名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹内謙礼の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹内謙礼のプロフィール

竹内謙礼、たけうち・けんれい。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、雑誌編集者を経て、観光牧場「成田ゆめ牧場」の企画広報、通信販売事業、実店舗運営などの業務に携わる。同牧場の楽天市場でのネットショップは3年で年商1億円を突破し、楽天から「ベスト店長賞」を受けた。その後、「いろは」を設立。企業コンサルティングや執筆活動を行っている。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』『安売りしないでお客をガッチリつかむ技術』『会計天国』『行列ができる「売り方」お悩み相談所』ほか多数。

竹内謙礼の名言 一覧

頭のいい人とは、同じフィールドで戦っては駄目なんですよ。戦う場所を低くすることで、自分の武器が強さを発揮できる。自分の価値を活かせる場所で戦えば、学歴と関係なく、十分、勝てるんです。


流行は誰でも知っていることだから、じつは始めやすく、儲けやすい。


副業とはいえ、本業と同じくらい本気でやらないと絶対に成功しない。そもそも副業という名前が間違っている。副業だと思うから、途中でやめちゃうんです。


説明を「引き」「特徴」「説明」の3つのブロックの順に整理して並べることで、効果的なコピーが簡単につくれる。「いまなら10%オフ!(引き)、新開発のコイルを使用した(特徴)、疲れがとれるマットレス(説明)」商品の特徴と説明は、「新開発コイル」「疲れが取れるマットレス」という部分だけだが、これくらい簡潔なほうがイメージが浮かびやすく、より伝わりやすいキャッチコピーになる。


書籍は、タイトルで売れ行きが大きく変わる。裏を返せば、タイトルが冴えないと、いくら中身がよくても、手にとってもらえないということ。企画書も同じで、タイトル次第で、じっくり読んでもらえるか、そうでないかが決まるのだ。


キャッチコピーと同じように、企画書の文章の流れも、「読む人に興味をもってもらう(引き)」「優位性を伝える(特徴)」「興味をもってもらう(説明)」の3つのブロックを骨組みにすることで、手早く作成できる。


ネット副業をするなら、まずライバルが少ないことが大前提です。ライバルが少ない副業には、参入しにくい理由があります。たとえば「技術が高すぎる」「時間が足りない」「人脈がない」「小規模すぎる」「マイナーすぎる」などです。とくに「小規模すぎる」「マイナーすぎる」は発想次第で乗り越えられます。


常識にとらわれない、普通とは逆の発想が必要です。輸入が主流なのに輸出をしたり、資金がないのに高級ブランドを無在庫出品したり、真冬なのに水着を出品したり……。最初からみんなが選択肢から外してしまうようなことを、「実際はどうなのか?」と考えたり調べたりすれば、意外とチャンスが見つかりますよ。大切なのは挑戦です。人が集中する激戦区で歯を食いしばって頑張ることではありません。


まずは中学受験に失敗しまして、公立高校に進学したんですが、高校時代もバイトに明け暮れていたんで、入れたのは本当に無名の大学でしたね。その後、出版社へ就職したのですが、高学歴で優秀な先輩や同僚に囲まれ苦労しました。彼らは頭がいいうえにパワーもガッツもある。同じ土俵で勝負しようとしても、勝てるわけがありません。バカにされながらも毎日毎日、現行を書き続けていたんですが、あるとき編集長に記事を褒められて、ようやく編集部内で自分の立場を確立することができたんです。


竹内謙礼の経歴・略歴

竹内謙礼、たけうち・けんれい。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、雑誌編集者を経て、観光牧場「成田ゆめ牧場」の企画広報、通信販売事業、実店舗運営などの業務に携わる。同牧場の楽天市場でのネットショップは3年で年商1億円を突破し、楽天から「ベスト店長賞」を受けた。その後、「いろは」を設立。企業コンサルティングや執筆活動を行っている。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』『安売りしないでお客をガッチリつかむ技術』『会計天国』『行列ができる「売り方」お悩み相談所』ほか多数。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

従業員第一といっても、甘やかすわけではありません。当社を選んでくれた人を立派な社会人として育て上げる。そのためには厳しい指導も必要になります。成長したいという従業員の気持ちに応えるために、その場をどれだけ提供できるか、経営者は常に考えなければなりません。


さだまさし

お客さんと向かい合って、「今日のコンサートが、ラスト・コンサートとなっても恥ずかしくないステージをやろう」というのが今の自分のテーマ。


進藤晶弘

できない理由を並べるのではなく、できる方法を考える。このあたりの発想が、起業家であるかないかの違いかもしれません。


ロバート・ルイス・スティーブンソン

どんな重荷も夕暮れまでならだれでも背負える。どんなにきつい仕事でも一日だけならだれにでもできる。日が沈むまでなら誰でも優しく辛抱強く愛に満ち溢れ、純粋に生きることができる。これこそ人生というものだ。


益子修

トライトンはいままでにないデザインで、新しいライフスタイルを提案したクルマです。我々は他社が手掛けていない、新しい市場にも挑戦していかなければなりません。
【覚書き|タイで発売した新型ピックアップトラックのトライトンについて語った言葉】


三谷宏治

ある方法論を本当に理解したいなら、それを他人に教えることが最短の道です。職場で仲間を集めて勉強会を開き、そこで教えることから始めましょう。


笹野高史

僕が『男はつらいよ』に出演する際は、前日に撮影現場に入って、明くる日、出番をワンシーン撮り終えたらすぐに帰るのがつねでした。帰り際、渥美(清)さんに挨拶にいくと、「おっ、笹野ちゃん、もう帰っちゃうの?いいねえ、美味しいところだけをサッともっていってスッと帰る。俺も本当はそうなりたかったなぁ」なんておっしゃる。そこには、国民的な映画を背負い続けた渥美さんの本音が、幾分か含まれていたのかもしれません。僕はその言葉を聞いたとき、「そこまでおっしゃってくださるのなら、徹底してやろう!」と誓ったのです。それ以来、僕は自ら「ワンシーン役者」を標傍し、それを誇りとするようになりました。


樫尾和雄

これまで蓄積してきたノウハウを生かし、他社がマネしたくてもマネできない製品を作っていく。それが、企業として優位性を持ち、生き残っていくためには欠かせない。


中井政嗣

部下に対するときの私のスタイルは一貫しています。叱るときは部下の親か兄のつもりで叱ります。場合によっては「いいか、お前の親の代わりで言うぞ!」と前置きしてからカミナリを落とします。「こいつには何とかわかってほしい」「よくなってほしい」という肉親同様の気持ちがベースです。ですから、きつく言えば言うほど迫力が出ます。「ようやったな。できるやんか!」と褒めるときは「千房社長」という肩書で褒めるのです。これを逆さにしたら効果はありません。


岡本太郎

芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。芸術に憧れたり、恐れたり、糾弾したり、追いかけたりしている間は、まだ本当の芸術に到達することはできない。


笠鳥高男

研修は、学びを実践に移さなければ何も変わりません。「いい話が聞けました。これからの参考にしまーす」などと言って流されると、「ああ、何も変わらないんだな」と泣きたくなるほどつらくなります。


郡山史郎

今年で82歳。普通は隠居する年齢なのでしょうが、私はまだまだ現役のビジネスマンです。なぜ80歳を過ぎても働くのか。答えは「楽しいから」です。たしかに定年後は体力も落ち、できることも限られてきます。しかし、高齢者になってわかったのは、「定年後」の労働の楽しさ。ローンや子育て等の心配ごとが減り、時間や心の余裕ができ、やりたいことを存分にできる。