名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹内一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹内一郎のプロフィール

竹内一郎、たけうち・いちろう。日本の劇作家、演出家。宝塚大学教授。福岡県出身。横浜国立大学教育学部心理学科卒業。「さいふうめい」の名で漫画原案者としても活動した。著書の『人は見た目が9割』がベストセラーとなった。

竹内一郎の名言 一覧

発信力を支えているのは受信力。人に伝達する能力が高い人は、情報を受け取る感度や観察力も高く、学んだことを常に活かしている。


書籍から学ぶのも結構ですが、その前に、自分の周りを見渡したほうが勉強になることもあると覚えておきましょう。


私はあるとき気づきました。内向的な性格は変えられないけれども、人前で堂々と話したほうが自分の考えが伝わりやすいのであれば、私は「非言語コミュニケーションの伝道師」の役割を演じればいいのだと。役者が今日は弁護士を演じ、明日はホームレスを演じるように、私も人前で話すときは伝道師を演じればいいのだと。


常に話しかけていい雰囲気を与えながら、ときには自分から部下の席を周り、「何でも私に相談しなさい」と言える上司こそ「大物」です。こうした受診力の高い人は、部下からも信頼されます。相手に対して心を開く姿勢が、大人に見られるということでもあるのです。


相手が求めていることに対する受信力の低い人には、往々にしてある特徴があります。それは、しばしば「話しかけないでオーラ」を発しているということ。周囲との関わりを避けようとするのは、自分だけの時間が心地よいからです。自分の席から動こうとしない上司、部下を自席に呼びつける上司も同様。本人は威厳を見せているつもりでも、自分の縄張りから出ようとしない人は、「小物」の印象を与えるだけです。


非言語コミュニケーションというと、表情や立ち居振る舞いなど、自分から発信することにばかり意識が向きがちです。しかし、非言語コミュニケーションを円滑に進めるには、相手の表情やしぐさなどを観察し、相手が求めていることを受信する力が不可欠です。自分が話していることを相手が理解できていないとき、それは表情やしぐさに表われます。それにすばやく気づいて、「ご存知だとは思いますが、これは……」とさり気なく説明できる人こそが、受信力の高い人です。このような人は、心地よい人間関係を維持したまま、相手とのコミュニケーションを深めていくことができます。


役を演じることは、普段誰もがやっていることで、決して難しいことではありません。会社では課長の役を演じながら、家庭では夫の役を演じている人もいるでしょう。見た目を変えることも「演じること」だと考えれば、それほど難しくはないのではないでしょうか。


まばたきが多い人は自信がなく思われがちです。それを直すだけでぐっと印象はよくなりますが、自分でそのことに気づくのは難しいもの。「人のふり見て我がふり直せ」とはいえ、実際にはなかなかできることではありません。そのときに大事なのは、外からそれを指摘してくれる人を持つこと、そして尊敬できる人を見つけ、その人の立ち居振る舞いを参考にすることです。


長らくコミュニケーションの手段は言葉だけだと思われてきました。しかし、人は実際には言葉だけでなく、言語以外の情報のやり取りでお互いの意図を察し合い、お互いの意図を通じ合わせています。


近年、「見た目重視」の傾向がより強まっているのを感じます。「人は見た目で判断してはならない」という建前に対して、「やっぱり人は見た目に左右される」という本音が表に出てきた、ということでしょう。


私はコミュニケーションの専門家として、化粧品、保険、不動産など、さまざまな分野のセールスのプロに講演をさせていただくことがよくあります。そこでいつも感じることですが、売っている人ほどしゃべらない。ペラペラしゃべるよりも、お客様をしっかり観察して、話を聞いて、何を求めているかを受信することのほうが大事だということを知っているからでしょう。


見られることを意識し続けるのは難しいですが、たとえば身近にいる優秀な先輩、魅力的な上司を見て「いいな、自分もああなりたい」と思ったり、逆に「ああはなりたくない」と感じたりするのは自然な動機づけになるはずです。演技でもそうなのですが、第一印象も「真似」から入るのが一番です。


日本人相手であろうと、外国人相手であろうと、仕事というパブリックな場にいるときは、その場での役割を演じなくてはいけない。これが公私を分けるということの意味です。そこを押さえておけば大丈夫。


役割を演じればいい。たとえばアメリカ人と接するなら、アメリカ人のロールプレイングゲームに参加すると思えばいいだけです。言い方を変えると、アメリカのビジネス界のコミュニケーションはこうである、というコモンセンスに合わせればいい。


テレビに出ている人たちのように、見られることを意識して生活している人は、つねに磨かれているようなもの。美男美女ではなく、三枚目のキャラクターだと思われている芸人でも、魅力的な外見を持っているものです。


竹内一郎の経歴・略歴

竹内一郎、たけうち・いちろう。日本の劇作家、演出家。宝塚大学教授。福岡県出身。横浜国立大学教育学部心理学科卒業。「さいふうめい」の名で漫画原案者としても活動した。著書の『人は見た目が9割』がベストセラーとなった。

他の記事も読んでみる

鈴木茂晴

かつてのような株式の売買手数料中心から、どれだけお金を預けていただくかに、証券会社のビジネスモデルは大きく変わっています。そこでは顧客の立場になってものごとをとらえられる人間性豊かな社員が、粘り強く信頼関係を築き上げていくことが重要になります。ですから、そうした人材を育てて大切にしていく働き方にシフトするのは、当然のことなのです。


三谷宏治

世の中の消費の鍵を握っているのは女性です。男性より消費の感度が高いことに加えて、子どもの消費は母が、夫・彼氏の消費は妻・彼女が主導権を持ちます。食品や日用品、電化製品はもちろん、マンションや自動車などの大型商品まで、女性を意識した商品が多いのは、そのためです。女性の気持ちや感性がわかる人が商品開発に携わらないと売れません。


佐藤義雄

本格的に育成に力を入れ始めてから、営業職員の定着率は飛躍的に向上しています。


糸井重里

僕は、世の中がデフレになりかけた時期に、「安い、安いでいいのかしら」という百貨店の広告を作ったことがあるんです。このときにはすでに広告コピーまで「安い」が最も効果的な言葉になってしまっていました。けれど、「安い」ことが一番の価値なら、広告をするより値段を下げたほうがいいし、そうした「安い」を追い求める流れが、いい流れのようには思えませんでした。「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」で最初のTシャツを作ったときも、たくさん作ったことで原価は安くなったけれど、安さで勝負する気はなく、やっぱり動機が大事だったんです。仲間と一緒に着られるTシャツを作りたい。その時に、買ってくれる人がいると原価が下がるから、よかったら買いませんか?というくらいの気持ちでした。そしたら、欲しいと言ってくれる人がけっこういた。3000枚売れたのですが、まさかそんなに売れるとは思っていませんでした。


マイケル・デル

「すること」を決めるのは簡単だ。難しいのは「しないこと」を決めることだ。


遊川和彦

今、作る人は「伝える」ということをあんまり意識していない。それがダメだと思うんです。どんなことでもいいんですよ、別に。


糸井重里

時価総額が上がるのは結果であって、それが目的じゃない。


永守重信

私は、事前には可能性が低いと予想されていたブレグジット(イギリスのEU離脱)についても、実際に起きた時にどんな影響が出るのかを予測し、プラスとマイナス面を徹底して調べていた。


馬城文雄

単なる能天気では困るわけですが、悲観していても何も始まりません。私は、社内で何か言う時は、最後はいつも「会社も家庭も明るく」と言って締めることにしています。


吉永泰之

自動車産業全体で見れば、スバルのような個性ある会社が存在した方が面白いはずです。クルマというのはファッション産業に近いところがあります。いろいろなブランドや個性的な商品がある中で比較し、選択できるから、愉しんでいただける。同質競争と寡占が進み、例えば世界に自動車メーカーが4社になってしまったらどうなるでしょうか。既成の制服しか選択肢がなくなれば、消費者は服そのものへの興味を失ってしまうでしょう。


近田哲昌

信頼関係は一朝一夕にはつくれません。コミュニケーションを積み重ねていくしかない。


川村元気

企画を立てるときに、上司より先に意識しているのは観客です。観客はちょっとした記事や広告で、その映画を見るかどうか判断します。一枚の企画書で、上司を説得できないなら観客を映画館に呼ぶことは無理だと思っています。