間違いだらけなんです。でも、それが人生なんで、間違うために生きているというか、間違うことが人生で、そこから修正していくのも人生なんじゃないですか。


40歳も半ばを過ぎて、落語をやるようになりました。歳をとってからも日々勉強ですわ。


鶴瓶師匠の下におしかけたとき、「この機会を逃したら、23歳の就職も決まっていない何者でもない若造のままや」と必死に食らいつきました。師匠も素性もわからんヤツの話を、よう聞いてくれましたね。


笑福亭笑瓶の経歴・略歴

笑福亭笑瓶、しょうふくてい・しょうへい。日本の落語家、お笑いタレント。大阪府出身。大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業後、笑福亭鶴瓶に弟子入り。その後、テレビのバラエティ番組で活躍。

他の記事も読んでみる

吉山勇樹

事前の段取りと同じくらい大切なのが、仕事が終わったあとの振り返りです。忙しいとつい休む間もなく次の仕事に取りかかってしまいますが、こうした慌ただしい仕事の進め方こそが、時間の余裕を奪っている要因そのものでもあるのです。仕事の度にイチから段取りを考えていくのは、なかなか大変なことです。それよりも、仕事を振り返ることで成功事例や失敗事例をナレッジとして蓄積し、次の仕事に活用していくことが重要です。


工藤公康

科学的なトレーニングを積極的に取り入れていたので、まわりからは生意気なやつだと映ったかもしれません。でも、人とぶつかることを恐れて「なあなあ」で済ませていたら成長はない。もちろん自分だけがよければいいという考えはダメ。ダイエー時代、若い選手に一年でも長く選手生活を続けてほしくて、まわりにも厳しいことを散々言いました。正直、それでチームから浮いたこともあったかな。でも態度を改めるつもりはなかった。たとえ僕が嫌われても、チームが強くなればいいんですから。


紫関修

今後も当社がこのまま続くと思ったら大間違いです。当然、お店を長く続けていけば、お客様から要求される商品やサービスのレベルは高くなると思います。時代の変化やニーズに対応しない店は生き残っていけません。


重永忠

興味と関心があれば、苦もなく覚えられるもの。楽器の上手な人は複雑な旋律を暗譜して演奏しますが、あれもただ「練習する」だけでなく、その曲をもっと奥深く知りたいという欲求が働くからできるのでしょう。


伊藤義剛

私たち岩崎電気は1949年、日本初の反射型白熱ランプの開発から始まった会社です。照明をコツコツ技術開発してきましたが、それだけでは次のステップには到達できません。異質で多様なものが交じり合わないと、新しいものは生み出せないし、イノベーションは起こせないのです。そこで岩崎電気テクノセンター、通称「ヒカリウム」も開設しました。これもイノベーションの種を生むための試みの一つです。部門ごとで抱えていた研究開発部門の技術者を1か所に集約し、国内外のパートナーも自由に参加できるオープンな施設にしました。


町村敬貴

20世紀初めごろの米国の農村もまだまだ素朴でのんびりしていた。娯楽といえばたまに小学校でダンスパーティーが開かれる程度。ところがパーティーに出席しても、私は女性と交際しようとせず、若いくせにもっぱら老人の仲間に入った。老人の体験談が一番役に立つからで、老人から畜産、酪農の話を聞いて勉強した。


ジミー大西

いきなり画家に転身してスペインへ渡って、不安はなかったかって? 不安もなけりゃ、先のことも考えてなかったですし、まあ、なるようにしかなれへんやろ、と。


矢矧晴一郎

できそうもないと感じるのは、その仕事が大きく、難しく見えてしまうから。まずは、仕事を10項目以上に細かく分けます。頭の中で考えるのではなく、実際に紙に書き出してください。次に、作業がやさしいものから順位をつけ、1位を100点としてやさしい水準に点数をつけます。そして、1位から順に片づけてみましょう。簡単なものから先にやることでスイスイ進み、はずみがついて難しいものもできるようになります。


松本淳志

当社がお客様から支持されているのは「誠実さ」にこだわり抜いていることだと思います。私たちの企業理念は、「関わるすべての人たちに、感動とハッピーを与え続けること」です。それはシステムという無機質な物を提供するだけでは実現できないもので、誠実さにこだわる思いが欠かせないのです。


本田有明

部下の可能性を引き出し、健全なモチベーションを維持するために必要なのは「コミュニケーション」です。多くの上司は「忙しくてそんな時間は取れない」と言いますが、実際のところ、さほど時間を要するものではありません。大事なのは、小さく数を打つこと、日々の「単純接触」を増やすことです。たとえば「挨拶」。それも「おはよう」だけでなく、「○○くん、おはよう」と名前を呼ぶと良いでしょう。そして「昨日は忙しそうだったね」などのひと言を添えるとさらにベター。名前を呼ばれたこと、自分の行動をきちんと見てもらえたことで、部下は「存在をきちんと承認されている」と感じるでしょう。この「承認」は、モチベーションの原動力となる大事なキーワードです。