名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹内明雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹内明雄のプロフィール

竹内明雄、たけうち・あきお。日本の経営者。「竹内製作所」創業者。長野県出身。地元メーカーを経て竹内製作所を設立。

竹内明雄の名言 一覧

現場主義がとにかく大事だと思ってこれまでやってきました。おカネを生むのは現場ですから。開発中の製品はすべて私の頭の中に入っていますよ。そうじゃないと技術者とはいえません。デスクにいるのは書類にハンコを押すときくらいです。


体が動くうちは社長の職を全うしていくつもりです。精いっぱいやっていれば、次世代が自然と私の背中から経営のやり方を学んでくれるのではないでしょうか。


長野でのモノ作りへのこだわりはあります。ここで生まれ育ったんだから、少なくとも私の時代、どこか別の場所に行こうとは思いません。海外の顧客にも「日本製だから」という信頼感があります。世の中にない新しい製品、機能を生み出す、という点を重視してきました。


海外進出は、最初は難航しました。出張経費もかさむので現地の人材に多くを委ねるようにしました。そしたら、ぼつぼつ軌道に乗り始めたんですね。あまり意識していませんでしたが、現地への権限委譲が進んだんですね。今でいうグローバル経営を実践できたのだと思います。


売上高1000億円という大台の突破に向けて、M&A(合併・買収)や専門性に優れた他社との提携も視野に入れています。具体的な案件は決まっていませんが、いずれはクルマだけでなく建機にもやってくる電動化や自動化への対応も含めて、必要な手を迅速に打っていきます。


1971年にミニショベルを開発した当時、ウチのは重量が2トンでした。他社のはみんな数十トンクラス。にんなおもちゃをどうするんだ」なんて陰口もたたかれましたよ。でも、今では大型よりもミニのほうが目立つようになりましたね。自前の販売網がなかったので、OEM(相手先ブランドによる生産)もやりました。しかしミニショベルというマーケットが確立すると、多くの企業が参入してきました。これではいかんと、いち早く海外に目を向けたわけです。


竹内明雄の経歴・略歴

竹内明雄、たけうち・あきお。日本の経営者。「竹内製作所」創業者。長野県出身。地元メーカーを経て竹内製作所を設立。

他の記事も読んでみる

町田勝彦

2005年までに国内で売るすべてのテレビを液晶に置き換えるという発言は勇気がいりましたが、十年後のシャープを考えるとそうするしかないと思いました。世界に顔が見えて、ブランドイメージの高い会社にするためには、それくらい思い切った決断が必要でした。実際、液晶という四半世紀も続いた技術があり、そこに優れた人材がいるのはわかっていましたから、これを使わない手はない、液晶にかけてみようと思ったのです。


近藤正樹

コーヒーは信用のビジネス。電話一本で約束したことは絶対に守る。
【覚え書き|三菱商事でコーヒー事業に携わった時を振り返っての発言】


曽野綾子

歳を重ねると、いろいろな能力がだんだん衰えてきます。昔のようにできないと思うと苦しくなりますから、その時、その時、その人なりにできることを面白がってやればいい。


武宮正樹

碁もビジネスの世界もまだまだ分からないことだらけである。未来には無限の可能性があるので、世の中の人が喜ぶような商品がまだまだ出てくるはず。人類の知恵はこんなものではない。企業家は、人が喜ぶような新しいサービスを発見して欲しい。


坂本孝

アカデミーではシェフがよく育っています。一人前になるのに10年かかるといわれていますが、実際には20か月で副店長のレベルは軽く到達できます。皿洗いを3年間もさせられている状況では、優秀な人材でも心が折れてしまう。


午堂登紀雄

タイムマネジメントとはモチベーションマネジメントそのものです。やる気さえあればたいていのことはできる。でもやる気がなければ、どんなに時間術を駆使しようと何もできません。


ジェイ・エイブラハム

その市場で見込み客に最大の利益をもたらせる取引相手は自分しかいないということを、心の底から信じることが重要だ。なぜなら、心から誠実に接しなければ、それ以上取引を続けることは自分の良心に背くことになるからだ。


永守重信

メーカーがモノづくりを捨ててはいけない。


矢野博丈

努力は大切だけど、決して努力が万能ではないということも知っておかなければいけない。いくら努力してもダメなときはダメ。努力ですべてが解決すると思うのはおこがましいこと。


塩田武士

出版業界の市場規模はピークの20年前に比べると1兆円減っています。そのぶん小説の、活字による喜びは減っているということなんです。それは仕方がないよねって、心を折るなんてことは論外です。とにかく面白い小説を書くこと、これまでに成功してきた過去の雛形を捨てて新しい小説の可能性を探ることで、活字の魅力をアピールしたい。世間に様々な娯楽があるなかで、小説がもう一度、人々の選択肢の中に入ってきてほしいんです。


武井壮

技術を習得する前に、自分の体を自分でコントロールする力を磨くことが、なりたい自分になるための近道。


西川八一行(西川康行)

40代は20~30代のように「気力」や「根性」だけで乗り切ろうとせず、「健康第一」を心掛けた方がいい。ベストの仕事をするために、まずは自分の体を見直しましょう。