竹増貞信の名言

竹増貞信のプロフィール

竹増貞信、たけます・さだのぶ。日本の経営者。「ローソン」社長。大阪府出身。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。三菱商事社長業務秘書、ローソン法人営業本部長、副社長などを経て社長を務めた。

竹増貞信の名言 一覧

メッセージというものは、情報量を増やせばいいわけではない。わずか数文字のスローガンであっても、意味を正しく伝えることはできる。


時代が変わり、商店街がコンビニになっても、選ばれる店の条件は、いかに地域に愛され根差しているかという点。


どんな経営者でも、自身の見識とキャパシティを超えた判断はできませんし、してはならない。


目の前の仕事に真剣に取り組めば、お天道様がその背中を見てくれているもの。


お客様のニーズの変化を見逃さないことが重要。変化の前には兆しがある。


いつも心にあるのは、企業理念である「みんなと暮らすマチを幸せにします」ということ。


ローソンはどの店舗を訪れても、オーナーの皆さんが地域に根ざしている。この地域愛、お客様愛にあふれた姿が、ローソンの最大の強み。


街もどんどん変化する。実際、このまわりを見ていただいても、どんどん変化していっているんですね。このお客様の変化に合わせて、お店を変え、商品を買え、サービスを変え、また迎えるハートも変えていく。これが42年間継続的にできたというのが我々の一番の強みだと思いますね。


経営者は、部下から上がってきた資料やデータを読み込み、その説明を聞いたうえで、迅速に経営判断を下さなくてはなりません。そのとき、判断を下す基準は、二つです。一つは、すんなり理解できるか。もう一つは、担当者のまっすぐな情熱があるかどうか。この二点さえクリアできていれば、提案書や企画書は数行の箇条書きで構いません。


三菱食品の森山透社長も、私と同じ三菱商事出身で旧知の関係です。互いに遠慮がないので、「本気で行きますよ」と伝えて、早速、様々な取り組みに着手しています。三菱商事とも同様で、本当の意味での「ウィン・ウィン」の関係を実現すべく、互いに踏み込んで、本気の勝負を挑んでいます。


竹増貞信の経歴・略歴

竹増貞信、たけます・さだのぶ。日本の経営者。「ローソン」社長。大阪府出身。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。三菱商事社長業務秘書、ローソン法人営業本部長、副社長などを経て社長を務めた。

他の記事も読んでみる

高山善司(髙山善司)

実は当社が地図の電子化を進めたのは販売目的ではなく、地図製作の合理化のためでした。それまでは手書きで地図を作っていました。専門の職人が道路を書くための製図用具など特殊な道具を使って、線を引き、手書きで居住者の名前を書いていたんです。そうした職人の方々も引退して数が減ってしまい、だんだんと地図が作れなくなるという兆候がありました。職人の手作業に見切りをつけ、電子化を進めたことが、市場シェア確保につながったと思います。


加山雄三

67歳になり、同年代の友人は次々と引退していますが、私はどんどん忙しくなっています。コンサートは今年30回以上予定、かつて年一回だった絵画展は今年四回を予定しています。人と関わることは勉強になるし、好きなのです。「関心を持つ」「感動する」「感謝する」の人生三カン王をモットーに現役を続けていこうと思っています。


林修

流れを読むには「縦の視線」と「横の視線」が必要だと思っています。例えば、麻雀が弱い人は目の前の牌しか見ていない。つまり縦の視線しか使っていません。逆に強い人は、もちろん自分の牌も見えていますが、周りの動きに気を配り、人の手を読む。これが横の視線です。二つの視線のバランスのいい人が麻雀は強い。全体を冷静に俯瞰して流れを読み、いい流れなら一気に押し、悪い流れが来たらムリをしないで待つ。これは仕事も同じではないでしょうか。


林義郎(経営者)

変化の時代に苦労の連続でしたが、変化に対する私の姿勢も時代とともに変わりました。国鉄のころは「変化に対処しよう」なんて言っていました。その程度でよかったんです。通信業界に入って「変化に即応しよう」。いまは「変化をチャンスとして受け止めてチャレンジしよう」です。黙っていても変化は起こるのだから、身を縮めて待つのではなく、自分から作り出せと。


レイ・クロック

幸運は汗からの配当だ。


浜矩子

人の話を聴くのは簡単なようでいて案外難しい。たとえばインタビューでも、相手の答えに対してズレた質問をする人がいますよね。これは相手の答えの要点をよく理解していないから。相手の言っていることを聴かずに、「きっとこういうことが言いたいのだろう」と勝手に解釈するから会話がかみ合わなくなるのです。


尾賀真城

会社の理念を守りながら、ビール、飲料などのグループ企業がもっと生き生きと事業展開しないといけない。厳しい競争環境で経営に苦しむ企業も出てくるかもしれませんが、それを他の事業会社がうまく補い、持ち株会社が支援するように、グループを挙げて支え合える体制を築きたい。


辻本憲三

世界に通じる組織が無いと世界で戦えないし、ソフトを開発することもできません。だから、日本中心に物事を見るのではなく、海外に出て、世界を見ることが大事ですね。


大橋徹二

いま、オーストラリアの鉱山で当社の無人ダンプ運行システムが稼働している。ここは街から遠く離れ、気温が50度にもなる。そんな場所に運転手を住まわせるには家や食堂、診療所等インフラが必要になるが、無人ダンプを導入すればそうした問題を解決できる。単に無人ダンプをつくるだけでは、お客様のビジネスを変えることまではできない。我々はお客様の現場をお客様以上に理解し、新しい価値をつくり出す「イノベーション」を提供できる存在にならなければならない。


廣瀬光雄

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、とにかく成長したら分社して自分の目に叶う人材に権限委譲して経営は任せる。それこそが、会社が長期で安定して成長する方法だということを徹底していた。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

協調性がないことで問題になるのは、個性が強かったり、自己主張したりする人ではなく、仕事の前工程、後工程を考えられない人です。そういう人には上司が「仕事はチームでやるもんだ」と口を酸っぱくして言って、しつけるしかありません。それでも変わらない人には、仕事が回ってこなくなりますから、自然に隅に追いやられ、辞めていくでしょう。


マザー・テレサ

傲慢さはすべてを壊してしまいます。イエスのように生きる秘訣は、心が柔軟で謙遜な人になることです。


名取芳彦

信頼されない人には決定的な共通点があります。それは、「何事も、損得勘定で生きている」ということ。損か得かを考えて動く人間は、当然ながら損になることには手を出さず、得になることしかやろうとしません。さらに言えば、自分が得をするためなら、平気で嘘をついたり、人を裏切ったりするようなことだってあり得ます。損得で動く人間の怖さというのは、まさにこの点にあります。


永守重信

経営って難しいと思ってるだろう。でも一番簡単なのが経営だ。理屈通りにやれば、誰でも利益が出せるから。


波頭亮

社員を採用する際、どこまで頑張れるか。まずはこれを必ず見ます。もうひとつは価値ある仕事をしたいかどうかということです。高い給料をひたすら求めるのではなく、世の中に価値の高い仕事を提供したい、クライアントや社会のためになる仕事をしたいという気持ちの強い人を採用したいのです。


ページの先頭へ