名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

竹下佳江の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

竹下佳江のプロフィール

竹下佳江、たけした・よしえ。日本のプロバレーボール選手、バレーボール指導者。福岡県出身。高校卒業後、「NECレッドロケッツ」、「JTマーヴェラス」などで活躍。日本代表にも選ばれ、オリンピックや世界選手権でメダル獲得に貢献した。

竹下佳江の名言 一覧

どんな逆境も一つの試練と捉えられるような強いメンタルは、勝負強さに繋がり、技術だけでは届かない結果へと導いてくれた。


私だって人間だから、心が弱くなることもある。ただ、「メダルを諦めきれない」という執念が私を強気にさせた。


ケアやサポートをしてくれた監督やスタッフの力がなかったら、絶対にメダル獲得はなかった。


身体は小さくても、心はでっかく。


苦しんだぶんだけ人は成長できる。


身長159センチという弱点を武器に変えればいい、身長が低いからこそどんなボールの下にも滑り込んでやる。そう考えて復帰を決めました。


それまで寮と体育館を往復する生活で、バレーのことしか考えなかった。すると、いったんネガティブな思考に陥るとなかなか抜け出せないんです。それが地元で、介護福祉士を目指そうとハローワークに通ったりして、世間を知ることで視野が広がった。バレー界以外の人に会って話すことで、いろいろな考え方があるんだと、思考が柔軟になったように思います。また、大事な人とのつながりを改めて実感できたことも確かです。


身長が低いというコンプレックスがあるからこそ、プレーや強い心で勝負しなければいけないと覚悟したところから、私のバレーボール人生は始まっているんです。だからこそ技術を磨き、頭を使い、心が強くないと、バレー界では生きていけないと思ってきた。そのために、365日休みなく練習し、弱音も吐かなかった。


長いバレーボール人生、結果が出なくて辛い思いは数えきれないぐらいしてきたけれど、それらを乗り越えられる心を作ったのは、やはり、あのシドニー五輪の予選会での挫折です。心を強くせざるを得ない経験でした。


ロンドン五輪前、怪我を理由に、欠場するという選択肢は考えもしなかった。あったのは、「メダルを諦めきれない」という執念だけです。諦めきれないから、どうすれば痛みを抑えながらプレーすることができるのかという思考しか、頭に浮かびませんでした。


チーム力の向上は必須ですが、一方で一致団結と意識しすぎるのはダメな面もあります。「誰かがやってくれる」という個人競技にはあり得ない妥協が生まれるからです。自立した選手が何人コートに立つかが、チームの強さのカギ。


壁にぶつかって苦しんでいる後輩がいても、ある程度までは声を掛けないようにしています。すぐに助けてしまうと、いつでも助けてくれると思い、成長が止まってしまう。どうしても駄目なときに、何かのきっかけを与えるくらいでいいと思います。


私は159cmしかないので、バレーでは大きな弱点です。もちろん、そのことに悩んだ時期もありますし、周りから非難され、一時バレーから離れたこともあるほどです。ただ、転機となったのは、それを長所に変えるためにどうするか、と思考を変えることができたことです。


子供向けのバレーボール教室で教えていても、最初から答えを知りたがる子供が多いように思います。その際には、やはり自分で考えるよう仕向けることが大事だと考えています。


結果論かもしれませんが、やはりメダルを取った年はチームワークが良かった気がします。違いは、目標が明確だったかどうか。目標がしっかりしていれば、それに向かって走り続けることができますから。


ロンドン五輪は、年齢的にも自分にとって最後のオリンピックになるだろうなと考えていました。だから、いままで蓄積してきたものを一滴も残さずロンドンに置いてきたい、そう決心し全身全霊を傾けていました。


指の骨折くらいで諦めきれるほど、バレーボールに捧げてきた時間は薄いものではない。それに、チームの中心としてやっていたので、私のせいでメダルを獲るという計画を乱すわけにはいかない。そんな思いから、メンバーにもケガのことは知らせず、練習で痛みの出にくい角度を探ったり、体に痛みを覚えさせながら、トスを上げ続けた。出場する以上、弱音も痛みも外には出さず、やりきろうという思いで試合に臨みました。

【覚え書き|ロンドン五輪1週間前に左手人差し指を骨折したことについて】


竹下佳江の経歴・略歴

竹下佳江、たけした・よしえ。日本のプロバレーボール選手、バレーボール指導者。福岡県出身。高校卒業後、「NECレッドロケッツ」、「JTマーヴェラス」などで活躍。日本代表にも選ばれ、オリンピックや世界選手権でメダル獲得に貢献した。

他の記事も読んでみる

小川善美

女性だからこそ、いろんな選択肢の中から選ぶ自由を持っていると思うんです。今の日本は超少子化国といわれているくらいですから、結婚して子供を産み、次世代を育てるというのも本当に重要な仕事だと思うんです。それに使命を感じる方は、もっともっとプライドを持ってやってもらいたいですし、逆に仕事で頑張るのも一つだと思います。この時代にこの国に生まれたメリットを活かして自分の進路を考えてみるといいのではないでしょうか。


井村荒喜

毎日の仕事の上で、私はわからぬことをわかったような顔をすることをしなかった。少しでも疑問があれば納得のゆくまで聞き出した。単に職務としてでなく、それもまた肝要な学習だと考えたのである。
【覚書き|中越水電支配人時代を振り返っての発言】


小林幸雄(経営者)

金融機関の考え方としては、「面倒なので壊してから経営に参画したほうがいい」となりますが、我々のように事業を手掛けている身からすれば、「倒産した会社を再建するほうが難しい」。一度倒産してしまうと、商権が失われ、失ったものを集め直すには、相当な努力が必要になりますから。


前田晃伸

部下の仕事に首を突っ込み、ガミガミ言えば、部下はもう、言われたことだけやろうと思います。仕事を任せてもらえなければ、いいものをつくろうという気持ちにはなりません。


吉本ばなな

『王国』シリーズを書いた30~40代の頃は、頻繁に本を出した方がいいよね、みたいな時期で。そのなかで、連作を書くことは、自分の中でも、ちょっと実験的なところがあったんです。思っていたとおり、爆発的に読まれるという感じではなかったけれど、かなり多くの方が今に至るまで、じわじわと読んでくださっているんですね。やっぱり続きものの魅力ってあるなと私自身も感じて。50代になったら、半分引退しようと思っていたので、制約のないその活動のなかで、それ(連作小説)をやってみようと思ったんです。今ならできるかなって。


マイケル・サンデル

既得権益を切り崩して進めるべき改革には、2つのポイントがあります。まずは、いくつかの分野でもう少し競争を促し、市場メカニズムを上手く使うことです。しかし、それだけでは十分ではありません。民主主義をもっと強化するためには、政府の持っている情報を市民や地域が共有する必要があります。そうした情報の共有なくして改革を進めることはできません。確かな情報もなく意思決定をしたり意見を述べたりすることは不可能だからです。


小暮真久

様々なことをやりながら、自分が本当にやりたいことを見つけ、実現するための力をつける。20代のうちにやっておかなければならないのは、こういうことだと思います。


松下幸之助

私が今日の大を成したのは、それはあらかた運ですね。一日一日を努力して生きてきただけのことです。強いて言えば、積み重ねがすべてです。人間万事、世の中すべては天の摂理で決まるのが90%、人間が成し得るのはたかだか10%ぐらいだと思っています。


中竹竜二

リーダーはみんなを「引っ張る」(リーダーシップ)だけではなく、メンバーが主体的に動けるよう、あえて黙って見守ったり、必要に応じて助言したりと「支える」(フォロワーシップ)側に回ることも欠かせない。強いチームを作るためには、両方が不可分な要素だと考えています。


永守重信

(日本電産が買収した)三協精機は、もともと600人辞めさせることが前提の再建計画でした。僕はひとりも切らずに、逆に3年間100人ずつ採用した。それで、閉めると言ってた工場がいま一番儲かってるんだから。従業員に一生懸命に働いてもらって、そのぶんのペイ(報酬・給料)はちゃんと払って大事にすることが、結果的には株主にとっても利益になるわけです。


森本千賀子

私が実行しているのは「朝活」です。長男が小さかった頃は仕事が終わると保育園にお迎えに行き、帰宅して夕食をつくり、お風呂に入れて寝かしつけてから、残った仕事や家事を片付けるという生活でした。でも次男が生まれると、このやり方では立ち行かなくなり、いろいろ試した結果、朝活にたどり着きました。夜、子供たちと一緒に寝てしまうのです。ただし5時間後に目覚ましをセットしておき、午後10時就寝なら午前3時に起きます。そして子供たちが起きてくるまでの間に、仕事の準備をし、家事を片付けるのです。これをすると、夜の、時から深夜2時という、睡眠におけるゴールデンタイムにしっかり眠れるため、睡眠の質がよくなり、生産性が高くなります。これは医学的にも証明されています。以前は夜にしていた家事も、朝に回しました。


テリー伊藤

熱い思いがある時ほど、空回りしてしまうもの。伝えたい気持ちを伝え切れず、全力を出せないまま終わったなと落ち込む。でも、それでいいんです。緊張感の中に身を置いた経験は、必ずその人を成長させているから。