名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

端木正和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

端木正和のプロフィール

端木正和、もとき・まさかず。中国人経営者。「サーチナ」創業者。中国福建省出身。亜細亜大学法学部卒業後、商社勤務、輸入業などを経て中国情報局(のちのサーチナ)を開設。また、財団法人恩来教育基金を設立し、代表を務めた。

端木正和の名言 一覧

中国の中間層は、いわれているほど日本に対して興味を持っていません。だからこそ日本から中国に対してもっと発信しなければいけないんです。日本人はあまりアピールしないですね。一方で13億人いる中国ではアピールしないと存在さえ認めてもらえない。これが大陸文化なんです。


端木正和の経歴・略歴

端木正和、もとき・まさかず。中国人経営者。「サーチナ」創業者。中国福建省出身。亜細亜大学法学部卒業後、商社勤務、輸入業などを経て中国情報局(のちのサーチナ)を開設。また、財団法人恩来教育基金を設立し、代表を務めた。

他の記事も読んでみる

山口拓朗

人は言葉でものを考え、言葉でコミュニケーションを取ります。そして、言葉とは「語彙力」です。「知識としての語彙力」ではなく、「実際に使える語彙力」をどれだけ持ち、そのうえで相手に合わせて多様な使い分けができるか――。言葉自体やその使われ方を知り、豊富な語彙のバリエーションを持っていれば、どのような場面においても、正確かつ丁寧で、気持ちのよい意思疎通が誰とでもできるでしょう。


石橋信夫

ここまで大きくなったら社会の公器や。3万人の社員のうしろには家族がおるやろ。協力会社も、取引先もあるやろ。そんな大勢の人に迷惑をかけることは断じてできへん。だから、会社を頼むな。
【覚え書き|社員が3万人を超えたときに後継者に語った言葉】


ビンセント・ショーティノ

日本は前例やお墨付きを重視しますので、まったく新しいビジネスモデルをなかなか受け入れてくれません。まず最初に海外にパートナーや顧客を作り、そのあとで日本に持ち込むというオプションも検討すべきでしょう。


若園浩史

最初の頃は、単純に遊び呆けることが楽しいけど、次第に飽きて、真剣に打ち込めることや、周りに認めてもらえることが楽しくなる、というのは良くある成長パターンのひとつ。その時その時、心から楽しいと思える事をしていくと、早く成長できるような気がします。


板倉雄一郎

株を購入するときに、「アナリストが推奨していたから」「いま流行っているから」。そんな表面上の理由で株を購入して満足する人が多いのは嘆かわしいことだ。株を買うときに大事なのは企業の「本質」を見抜くことだ。そして、それは決して難しいことではない。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

妻や子供にねだられてつい奮発、ということが続くと、貯蓄はできない。年間の予算を決めて、その範囲で楽しむようにすれば貯蓄と両立できる。


深谷かほる

『夜廻り猫』は、実は息子が入院しまして、そのお見舞いに描き始めたんです。息子がそれを、ツイッターに上げればいいじゃないと。ありがたいことに最初から想像以上の反応をいただきまして、皆さんのおかげで更新し続けられました。


安川英昭

常にスピードを考えている私にかかると、遅れているプロジェクトの問題点はすぐにわかってしまいます。たとえば、インクジェットプリンタの開発では、一号機の開発は早かったのに、二号機は二年もたってもできずにライバルに後れを取りました。変だなと思って開発の現場に行くと、ノズルの穴が開かず、苦労していました。そこで社内から時計の技術者(開発・設計する人)と技能者(製造する人)を連れて来たら、たちまち問題は解決しました。


森正文(経営者)

人生にはいいときも悪いときもあります。大変なことや辛いことがあっても、何とかなる。その覚悟さえあれば、必ずや光明が見えてくると信じています。


藤本隆宏

欧米型、中国型の「頭を使う戦略」「弱いものに楽に勝つ兵法」から学びつつも、それを鵜呑みにせず、いわば宮本武蔵流の「体を鍛える戦略」をミックスし、バランスをとる。それが経営戦略版の和魂洋才ではないだろうか。


星野佳路

フラットでない組織、人間関係の下では、情報は隠される傾向にある。隠された情報は愚痴になる。愚痴が溜まった結果、最後はスタッフが辞めていく。


笹野和泉

必要なのは自社のために何をするべきなのか、常に自分自身の頭でしっかりと考え、その考えに従って行動できる人材です。