名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹内義晴(人材育成コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹内義晴(人材育成コンサルタント)のプロフィール

竹内義晴、たけうち・よしはる。日本の人材育成コンサルタント、ビジネスコーチ。「テイクウェーブ」代表。新潟県出身。自動車メーカー勤務、ソフトウエア開発エンジニア、同管理職を経て独立。そのほか、NPO法人「しごとのみらい」理事長を務めた。

竹内義晴(人材育成コンサルタント)の名言 一覧

こちらの「ありがとう」と言う言葉で相手が喜ぶ、その姿を見てこちらも嬉しくなる。相手も自分も変化して行く感覚が楽しくなり、相乗効果が生まれる。


感謝しようなどと大上段に構えなくとも、小さなことでも「ありがとう」と声をかけ合うことで一体感が生まれれば、自ずと感謝する心が生まれ、それがさらなる一体感につながる。


以前IT系企業のシステム関係のプロジェクトを任されたことがあります。IT系には技術者が多く個人主義的な人が多い。どうしても職場が渇いた雰囲気になりがち。そこで小さなことでも「ありがとう」の言葉をかけ合うようにしました。最初は皆戸惑っていましたが、職場の雰囲気が変わり、モチベーションが高まった。結果として顧客からの評価もあがりました。


竹内義晴(人材育成コンサルタント)の経歴・略歴

竹内義晴、たけうち・よしはる。日本の人材育成コンサルタント、ビジネスコーチ。「テイクウェーブ」代表。新潟県出身。自動車メーカー勤務、ソフトウエア開発エンジニア、同管理職を経て独立。そのほか、NPO法人「しごとのみらい」理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木与平(8代目)

おかげさまで今、インバウンドで大化けしていますが、そもそも我々は、百年の計を考えたら静岡県に住む人にとって大変な財産になると思い、サポートしたわけです。
【覚え書き|静岡空港を支えてきたことについて】


鎌田和樹

かつてと違うのは、流行の動線が一つでなくなったこと。昔はテレビで紹介されることが流行する条件でしたが、ピコ太郎は米人気ミュージシャンのジャスティン・ビーバーがツイッターで面白いといったから世界中に広がった。どこから火がつくのか、いまはわからない時代です。


野村博(経営者)

製薬会社が医薬品だけを手掛ければいい時代は終わりました。医薬品に近い「フロンティア領域」で新たな事業のタネを探すのも使命です。生体信号を活用したデバイスやアジアでの病院経営、医療ツーリズムなどアイデアとしては何でもありです。患者の役に立つ事業を幅広く考えていきます。


吉田たかよし

メンタル面の不調は、仕事の中身にも特徴のある影響を及ぼします。うつ病の初期症状として典型的に現れるのは、些細なことでケアレスミスをすることです。もともと、そそっかしい人なら仕方ないのですが、そうではないのに急にミスが増えたら、うつ病の可能性があります。


小山昇

せっかく業務をIT化したのに、経理担当者は入金伝票・出金伝票・振替伝票を発行していました。「それはもうやめなさい」と何度となく注意しても、「不安だ」といって聞きませんでした。そこで私は一計を案じ、「わかった。そこまで言うのなら好きにして構わない。そのかわり、伝票を1枚発行するごとに10円払え」と言いました。次の瞬間、誰も伝票を発行しなくなりました。現金なものです。


松井忠三

マニュアルは決して固定化させてはいけません。世の中の変化や、社員たちの「もっとこうすべき」というアイデアに応じて変更し続けてこそ有用性が継続されます。組織のベストプラクティスを絶えず見える化して標準化させるPDCAが必須です。社員や店舗スタッフは随時、イントラネットに提案を書き込めるようになっています。その画面には「現在の問題点」と「それに基づく改善策」を書く欄があり、店舗を統括する課長がそれらを吟味して良いと思ったものを本部に送ります。そこで提案が通れば改訂へ。従業員自身が、業務改善の担い手なのです。


鳥原隆志

実は、「緊急度も重要度も高い仕事」よりも、「緊急度は低いが重要度が高い仕事」の方が優先順位は上。「緊急度は低いが重要度が高い仕事」は、戦略立案やマニュアル作成など、成果に直結したり、長期的に自分を楽にしてくれる仕事です。


佐久間俊行

経営者として、リーダーとして私がビジョンを明らかにすることも大切ですが、それと同じくらい大切なのが、スタッフ一人一人のビジョンやニーズに触れ、それに近づくために力を貸すことを厭わない姿勢です。私のチームのスタッフは誠実で、今までの人生でなんらかの成功体験がある。また、なければ、これからそれを作っていこうと考え、向上心を持っている人ばかりです。『チーム一撃(イチゲキ)』にないものは、まず私が率先垂範する。つまり、背中を見せます。そうすれば、自ずとチームはひとつになります。


寺尾玄

扇風機「GreenFan」を開発する際、流体力学を学ぶために専門書を読んだのですが、私が知りたかった「自然界と同じ風」を作る方法は、専門書にも書かれていなかった。自分が知らないこともあるけれど、専門家でも知らないことがある。まだ誰もチャレンジしていなかったのかもしれませんが、その意味では、私も専門家も同じ「知らない者同士」。それほど大きな差はありません。


梶原しげる

雑談だからといって雑に扱うことなかれ。会話はいつも真剣勝負。雑談は、相手との距離をちょっと縮める千載一遇のチャンス。


白川敬裕

その分野に関する概要がわかったり、土台さえ出来上がってしまえば、テレビや新聞、雑誌などを見たり読んだりしていても、それに関連する情報が向こうの方から飛び込んでくるようになります。赤を意識して家を出ると、赤いスカーフや、赤いバッグなど、赤いものがやたらと目につくようになるのと同じです。


井上高志

僕が繰り返し言っていることは「明元素でいこう」です。明るく、元気で、素直の頭文字をとって「明元素」です。ポジティブで建設的なコミュニケーションが大事だと。