竹田弘太郎の名言

竹田弘太郎のプロフィール

竹田弘太郎、たけだ・こうたろう。名古屋鉄道社長。早稲田大学卒業後、名古屋鉄道に入社。同社で社長・会長を務める。名古屋商工会議所会頭や、各社の経営再建にあたった経営者

竹田弘太郎の名言 一覧

会社再建も難病の治療のようなもので、どんな薬を与えても効かなかったのが、峠を越すと、めきめき解放に向かう。
【覚書き:石川県の大手タクシー会社石川交通再建時を振り返っての発言】


復旧が一段落してのち、被災中、鉄道の全線が寸断され通信もまったく不通の中で、緊急の措置によって、旅客の安全をはかった従業員を表彰することになり、労務部で調査したところ、表彰を受けるものの多くが日ごろ上司の付けている人事考課が良くないのに気が付いた。


竹田弘太郎の経歴・略歴

竹田弘太郎、たけだ・こうたろう。名古屋鉄道社長。早稲田大学卒業後、名古屋鉄道に入社。同社で社長・会長を務める。名古屋商工会議所会頭や、各社の経営再建にあたった経営者

他の記事も読んでみる

渡邉英彦

すべては「ネーミング」です。市のイベントで知り合ったNHKの記者に「富士宮やきそば学会という組織があり、そのG麺が市内のやきそば店を夜な夜な調査して回っているんです」という情報を流した。単に「やきそばを使った町おこし」では面白くない。庶民的な「やきそば」にアカデミックな「学会」を足せば、うさんくさくて「何、それ?」と興味を持ってもらえるかなと。活動についてもはじめに言葉ありき。中身は後からともなうと考えました。結果、NHKのニュースで取り上げられました。


鈴木茂晴

人件費はコストではなく、投資である。今まで働き方改革などを通じて生産性を上げることに注力してきた企業ならば、ある程度の賃上げは必ずできるはずだ。賃上げで従業員が安心して働く環境を整備し、やる気を出してもらう。結局はそれが、自社の経営方針や哲学を貫くことにもつながる。


金子和斗志

人事評価基準を明確にし、単に数字を上げた人ではなく、お客さまのためにホスピタリティの精神を磨き、挑戦者として行動する人を高く評価することを明記しました。また、上司による一方向からの評価だけでなく、同僚社員による評価も組み合わせた、360度評価を採用しています。


澤田道隆

聞いた内容を他人事ではなく自分事に落とし込めるかどうかでモチベーションが違ってきます。だからこそ相手に合わせて話すようにしています。


眞鍋寿男

中心価格帯も22000円と高価に感じるかも知れませんが、本物を望むお客様には決して高い買い物ではありません。


コシノジュンコ

はじめは福島の伝統工芸を世界に発信する「フクシマ」ブランドを作るプロジェクトでしたが、ブランドありきではなく、伝統の技術を生かし、そこにデザインをプラスすることで、新しい感性の民芸品が出来上がってきました。これからも会津木綿を使った若手デザイナーによるコンペなど、伝統工芸とデザインのコラボレーションを進め、福島の人たちを支援していきます。


角川歴彦

今は変転極まる世界で、落ちる時も速い。


熊谷正寿

成長する事業と成長出来ない事業は最初から決まっています。そこに気付くのも社長の素質で、その後は経営者の手腕です。たとえば、どんなに良い内容のビジネスでも、スポット型とストック型の事業を比べると、スポット型はなかなか成長しません。また、良い商売は限られていて、誰もがそこに群がりますが、誰よりも良いサービスをつくらなければなりません。見つける能力と、一番お客さんに喜んでもらう能力、この両方が経営者には必要です。


尾山基

外部から登用する人の場合なら、いかにアシックスの社内文化や業務プロセスに合うかがポイントです。その人が転職前からやっている仕事にマッチすれば、フィットしやすい。だから専門性の高い仕事、すなわち法務、IT、人事などに強い人を採ってきた。でも、経営はその上ですから、得意、不得意が出てくるはずです。社内外を問わず、CEOになる人はそれらを全部理解しなければ、本当の経営者になれません。


浮世満理子

ToDoを手帳に書くと、やり終えていないことが明確になる。「やり終えていないことがたくさんあるんじゃないかな……」といった不安やモヤモヤを感じなくなる。


森田俊作

文具類は机が散らかる原因になるのでそもそも持ちません。私が普段から使う文具は、書類に署名するための万年筆と黒のボールペンだけです。「iPad」を愛用しているので、メモ帳だって持たなくていい。メモする必要があれば、メモアプリに打ち込みます。ちなみにカバンの中も、「iPad」と「本」だけ。カバンの中を整理する必要はありません(笑)。


小倉広

部下を育てるためには、上司が明確な意図と覚悟をもって部下に仕事を任せなくてはならない。


松下幸之助

企業の経営者は社員を適所に生かす。社員は自分の適性をつかみ、その適性を生かすように、認めてもらうように努力する。認めてもらって、そこに生きれば、いのちをかけて働く喜びが生まれ、その個人は伸びていくのです。


堀場厚

誰かの真似をしたり、「やらされている」といった感覚があると、独創的でユニークなものを開発しにくくなる。「おもしろおかしく」なければ、アイデアが湧き出るような感覚は生まれにくい。


中島武

存在感があるのとないのとでは、人間が認められるのと認められないのでは、ずいぶん違います。認めてもらえないと、やっぱり楽しくないじゃないですか。野球だって、ただやっているわけじゃなくて勝ちたいでしょ?ビジネスも全く同じです。


ページの先頭へ