名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹内一正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹内一正のプロフィール

竹内一正、たけうち・かずまさ。日本のビジネスコンサルタント。岡山県出身。徳島大学大学院工学研究科修了。米国ノースウェスタン大学客員研究員、松下電器産業(のちのパナソニック)、アップルコンピュータ、日本ゲートウェイなどを経てメディアリング社長を務めた。その後、ビジネスコンサルタントとして執筆などを行った。著書に『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』『心に火を付ける名経営者の言葉』ほか。

竹内一正の名言 一覧

身の丈に合った経営を社員中心ですれば、利益はついてきます。


どんな商品も、世に出した瞬間が価格が最も高く、時間とともに下落する。ピークを過ぎれば過剰設備となり、経営を圧迫してしまいます。


組織の本流を上がってきた人というのは、上司の都合に合わせてきただけの人です。傍流にいたからこそ、上の意向や長い伝統に縛られない人材に育つ。


人材は傍流でこそ育ちます。


目立たない仕事がキチンとできてこそ、リーダーが安心して活躍できる。


ビル・ゲイツには見習うべきところもある。それは「お金に踊らされない」こと。普通億単位の金を手にすると、有頂天になり、生活が派手になる。そして自分の身を破滅させるものですが、ゲイツにはそうした慢心が一切見られません。事業で自己顕示欲を満たしたいだけで、金に興味がないんでしょう。逆説的ですが、金に執着しないことが、金持ちになる最大の秘訣なのかもしれません。


竹内一正の経歴・略歴

竹内一正、たけうち・かずまさ。日本のビジネスコンサルタント。岡山県出身。徳島大学大学院工学研究科修了。米国ノースウェスタン大学客員研究員、松下電器産業(のちのパナソニック)、アップルコンピュータ、日本ゲートウェイなどを経てメディアリング社長を務めた。その後、ビジネスコンサルタントとして執筆などを行った。著書に『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』『心に火を付ける名経営者の言葉』ほか。

他の記事も読んでみる

小杉竜一

僕らの仕事は出たとこ勝負。特にツッコミは瞬間的にパッとうまいこと言えるかどうかが勝負だから、いくらやっても細かい反省はなくならないですね。


鎌田浩毅

僕はノートをたくさんつくって準備するけど、内容を頭に入れたら、書いたものは捨ててしまいます。極端な言い方かもしれませんが、アウトプットのためのノートは、残してはいけないんです。僕の場合は、最終的なアウトプットは論文や著書、講義というかたちになって残りますから、途中のものは残しておく必要がない。


小宮一慶

どうしても上司の言うことを聞かない部下がいたならば、周りを動かすことです。たとえば、電話の対応がお粗末な部下がいた。その場合、電話の対応が上手な部下2、3人に電話がかかってきたら呼び出し音3回以内にとり、切るときは、ありがとうございましたと言うよう、電話対応の基本を実際に示してもらいます。それを何度も繰り返せば、言うことを聞かない部下も、それに倣うようになります。それでもダメな部下は、自分から辞めていきます。


ロバート・キヨサキ

一度の失敗や間違いにめげてはいけない。そこから何かを学び、次に活かすことを考えてほしい。私だってここにたどり着くまで、いくつもビジネスを失敗させてきた。それは大変な道のりで、誰もがマネできるとは思わないが、「行動」は誰にも起こせるはずだ。


こだま(作家)

人と顔を突き合わせることに苦痛を感じる私にとって、書くことは救いでした。話すことは苦しいけれど、文字ならば心の内を伝えられる。子供の頃は日記帳だったものが、いまではブログや同人誌、そして商業誌や書籍に変わりました。書くことによってたくさんの人と繋がることもできた。言いたいことを思う存分言える性格だったら、書く世界に足を踏み入れてなかったと思う。口下手でよかったと思えるようになりました。


徳岡邦夫

伝統を頑なに守ることだけが大切なのではないと思います。それよりも何が大切なのかを見極めたうえでその本質を伝えていけるよう、それ以外のものを変えていくことの方が重要ではないでしょうか。


向井理

大切なのは、設定した目標に向けて小さな一歩を踏み出すこと。目的意識を持って行動していれば、次のステップにつながるきっかけに出合った時にも、それに食いつくか食いつかないか、すぐに選択できる。


吉野真由美

約束を突然反故にされてしまった。よくある出来事ですが、これを無理なく巻き返す方法があります。個人相手の場合は、情に訴えるのが最も効果的です。展示会への参加を募る電話勧誘を行っているとして、出席の返事をいただいたお客様から、「ごめん、明日の展示会に行けなくなっちゃった」と連絡が来たとします。「もちろんキャンセルはできます。大丈夫です。でも、お会いできなくてとっても残念です」と感情を表に出し、売り手と買い手ではなく、人間関係を継続するよう相手の良心に訴えるのです。相手の心に罪悪感が生じ、なんとか時間の都合をつけてくれるようになるものです。


樋口建介

何かを始めようとする時、壁はいくつも立ちはだかるんですが、いつも救いの手を差し伸べてくれる人は必ずいる。


江田麻季子

多くの問題について考え、決断しなければならない立場なので、時間がない中で、スケジュールまで自分で考えて決めていると、どうしても判断か遅れがちになり、その間、他の人の動きを止めてしまうことになります。組織のスピード感を考えると、経営者の関心事をフォローして、本人に代わって優先順位を判断してくれる補佐役を作っておくことが必要になってきます。


大前研一

日本人の情報に対するどん欲さが失われてきたのはいまから20年ほど前からだ。日本企業の旺盛な情報収集活動が産業スパイ扱いされ、風当たりが強くなったという面もあるが、経済大国化した日本にたくさんの情報が集まるようになったことが大きい。海外に出る日本人が急増して、海外ミッションそのものの希少価値も薄れていった。だが何よりも大きな理由として挙げられるのは、日本人の驕りである。


大倉忠司

私は青春とは年齢ではなく心のあり方だと思っているんです。「烏貴族」に最後まで夢を託しながら、一生青春で人生を終えられたら最高ですね。