竹見淳一の名言

竹見淳一のプロフィール

竹見淳一、たけみ・じゅんいち。日本の経営者。日本ガイシ社長・会長。慶応義塾大学卒業後、日本ガイシの前身、日本碍子に入社。同社で社長・会長を務めた経営者。日経連副会長なども務めた。

竹見淳一の名言 一覧

社風というのは平穏なときにはわからない。緊急、異常時に出てくるものだ。
【覚書き:伊勢湾台風直後の社葬の時を振り返っての言葉。準備期間が取れなかったのにもかかわらず社員が力を合わせ社葬を執り行った】


竹見淳一の経歴・略歴

竹見淳一、たけみ・じゅんいち。日本の経営者。日本ガイシ社長・会長。慶応義塾大学卒業後、日本ガイシの前身、日本碍子に入社。同社で社長・会長を務めた経営者。日経連副会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

生活雑貨メーカー勤務時代、営業成績はトップ、企画した商品も大ヒット。「これはいける」と自信満々で会社を退職し、雑貨を企画制作する会社を起業しました。しかし商売は甘くありませんでした。何を作っても売れず、すぐ資金繰りに行き詰まりました。売れなかった原因は、ニーズに沿った商品作りができなかったこと。勤めているときは、会社の売り上げと自分の生活か必ずしも直結しないですよね。だから純粋にお客様のことを考えて仕事ができましたが、起業すると、「もっと売り上げが欲しい、利益が欲しい」という思いに囚われ、お客様のニーズが見えなくなってしまったのです。


丸山輝

他社がやりたがらない。そこが当社の強み。


柳弘之

市場というのは不確定要素の固まりです。市場が将来なくなる可能性があっても、実際にはどうなるか分かりません。だから、早々と見切りをつけて撤退はしません。ビジネスの形態を変えるなどやれるところまでやり、どうすれば製品を顧客の心に響かせられるか粘り強く考えていきたい。


吉山勇樹

仕事を効率化するのに必要なのは、「時間管理」ではなく、「行動管理」です。1日24時間、365日の間、ずっと時間をコントロルルすることなど不可能。しかし、限られた時間の中でどのように行動するかを考えることはできます。


山口仁司

私たちが行っているのは、無から有を生むような仕事です。そのため、何ができるかとりあえずチャレンジするのが企業文化になっております。


出口治明

いまはメチャクチャラッキーな時代ですよ。「会社をクビになる」と言いますが、昔は失敗をすれば本当に「首」を切られました。あなたが挑戦して仮に失敗しても、責任を取って「切腹せよ」と言われることはない。この時代に生まれて挑戦しなければ、ご先祖様に申し訳ないと思ってください。


俣野成敏

不本意な異動だといきなり腐らずに、まずは社外、部外に、評判を高める根回しからはじめてみましょう。部外で高まった評判は、いずれ会社の上層部の人たちの耳元にも届くはずですから。


原田隆史

私が企業の人材育成のために4段階の提案をしています。ビジネスマンが自分自身で「人生や仕事の目的、思い、志」を立て、「自分にとって価値のある目標」を設定し、「目標達成のための具体策をシナリオやストーリーとして鮮明に描き」、「日々習慣とすべきルーティンワークや、果たすべき行動」を具体化させるのです。


稲盛和夫

経営者は、特に大企業なら何万人、何千人と従業員を抱えているわけですから、リーダーとしての強い意志が求められる。


武宮正樹

対局中は自分一人で判断し、自分で着手しなければならない。誰にも相談できない。だから「勇気」が必要だ。一寸先は分からないので、不安との戦いでもある。


阿部俊則

鍵を握るのはレベルの高い管理職をいかにそろえられるかなのです。が、これは容易なことではありません。それでもトップは覚悟を決め、時間をかけて優れた現場リーダーを育てなければならない。海外の事業展開でも、これは同じです。今後、人口が急増するグローバル市場を狙ってビジネスを展開していきますが、やはり鍵を握るのは現地のリーダーなのです。積水ハウスが提供する価値をきちんと顧客に伝えられる人材を、世界中で育て、成長し続けられる企業にするつもりです。


落合信彦

劣等感と優越感とは、実は裏返しなんだ。劣等感も度を過ぎると、何かに対し優越感を感じないとやっていられなくなる。


夏野剛

突き抜けたモノをもった社員であれば、会社も簡単には異動させにくいはずです。捨て駒として使われるようなことはなくなる。会社にぶら下がって生きていこうとしたところで、明るい未来はないはず。それなら、自分の能力を活かすための場として、会社を利用してやるくらいの意識をもつことが大事です。


美輪明宏

幸福とは何でしょうか。それは充足感です。何もかも満ち足りた気分になったとき、それが幸福なのです。しかしその成分は泡でできています。ほんの短い時間、一瞬で消えてゆくものです。でもそれだからこそありがたみがあり、貴重なんのとしての値打ちがあるのです。もし幸福感が絶え間なくずっと持続したとしたら、人間はしまりのないボケーッとした薄らバカになってしまうでしょう。


松枝寛祐松江寛佑

長期ビジョンについて、我々が設定したことのひとつは、対象地域を北米とアジアに限定したことです。我々の2倍、4倍の規模の欧米メーカーがひしめく海外マーケットで、全世界を対象に進出しようとしても当然無理があろうということで、北米とアジア地域で展開していくことを基本としました。


ページの先頭へ