名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹下佳江の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹下佳江のプロフィール

竹下佳江、たけした・よしえ。日本のプロバレーボール選手、バレーボール指導者。福岡県出身。高校卒業後、「NECレッドロケッツ」、「JTマーヴェラス」などで活躍。日本代表にも選ばれ、オリンピックや世界選手権でメダル獲得に貢献した。

竹下佳江の名言 一覧

どんな逆境も一つの試練と捉えられるような強いメンタルは、勝負強さに繋がり、技術だけでは届かない結果へと導いてくれた。


私だって人間だから、心が弱くなることもある。ただ、「メダルを諦めきれない」という執念が私を強気にさせた。


ケアやサポートをしてくれた監督やスタッフの力がなかったら、絶対にメダル獲得はなかった。


身体は小さくても、心はでっかく。


苦しんだぶんだけ人は成長できる。


身長159センチという弱点を武器に変えればいい、身長が低いからこそどんなボールの下にも滑り込んでやる。そう考えて復帰を決めました。


それまで寮と体育館を往復する生活で、バレーのことしか考えなかった。すると、いったんネガティブな思考に陥るとなかなか抜け出せないんです。それが地元で、介護福祉士を目指そうとハローワークに通ったりして、世間を知ることで視野が広がった。バレー界以外の人に会って話すことで、いろいろな考え方があるんだと、思考が柔軟になったように思います。また、大事な人とのつながりを改めて実感できたことも確かです。


身長が低いというコンプレックスがあるからこそ、プレーや強い心で勝負しなければいけないと覚悟したところから、私のバレーボール人生は始まっているんです。だからこそ技術を磨き、頭を使い、心が強くないと、バレー界では生きていけないと思ってきた。そのために、365日休みなく練習し、弱音も吐かなかった。


長いバレーボール人生、結果が出なくて辛い思いは数えきれないぐらいしてきたけれど、それらを乗り越えられる心を作ったのは、やはり、あのシドニー五輪の予選会での挫折です。心を強くせざるを得ない経験でした。


ロンドン五輪前、怪我を理由に、欠場するという選択肢は考えもしなかった。あったのは、「メダルを諦めきれない」という執念だけです。諦めきれないから、どうすれば痛みを抑えながらプレーすることができるのかという思考しか、頭に浮かびませんでした。


チーム力の向上は必須ですが、一方で一致団結と意識しすぎるのはダメな面もあります。「誰かがやってくれる」という個人競技にはあり得ない妥協が生まれるからです。自立した選手が何人コートに立つかが、チームの強さのカギ。


壁にぶつかって苦しんでいる後輩がいても、ある程度までは声を掛けないようにしています。すぐに助けてしまうと、いつでも助けてくれると思い、成長が止まってしまう。どうしても駄目なときに、何かのきっかけを与えるくらいでいいと思います。


私は159cmしかないので、バレーでは大きな弱点です。もちろん、そのことに悩んだ時期もありますし、周りから非難され、一時バレーから離れたこともあるほどです。ただ、転機となったのは、それを長所に変えるためにどうするか、と思考を変えることができたことです。


子供向けのバレーボール教室で教えていても、最初から答えを知りたがる子供が多いように思います。その際には、やはり自分で考えるよう仕向けることが大事だと考えています。


結果論かもしれませんが、やはりメダルを取った年はチームワークが良かった気がします。違いは、目標が明確だったかどうか。目標がしっかりしていれば、それに向かって走り続けることができますから。


ロンドン五輪は、年齢的にも自分にとって最後のオリンピックになるだろうなと考えていました。だから、いままで蓄積してきたものを一滴も残さずロンドンに置いてきたい、そう決心し全身全霊を傾けていました。


指の骨折くらいで諦めきれるほど、バレーボールに捧げてきた時間は薄いものではない。それに、チームの中心としてやっていたので、私のせいでメダルを獲るという計画を乱すわけにはいかない。そんな思いから、メンバーにもケガのことは知らせず、練習で痛みの出にくい角度を探ったり、体に痛みを覚えさせながら、トスを上げ続けた。出場する以上、弱音も痛みも外には出さず、やりきろうという思いで試合に臨みました。

【覚え書き|ロンドン五輪1週間前に左手人差し指を骨折したことについて】


竹下佳江の経歴・略歴

竹下佳江、たけした・よしえ。日本のプロバレーボール選手、バレーボール指導者。福岡県出身。高校卒業後、「NECレッドロケッツ」、「JTマーヴェラス」などで活躍。日本代表にも選ばれ、オリンピックや世界選手権でメダル獲得に貢献した。

他の記事も読んでみる

フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

合理的な計画を立て、冷静にそれを実行するには、酔っ払っていては無理だ。いかに優秀な人でも、アルコールにおかされていてはビジネスの成功はおぼつかない。人と飲み歩いている間に失われるビジネス・チャンスがどれほど多いことか。酔っ払って愚かな取引をしてしまう人がどれだけ多いことか。飲酒を好むビジネスマンは数多いが、飲んだくれていてはビジネスでの成功はおぼつかない。


植竹伸二

自らの専門分野以外のセミナーなどにも積極的に参加し、見聞を広めてほしい。そのためのバックアップもしています。


寺尾玄

世界は可能性で満ちあふれている。できないことは確かにあるかもしれないが、「絶対にできない」とは言い切れない。不可能を証明することは、不可能だから。つまり、可能性は常にあるということ。


中山マコト

上司の小言には、注意だけでなく期待も込められているもの。それを感情的に反論しても、上司の機嫌は悪くなるだけ。いったん上司の言葉を消化すること。


谷繁元信

やらされている感じで動いている人は、気づきにくい。それで、後々になってから「やっておけばよかった」と悔やむことになるのはもったいない。


斎藤英明(経営者)

戦略論の定石は自分の引き出しを増やすために絶対に知っておくべきものです。コスト、顧客、構造、競争、組織能力などの切り口で数多くの戦略論が存在しますから、ぜひ身につけてください。


ジョン・コッター

誰もが、リーダーとしての潜在能力を持っています。それが非常に小さい場合もあるし、大きい場合もある。そうした中からリーダーをつくるには、まずリーダーシップ能力がある人材を見つけ、次にそのスキルを開発する。さらにスキルを使える場を何らかの形で提供することが重要です。ほとんどの企業でこの点を実行していません。


金川千尋

未曽有の不景気が続く中で状況を的確に把握し、判断するための第一の基本は、「真に価値のある情報」と「雑音」を聞き分けることです。


藤田晋

仕事は1人ではできません。誰かと関わりながら進めていくものです。そこには当然、目に見えない、気持ちのうえでの「貸し借り」が生じます。この「貸し借り」の意識が低いと、「借り」であるはずの恩を、恩と感じなかったり、それをすぐに忘れたり、あるいは、なかったことにします。人間関係における「借り」は、返していく気持ちがないとトラブルを招きます。


吉田忠裕

現地の社員と語り合う場を設けています。例えば、中国の現地法人に行った時、私が席に着いた途端、ものすごい勢いで質問が始まりました。「お客様から価格が高いと言われたけれどどう改善すべきか」「リーダーになったばかりだが、どうやって組織をまとめていったらいいか」と。それに私はヒントやアイデアを与えるように答えていくんですが、このように彼らの口から出てくるのは実務に直結した悩みなんですね。通り一遍の質問など一つもありません。ですが、その日々の実務が理念の実践につながっているんです。


岡島秀樹

基本的に僕は楽しむことを前提に野球をやっています。野球は僕の仕事。それをどれだけ楽しくできるかです。


渡文明

人は本来、怠惰な生き物です。追い込まれない限り、なかなか爆発的な力は出ないものです。私は病気がきっかけでしたが、いまは自分を追い込むために、まず何かをやる前に言葉にして第三者に提言することにしています。口ばっかりのやつだと言われたくないから、がむしゃらに目標に向かうしかありません。その姿勢こそが強い意志と正しい結果につながるのです。