名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹田恒泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹田恒泰のプロフィール

竹田恒泰、たけだ・つねやす。日本の作家。旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。『語られなかった皇族たちの真実』で山本七平賞を受賞。著書に『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』『皇室へのソボクなギモン』『旧皇族が語る天皇の日本史』『エコマインド 環境の教科書』ほか。

竹田恒泰の名言 一覧

現代の消費者は厳しいですから、損をするようなサービスは絶対に受け入れない。つまり商売で成功するということは、人を幸せにしているということ。


ビジネスパーソンの皆さんに言いたいことは「日の丸を背負って仕事をする」という意識を持つこと。「さすがは日本人の仕事だ」と評価されるような仕事をしているか? とあらためて考えていただきたいのです。


日の丸を背負ってする仕事の究極の例が、戦後満州からシベリアに抑留された日本人の強制労働でしょう。私が見たのは、旧ソ連のウズベキスタンにいまも残るナヴォイ劇場です。作業に従事した500人の日本人のうち、60人が事故で亡くなるという苛酷な環境の中で、彼らはいっさい手を抜かずに仕事をしました。強制労働であるにもかかわらずです。1966年に大地震が起きたとき、唯一倒壊せずに残ったのがこのナヴォイ劇場だったと言われています。


まずは、自分が生まれた国のことを知ること。それにより、自分が何者なのかを理解して初めて、他の国の人々とも信頼関係を築くことができます。


会社の看板を背負うのはもちろんですが、それに加えて日本人としての誇りを持って仕事をする。そんなビジネスパーソンが増えれば、日本はまだまだ成長するでしょうし、ますます魅力的な国になっていくのではないでしょうか。


自国の成り立ちさえ知らないようでは、国際人としては相手にされません。


日本人は働き者で手先が器用だとはよく言われますが、それに加えて、子供がおもちゃで遊ぶように、楽しみながらものを作るのも特徴です。楽しんで行動する人には誰も敵いません。また、楽しむからこそ溢れるほどのアイデアも湧いてくる。古くは縄文土器から現代のアニメに至るまで、日本人の作るものがどの時代をとっても優れているのはそのためです。


歴史と並んで民族のアイデンティティを担保しているのが神話です。聖書やコーランなどをバックグラウンドに持つ人たちと対話するために、日本人であれば古事記を読んでおくことをお勧めします。


私は「勉強する意味」は、『教育勅語』に書いてあることに尽きると思っています。教育勅語は「人としてどうあるべきか」「近代国家の市民としてどうあるべきか」「国に対してどうあるべきか」と、大きく三つのブロックに分かれていますが、二つ目のブロックには、「勉強しなさい。職業を身につけなさい。知能を啓発して、徳のある人間になりなさい」ということが書かれています。そして、それは何のためかというと「世のため、人のために使え」とあるのですね。これこそまさに、勉強する意味だと思います。


興味の赴くままに深掘りしていくのは楽しいですよね。私などは締め切りがないといつまでも勉強を続けてしまうので、発刊できない本の企画がたくさんあります(笑)。


何か興味があるものを調べていき、面白いことを発見した際の「あ、そうだったのか!」という感動を分かち合いたい、という意識は常にあります。それが本を読み、書く動機と言えるかもしれません。


私はインターネット時代に本の価値が相対的に高まっていると思います。一冊の本には長い時間と多くの人の手がかかっていますよね。たとえば「2ちゃんねる」の書き込みで真実を判断するのは難しいですが、出版社が手をかけて出した書籍に書かれていることは、少なくともネット上の情報よりはよほど質が高いはずです。


竹田恒泰の経歴・略歴

竹田恒泰、たけだ・つねやす。日本の作家。旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。『語られなかった皇族たちの真実』で山本七平賞を受賞。著書に『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』『皇室へのソボクなギモン』『旧皇族が語る天皇の日本史』『エコマインド 環境の教科書』ほか。

他の記事も読んでみる

古賀信行

日本の将来を変えられるかどうかのカギを握っているのは、40代の人たちだと思います。特に、日本人の職業人生で真ん中の節目に当たる45歳前後の人がキーマンです。


滝口直樹

会社に集まったビッグデータを活用する職種として、近年、注目を集めているのが、データアナリストやデータサイエンティストです。このポジションに就けば、マーケティングの責任者や経営者の片腕になることが期待できます。データアナリストやデータサイエンティストになるために取るべき資格は、「統計検定」と「OSS‐DB技術者認定資格」、「基礎情報技術者」です。


鳥飼茜

先日、とあるマンガ家さんが、女性の解放を阻んでいるのは女性ではないか、とおっしゃっていたんですね。本当に鋭い意見だと思います。それを打ち破る方法の一つが、私はかっこいい女性リーダーの登場だと思う。リーダーというと色がついちゃうけど、単純に心意気についていきたいみたいな。


福嶋隆史

大人だったら、専門用語はともかく、仕事に必要な言葉自体は既に知っているはずです。それなのに、日本語によるコミュニケーションには、いま一つ自信が持てない人が多い。なぜ自信が持てないのか。日本語を使うなんて「当たり前」のことすぎるからです。普段の言葉の意味を、あえて意識して使うのは難しい。「放任」と言ったら、反対は「干渉」だな、なんてなかなか考えません。だから言葉を無意識に、反射的に使っているうちに、語彙の引き出しがぐちゃぐちゃになり、必要な時に出せなくなってしまう。


川村謙(経営者)

ソフトハウス会社に入ってプレイングマネージャーみたいなことをしていたんです。しかし、そういう会社はどうしても下請けの仕事ばかりで。自分たちで仕事を創造していくことは難しい。ある時、会社のSEたちと将来不安だね、仕事がなくなったらどうしょう、なんて話をしていた時に、だったら自分たちで会社を立ち上げよう、となったのが発端ですね。


魚谷雅彦

マーケティングとは、お客様とのつながりをどうやって強めていくか、お客様の求めるものにどうやって応えていくかという価値創造のための仕組み、プロセス、企業文化のことです。まさに経営に直結する重要な柱なのです。


白河桃子

一人あたりの生産性を上げるには、「フレッシュでいること」が重要です。スポーツブランド大手のある米国の企業では、上司と部下が卓球しながら会議をするそうです。気持ちを切り替えたり他の人と交流してフレッシュさを保つほうが、ずっと机に向かうよりも成果を出せるとわかっているからです。こうしたワークスタイルが可能なオフィス環境も、これからは必要になるでしょうね。


小笹芳央

トップ自身も、運動神経のよさが必要です。経営者のセンスのよしあしとは、会社にとっての最適化のために、タイミングを外さずに英断できる力ではないかと思います。


松本人志

40代になってから、ある意味、欲がなくなった。もう仕事に関しても、お金どうこうでやってるわけじゃないし、若いときみたいに女の人にモテたいとも思わなくなった。もちろん、欲で仕事を頑張ること自体は全然悪いことではないですよ。30代の僕はそうでしたからね(笑)。


岡倉天心

日々の暮らしぶり、そのなにげない仕草のうちに、内心の動きはあらわれる。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)

最終的に何かを提案するにせよ、相手の考えや要望を十分に聴いてからでないと独り善がりの提案になります。だからこそ、相手の話を積極的に聴く「傾聴」が重要になってくるわけです。「話す」が1割、「聴く」が9割と意識するといいでしょう。


ハワード・シュルツ

どんな企業も、第一に何を基盤にするかが問われる。スターバックスは単なる良質のコーヒーではなく、創立者が魅せられた深入りコーヒーの風味を基盤にしたおかげで、他のコーヒー店とは一味違う本物になれたのである。