名言DB

9412 人 / 110637 名言

竹内洋岳の名言

twitter Facebook はてブ

竹内洋岳のプロフィール

竹内洋岳、たけうち・ひろたか。日本のプロ登山家。東京都出身。立正大学仏教学部卒業。日本人で初めて8000メートル峰全14座の登頂に成功。文部科学大臣顕彰・スポーツ功労者顕彰、植村直己冒険賞、秩父宮記念山岳賞を受賞。

竹内洋岳の名言 一覧

「そんなものはないだろう」と想像をやめたらそこでストップしてしまう。


いかに細部まで想像できるかどうかを、登山家は競い合っているようなもの。そして、より多く想像できた者が登山に成功する。


考えた想像をどんどん修正していくことが重要。「このルートで登りたい」という願望から始まった登山でも、どんどん変わっていい。「計画通りにいかなかったら失敗」という考えは、少なくとも登山の世界にはありませんから。


山はどれも違うから、過去の登山の経験は役に立たないし、同じ山に再び登るとしても、天気から何からすべてが異なる。むしろ、「前回の登山ではこうだったから、今回もこうなるだろう」と引きずりがちな分、厄介な存在。判断を惑わせるバイアスでしかないんです。


「危ない」「大丈夫そうだ」という感覚が登山ではすごく大事だと思う。だから、好条件のデータが揃っていても、その場で「何かおかしい」と思ったらすぐに引き返しますよ。逆に悪条件のデータばかりでも、「いや、いけるな」と感じたら、躊躇せずに行く。


「途中下山=登頂を諦めること」ではありません。その山に登ることを一時やめはするけれど、諦めているわけではないという意味です。下りて、その山に二度と来ないのであれば諦めたことになるけど、再び挑戦するから、その途中下山は登るためのプロセスなんです。


事前にとにかく想像し尽くすんです。登山は想像力がとても問われるスポーツ。それこそ、「どの山に登ろうか」に始まり、「その山に登るのはいつか」「誰と一緒に行くか」「どんな道具が必要か」「どのルートにするか」……と最初は自分の願望から想像を始めていきます。


山の天気を私専門に予測してくれる気象予報士さんがいて、その精度はとても高い。だからといって、100%それに従うわけではありません。自分の目で空を見て、雲の様子や風の向きなどを考慮して、総合的に判断します。計画よりも、むしろ必要なのは、登山中の変わりやすい天気に自分のコンディションをいかに合わせられるかというスキルです。


竹内洋岳の経歴・略歴

竹内洋岳、たけうち・ひろたか。日本のプロ登山家。東京都出身。立正大学仏教学部卒業。日本人で初めて8000メートル峰全14座の登頂に成功。文部科学大臣顕彰・スポーツ功労者顕彰、植村直己冒険賞、秩父宮記念山岳賞を受賞。

他の記事も読んでみる

赤塚保

ビュッフェスタイルは焼き肉や寿司などで過去に流行った業態でしたが、味の点と健康志向という時代の流れに乗り遅れていた。そのあたりを修正すればいけると判断しました。
【覚書き|野菜をメインに健康志向を前面に押し出したビュッフェスタイルの店「三尺三寸箸」が繁盛したことについて語った言葉】


浜口隆則

高額なオフィスや人件費で経営が圧迫されるケースは多いです。個人開業なら外部委託で固定費を抑え、会社を大きくしたい人のみ、最低限の雇用を。得意分野の異なる人を選べば、チームの総合力が上がります。友人との起業は仲違いする覚悟が必要。最初に役割分担と責任範囲を決めましょう。


ジム・ロジャーズ

どの投資家も、自分がよく理解しているものに投資すべきだ。私や他の人の意見を聞くべきではない。意見を言っているのが、日本経済新聞の紙面やテレビ東京の番組に登場している専門家やニュースキャスターであってもだ。


生田絵梨花

「できない」って口にするのは簡単なんですけど、挑戦してみたら意外とできることって多いと思うんです。だから、キツい状況になったときはこのフレーズ(『制服のマネキン』の歌詞)を思い出すようにしています。メンバーとの会話で「できないんじゃなくて、やってないだけだよ!」って言い合ったりもするんですよ(笑)。


吉村久夫

人類の生存の鍵を握る「創意工夫」の中で、いまやハードよりもソフトがより大事になっているように思われる。新しい技術を人間社会に役立つように使いこなすために、それにふさわしいソフトウエア、制度が必要になっているように思うからである。


ファンキー加藤

「斜に構えた姿勢のまま大人になった人は、どうすれば抜け出せますか?」と聞かれて、つい沈黙してしまったんですよね。誠実に考えれば考える程、自分もそうだったから、簡単に「もっと前向きになろうぜ!」「頑張ろうぜ!」とは言えないですよ。どこかで抜け出さなくてもいいんじゃないかとも思っているから。それでもライブに足を運んでもらえれば、何か1つきっかけとなるようなメッセージを伝えることができるかもしれません。たぶんそれは、現時点での自分の100%を出し続けろってアドバイスになります。


南谷三世

ある雑誌で「海外ドラマのDVDで英語を学ぶ」という記事を見て、「これだ!」と思いました。主婦で子持ちになってからの勉強なので、楽しく続けられることが最優先だったのです。
【覚書き|30代になって英語学習に熱中するきっかけについての発言】


熊谷眞一

自分で自分の限界を決めないでほしい。相対的積極というのが一番よくない。「これぐらいの給料だから、これぐらいの仕事で十分だ」というのでは、自分の能力を伸ばせないし、会社もその人材を活かしきることができません。


星野佳路

危機感をもって自分を鍛える。そのためのツールとしてライバルが必要なわけです。スポーツや勉強と一緒です。


松下幸之助

商売というものは、売る方も買う方も双方が喜ばなければいかんものです。買った人は、こういうものが買えて良かった、大変便利だとか、豊かになったとか、そういう喜びを持つ。売った者も、その喜びを感じてもらうと同時に、利益も残ったというふうにね。


唐沢寿明

ああしよう、こうしようと演じるよりも、役作りは「第一印象」を大事にする方が自然。


滝野一征

優秀な人は、優秀な人と一緒に仕事をしたがる。


心屋仁之助

憂鬱になりがちな人は、自分の評価をすべて人に委ねる傾向があります。人にどう思われようと自分で自分を尊重できるだけの基盤がないのです。憂鬱から抜け出すには自信という基盤が必要ということになります。


ニーチェ

総じて値段がつくものは、すべて価値のないものである。


松原弘典

もともと大学時代からいろいろなところを旅行して、建物を見て回ることが好きだったんです。私は大学には修士を合わせて8年間籍を置いたのですが、そのうち2年は休学して、バイトをしては海外に出かける、ということを繰り返していました。横浜から船に乗ってナホトカに行き、シベリア鉄道でロシアを抜けてフィンランドまで行って、ヨーロッパからアフリカに渡る、みたいな旅です。その中で一番印象的だったのが、ロシアと中国だったんです。とりわけ中国は、建物がたくさん建っているけど、いい建物は1つもない、という状態でした。

【覚え書き|中国に渡った理由について】