竹内敏晃の名言

竹内敏晃のプロフィール

竹内敏晃、たけうち・としあき。日本の経営者。「日本電波工業」会長。東京出身。慶応大学工学部卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。その後、父が経営する日本電波工業に移り、取締役を経て社長に就任。

竹内敏晃の名言 一覧

一所懸命働いている人は必ず誰かに見られていて、応援されるもの。


多くの方々に助けてもらって当社の今がある。やはり基本は謙虚と感謝。


個人も会社も、人様への感謝の気持ちをもっていなければ生き残ることはできない。


真面目さだけでは足りません。したたかさも大事です。真面目な努力としたたかさ。強さはいろんな努力をしてこそ作り出せるものだと思います。


相次ぐ危機の中で私は感じました。経営はあらゆる危機を想定して備えることだと。その備えが強さを生むもとになるのです。


世界で戦うには信用が第一。IFRS(国際会計基準)を他社に先駆けて導入したのはそのためです。


母は教育熱心でしたが、私の進路や就職に対する指導は全くなし。「男は自分で道を切り開く」。それが母のスタンスで、「努力をする者には必ず善報がある。努力に勝る才能なし」と口にしていました。天才物理学者・アインシュタインの台詞です。


母はともかく努力することの大事さを一生懸命伝える人でした。その言い方も洒落ていて「意志のあるところに道は開ける」という諺を「意志のないところに道はない」と言い換える。


「安全が大事だということをしっかりと現場の方々に教えてもらった。必ず現場の人の話をよく聞いてやらないとダメだ」と父は生前よく言っていました。私もその精神を受け継いで経営をしています。


コツコツと水晶の技術を積み上げていった生粋の技術屋だった父と、才女でありながら努力家でもあった母。2人から学んだものとして共通していることは、どんなことにでも一生懸命に取り組む。それが大事だということだったように思います。また、どんな人に対しても、個人の尊厳を尊重し、接していたことも共通しており、大切な教えです。ものづくりの仕事に携わっているいま、母から教えられたことが自分の人としての基盤になっていると感じています。


父から子育てを任され、自分も勉強など努力を積み重ねてきた母。だからこそ、私がごまかしたり、嘘をついたときは怒りました。また、やってもいないのに「できません」と言ったり、手を抜いて妥協することも決して許さない女性でした。ただ、頭ごなしに怒るというわけではなくて「絶対できるでしょ?」「何でも努力することが大事なのよ」と諭すような語り口だったことを覚えています。さすがにこちらもそう言われると反省しました。それでも小さい頃は悪ガキだったので、事あるごとに怒られていた記憶の方が多いですが(笑)。


竹内敏晃の経歴・略歴

竹内敏晃、たけうち・としあき。日本の経営者。「日本電波工業」会長。東京出身。慶応大学工学部卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。その後、父が経営する日本電波工業に移り、取締役を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

秋元義彦

つつましくまちのパン屋を経営するのであれば私と家内の二人でできるけれど、事業拡大のためには社員の力が必要不可欠です。


渡文明

1年の入院生活後、復帰してすぐ、販売担当の役員にあいさつに行くと「1年なんて人生の中でわずか。一病息災という言葉もある。焦るな」と諭され、ジタバタしないことに決めました。それこそ「無為自然」で行こうと。


金澤悦子

仕事漬けの日々でしたから、友人も離れていきました。アウトプットのみを続けていたので、自分の引き出しは空っぽになっていく。身体が悲鳴をあげ、ようやく私は「頑張る」ことをやめることができたんです。


井川幸広

私自身、辛いときほど、原理原則を徹底してきました。


藤井聡

最近の心理学研究で分かってきたのは、人間を協力するか裏切るかで分析して初めて明らかになる社会構造がある、ということ。裏切り続ける人が多くなると、戦争が続いたり、泥棒が増えたり、嘘が蔓延する無秩序社会になる。一方、協力する人が多くなると秩序が保てて安寧の世界が訪れる。だから協力か裏切りかの二者択一の中で、「協力する力」を持った部族・集団が生き残り、裏切ることしかできない部族・集団より優位に立つことができた。こうして人類は協力することで進化してきたということが進化心理学という新しい学問から分かってきた。


安田隆夫

若い頃の私も、「相手のことを分かるようになる日が来るかもしれない」と、期待も込めて思っていました。しかし、それは錯覚であり、幻想だった。「やはり、相手のことは分からないのが当たり前。これが真理」だと確信しています。


堀尾正明

どんな会社でも30代というのは、「自分は出世コース(本流)を目指すのか、それとも傍流を目指すのか」という見極めをすべき時期なのではないでしょうか。そして、自分は本流タイプじゃないと判断したら、いつか傍流を本流にできるくらいに力をつけようと考えて、傍流の道を突き進むのです。


小林義雄(経営者)

「自分を売り込め」という点は時代が変わっても、決して変わることのない営業の真髄。


鈴木敏文

100円の商品を90円、80円にするのではなく、どうして150円、200円にして買ってもらおうと思わないのか。


鑄方貞了(鋳方貞了)

長年にわたって社長業をこなしてきた経営者には、事業欲の塊のような人が多いようです。そのため、社長を後継者に譲ってもなお、事業欲が収まらず後継者に口を出したくなってしまうのでしょう。口出しはあまりよくありませんが、事業に対する意欲自体は、無理に収めてしまうこともないと思います。本業は後継者に任せて、過大なリスクを負わない範囲で、新たな事業を立ち上げればいいのです。それには、本業に隣接する分野で、いわば本業にとってのパイロット事業としての位置づけで新事業を立ち上げるケース、あるいは本業とは全く関係のない、自分の趣味などから発想した新事業を立ち上げるケースなどが考えられます。


松井忠三

相手に何かを伝えるときに心がけているのは、本音で話すこと。


江崎玲於奈

若いころの私は、真空管の研究者でした。しかし当時、真空管の技術はすでに成熟化し、たくさんの優秀な科学者が先端の研究を担っていました。そこへもたらされたのが、20世紀最大の発明であるトランジスタです。私はいち早く真空管に見切りをつけ、トランジスタの研究に打ち込みました。


出口治明

失敗するのは当たり前。失敗を積んでいくうちに、人はだんだんと賢くなっていく。そもそも人生は、失敗の連続。僕もたくさん失敗してきた。


田中義剛

これからの時代、ひとつのことをやる時代じゃありません。二兎を追うものは一兎をも得ずじゃなく、二兎でも三兎でも追ってリスクヘッジをかけなきゃダメです。


佐々木正悟

仕事中に、「資料作成のついでにネット検索していたら、つい他の情報に目がいってしまって、集中できなくなる」という場合は、オフラインにしてネットをシャットアウトするのがもっとも有効な手段です。それでは必要な情報にアクセスできないと思うかもしれませんが、必要な情報は予め、オフラインで閲覧できるように、「Evernote」や「Pocket」などのツールを使って事前に保存しておくのです。つまり、情報を得て整理する時間と、それを使って作業する時間を分けて考えることが重要になります。


ページの先頭へ