竹鶴政孝の名言

竹鶴政孝のプロフィール

竹鶴政孝、たけつる・まさたか。ニッカウヰスキー設立者。大阪高等工業卒業後、摂津酒造に入社。その後、寿屋(現:サントリー)を経て、大日本果汁(ニッカウヰスキー)創設。日本のウィスキーの父と讃えられた酒造技術者。

竹鶴政孝の名言 一覧

ウイスキーづくりは設備ではない。人の心だ。


私はウィスキー一筋で生きてきた。その意味では、一行で片付く(説明できる)男である。


信念を曲げずに前進する。それが好意を寄せてくださった人々に報いる道だと私は信じている。


よりよく遊ぶ者は、よく仕事をする。


我々が誇りを抱いて造っているように、みなさんも誇りを持って売っていただきたい。


ウィスキーでもそうだが、良い酒をつくるためには、規模や設備では解決できないものがある。熟成をじっくり辛抱して待つ精神や気質がないと、決してよいものはできないというのが私の信念のひとつである。


ウィスキーの仕事は私にとっては恋人のようなものである。どんな苦労でも苦労とは感じない。むしろ楽しみながら喜んでやるものだ。
【覚書き:京都の山崎に日本初の本格ウィスキー工場を建てた当時を振り返っての発言】


竹鶴政孝の経歴・略歴

竹鶴政孝、たけつる・まさたか。ニッカウヰスキー設立者。大阪高等工業卒業後、摂津酒造に入社。その後、寿屋(現:サントリー)を経て、大日本果汁(ニッカウヰスキー)創設。日本のウィスキーの父と讃えられた酒造技術者。

他の記事も読んでみる

大嶋啓介

ぼくは店舗数を競うことにはモチベーションが上がらないんですよ。それよりも、メンバーの中から経営者が育っていくとか、やる気を持てずにいる人が変わるためのきっかけを提供するとか、自分の可能性に気づいて希望を持ってもらうためにぼくに何かできることをしたい。そういうことにすごくやりがいを感じるんです。目がキラキラ輝いていく人の顔を見るのが好きなんですね。


東山紀之

常識や当たり前に受け入れられていることを「なぜだろう?」と疑問に思い、追求することは、仕事にも活きている。


内藤誼人

部下を動かすときに役立つのが、レッテル法である。「○○しろ!」と言うのではなく、「君は○○の人間」というレッテルを貼るだけでいい。上手にレッテルを貼ってあげると、部下のほうも自分はそういう人間なんだと納得してくれる。結果として、その通りの振舞をしてくれるようになる。


高畑好秀

目的を明確にすることが大切。たとえば野球でノーアウト、ランナー三塁の場面を想像してください。ここで打者は「ヒットを打てば一点入る。犠牲フライでも一点だな。ホームランなら二点か」とあれこれ迷い、その結果、中途半端なプレーになってしまうことがあります。「確実に一点取るため犠牲フライを打つ」と決めることができれば、低めのボールは捨て、高めのボールだけに絞れます。


大塚周一

統合の本質的なシナジーを忘れた統合では勝てない。


吉越浩一郎

ビジネスではスピードが命です。川があれば、あれこれ悩む前に、まず飛び込む。それから状況に応じて、渡り方を考えればいいんです。


フランクリン・ルーズベルト

退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。


上田研二

もともと私は人前で話をすることが苦手でした。ですから話し方教室にも通った。


モハメド・アリ

何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。


清水正孝

当社は「失われた10年」と呼ばれた1992から2003年の長期不況期に、最高の人数を採用しています。減らしたのはむしろ回復期に入ってからです。不況を理由に採用数や人材像は変えていません。今回の不況期も、製造業などは採用減の方向なのでしょうが、当社は逆です。人材確保の必要性は高まっています。


和崎信哉

放送技術はデジタル化しますが、そこへ流すコンテンツはあくまでも、私たちのようなアナログ人間がつくっていくものです。に就任。


船ヶ山哲

そもそも市場とは何か。簡単に言えば「販売者とお客のたまり場」です。ビジネスを失敗させる人は、自分の企画やアイデアを過信するあまり、市場のことを考えずに突っ走る傾向があります。そして、ライバルが存在しないほど、「斬新な商品だ」と考え、勝てると思い込んでしまうのです。実際は逆で、その企画やアイデアがビジネスになるかの判断は「ライバルがいるかどうかを知る」のが第1ステップです。ライバルがいるということは、そこに市場があるからです。「ゼロから市場を生み出す」ことは、大企業であってもほぼ不可能です。


鈴木喬(経営者)

経営というのは、将来を見据えて1歩も2歩も先んじて動く必要があります。しかし人は将来のために、今、困難を受け入れようという判断がなかなかできません。そういう人たちの意見をいちいち聞いていたら、いつまでたっても改革は成し遂げられません。


坪内寿夫

何かの決断を迫られた場合、前もって情報を収集し、分析することは大切だが、考えすぎてはいけない。最後の最後は、自分の経験と運を信用して、ズバッと下すべきだ。私の経験では、頭でなく、肌で決断した場合の方が結果としてよかった。


チャールズ・リンドバーグ

ヨーロッパ全行程にわたる完全無欠な好天候の確報など待っていられるものか。いまこそチャンスだ。よし、明け方に飛び出そう!
【覚え書き|この後、世界初の大西洋無着陸単独横断飛行に成功】


ページの先頭へ