竹田晴夫の名言

竹田晴夫のプロフィール

竹田晴夫、たけだ・はるお。日本の経営者。大正生まれ。東京海上火災保険(のちの東京海上日動火災保険)社長。柔道五段。そのほか、三菱武道会会長などを務めた。

竹田晴夫の名言 一覧

伸びる社員と伸びない社員。片や仕事を追いかけ、片や仕事に追いかけられる。それが違いでは?


まさに激動の時代だと思います。昔であれば、ただ完成された舗装道路の上を走っていさえすればよかった。しかしいまは違う。自分でバイパスを通したり、トンネルを掘ったりして進まなければいけません。しかも、その判断が一年遅れると、事業が十年遅れることになりかねない。


竹田晴夫の経歴・略歴

竹田晴夫、たけだ・はるお。日本の経営者。大正生まれ。東京海上火災保険(のちの東京海上日動火災保険)社長。柔道五段。そのほか、三菱武道会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ラリー・ペイジ

イノベーションは小さなグループから起こる。


ダン・ケネディー

物事が成功する可能性に疑問や疑念を抱くのは、ネガティブ思考に陥っている証拠で、そうした考えは頭から追い払うべきだと言われる。しかし、そういった発想は不健全で愚かなものだ。根拠のない楽観主義をかたくなに持ち続けることは愚行以外のなにものでもない。


畑中好彦

アステラス製薬は合併によって誕生した企業ということもあり、多様性を尊重し、様々な人の意見を受け入れる企業風土が整っています。これは我々の大きな強みです。


山極寿一(山極壽一)

家族が身体的なつながりを根拠にして出来上がっていることを、僕はゴリラから学びました。ゴリラは言葉を使うわけではないのに、10頭前後の群れが1つの生き物のように動きます。僕はこれを「共鳴集団」と呼んでいて、現代で言えばスポーツのチームであり「家族」なんです。スポーツでは言葉ではなく身体でつながり合って連係して動ける。家族も言葉を必要としないくらい、それぞれの身体の個性を分かり合っていて、まとまることを喜びとする集団です。


守屋淳

デジタルの入力は定量的、論理的に構成されるため、出力には全く差が出ない。論理的な学習や、大量生産される製品を開発する場合、デジタルの特性を必ず持つので、結局ライバルにも学習され、真似されてしまう。もちろん逆もしかりで、この競争はエスカレートせざるを得ない。


石渡美奈

郵送すればご家族の方がそのハガキを見ることになります。社長から褒められている言葉や感謝の言葉が書かれていれば、「うちの子はよく頑張っているみたいだな」「主人もなかなかやるじゃない」と嬉しくなる。それが社員に伝われば、人にもよりますが、誇らしい気持ちになる人が多いと思うのです。


黒川光博

世の中には、人の目につく派手な活動を好む人もいます。けれど、虎屋の社員はそうではありません。「人が見ているから」「自分に注目してほしいから」という理由でやるわけではない。目立たなくても、会社のために真面目にひたむきに働くことを生きがいだと思ってくれる人が多くいます。虎屋はこういう人たちに支えられています。それによって500年の歴史が続いてきているのです。


兒玉圭司

決断したことを実行に移すのは非常に難しい。「実行力」まで備えているかどうかが、普通の選手と一流選手の差です。


犬伏泰夫

日本の製造業が、素材メーカーに求めるレベルは非常に高いものがあります。たとえば、単に硬いだけ、あるいは柔らかいだけの鋼(はがね)をつくることは難しくありません。ところが、硬くて柔らかい鋼となると難しいのです。自動車のボディでは加工しやすいように柔らかさが求められる一方で、衝突時の衝撃を守る硬さも必要です。こうした高機能な鉄鋼製品をつくれるのは、日本だけです。


小倉昌男

時代の変わり目にあるということが、実感として世の中にあまり伝わっていません。そこに問題があると思うんです。明治維新では幕藩体制が解体するという大事件があって、新しい国を作ろうと若い下級武士や公家たちが立ち上がった。昭和20年には敗戦によってアメリカの占領という大事件を経験した。そして公職追放で20万人以上の人が公職から追放され、かわって30代、40代の若手が行政や経営などの第一線に立ったわけです。「俺たちがやらなければ日本の国はどうなってしまうのだろう」という強い危機感があった。ところが今の時代は人々を立ち上がらせるための起爆剤となるような事件がない。


プラユキ・ナラテボー

自分自身がキーパーソンだと気づいたとき、現実を変えていく力が取り戻される。


淡輪敏

ダウやデュポンに規模の面で追いつくことは難しいが、これまで積み重ねてきた他社には真似できない技術力がある。これらの技術を積み重ねて製品に結び付けていく。


宮本武蔵

馬は強く反応して、癖のないことが大事である。総じて武道具に関しては、馬もほどほどによく歩き、刀・脇差もほどよく切れ、槍・長刀(なぎなた)もたいがい刺し通り、弓・鉄炮も過度に強い破壊力はないほうがよい。武器そのほか好みが偏ってはいけない。余るのは足りないのと同じこと。人まねをせず、自分の身に応じ、武器は自分の手に合うようでなければならない。


和田秀樹

あなたにとっては仕事ができない、能力がない上司でも、彼がその立場にいるのには何らかの理由がある。「上司には学ぶべき点がなにかある」という心構えを持ちましょう。一般的には、自分よりも上の地位にいる上司はその会社における「出世のスキル」を身につけているか、その「会社のニーズ」に合っている人間です。企業がギリギリの経営を強いられる中、リストラ対象にならず、自分のポジションを築いている上司。間違いなく彼は、その会社内でのそこそこの成功者であり、勝ち組と言えます。


平井伯昌

選手の信頼を得るには何が必要か。それは結果を出させること。


ページの先頭へ