名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

端木正和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

端木正和のプロフィール

端木正和、もとき・まさかず。中国人経営者。「サーチナ」創業者。中国福建省出身。亜細亜大学法学部卒業後、商社勤務、輸入業などを経て中国情報局(のちのサーチナ)を開設。また、財団法人恩来教育基金を設立し、代表を務めた。

端木正和の名言 一覧

中国の中間層は、いわれているほど日本に対して興味を持っていません。だからこそ日本から中国に対してもっと発信しなければいけないんです。日本人はあまりアピールしないですね。一方で13億人いる中国ではアピールしないと存在さえ認めてもらえない。これが大陸文化なんです。


端木正和の経歴・略歴

端木正和、もとき・まさかず。中国人経営者。「サーチナ」創業者。中国福建省出身。亜細亜大学法学部卒業後、商社勤務、輸入業などを経て中国情報局(のちのサーチナ)を開設。また、財団法人恩来教育基金を設立し、代表を務めた。

他の記事も読んでみる

為末大

スポーツは明確な目標やモチベーションがある世界です。僕にはハードル競技で世界で1番になるという強烈な目標がありました。引退してそれがなくなったら自分はどうすればいいのか。それが悩みであり不安でした。選手生活を振り返って考え抜いたところ、ハードルを跳び続けてきたことは、こんなふうに言えるのではないかと思い始めました。「目標を設定して、そこに至る課題を解決することを継続的にやってきた20年間だった」。少し強引かもしれませんが、「これはいろんなところに使える能力だ」と思った瞬間、ちょっと楽になったのです。


江上治

基準の低い人と付き合うと、何かを得るのではなく、逆に奪われてしまう。だから、慎重に相手の考える基準を見定めて、高い人とのみ付き合うことだ。そうして、価値あるものを提供するのである。


奥田務

すべての産業で共通して求められるのは、変化対応能力です。消費者が変わる前に、企業は半歩先、一歩先を読んで変わらなくては生き残れません。日本の百貨店の多くはもともと呉服店で、自らを百貨店に変えて生き残った。


林野宏

1982年、私は西武クレジット(のちのクレディセゾン)に転籍してきました。それまで西武百貨店で人事や企画、店次長など様々な仕事をしてきましたが、金融は全くの畑違い。そして、当時の我が社は倒産寸前……。周囲は「林野はさぞ落ち込んでいるだろう」と思っていたようです。しかし、実際の私は元気いっぱいでした。新しいことにチャレンジできるチャンスを得たと思っていましたし、倒産の危機は大ピンチではあるけれど、見方を変えれば、ただひたすらに浮上を目指せばいい。目標が明快です。


久水宏之

「選択と集中」を適確に行うには、私心を去ってそのような呪縛から自由になる必要がある。日本の経営者の先人たちには、そうした自由な心を持つ人たちが多くあった。


午堂登紀雄

自分の成長のためや人との関係を円滑にするためのお金を出し惜しむのは、人生をシュリンク(委縮)させるだけです。たしかに会社と自宅を往復しているだけの人はお金が貯まるでしょう。会社帰りに勉強会に参加する人は貯まりません。でも、後者の人生の方がはるかに広がるということは、誰もがわかっていることです。


柴田励司

ある仕事をホームにするためには、最初から最後まで、業務全体を体験することです。業務全体を体験すれば、その仕事を抽象化することもでき、他の業務にも経験を活かせるようになります。


花村仁八郎

経営者は必ずしも頭がよくなくてもいい。人の才能を見抜き、激励してやる包容力が必要なのだ。


松木安太郎

人生って不思議なもので、「こうなりたい」という方向にはなかなかいかないものです。でも、僕はその方が幸せかもしれないと思うんです。「ここでやるしかない」と腹を括るからこそ、力が出る。


島田裕巳

いまの日本は無縁社会かもしれない。しかし、無縁は自由の同義語であり、住み慣れた自分の土地はある意味で自分の一部である。いざというときは自分一人の部屋で死ぬことや、自分の土地で辛い目にあうことを覚悟し受け入れてしまえば、思い切りよく明日を生きていくことができるだろう。世の成り行きに不安を覚えている人たちに、そのことを伝えたい。


堀切功章

現地社員の登用も積極的に行ないます。日本からも人は派遣されますが、実際の仕事は現地の人たちとの共同作業です。日本で培われた技術と現地の力が一体になって醤油をつくるわけです。こうして「経営の現地化」を進めることが、何よりもその地域に貢献する姿勢を示すことになるのです。


古森重隆

私の転機は、入社6年目にある新任課長と出会ったことでした。彼は私がじゃじゃ馬のような人間と理解したうえで、「それでもポテンシャルがある」と言って、あるグループのリーダーに抜擢してくれたんです。会社が私に責任を与えるのであれば、会社に報いよう、会社のために全力で生きよう――。このとき、ようやく会社に対する強い忠誠心が芽生え、オーナーシップに目覚めました。ここで、ヒツジとは言わないまでも、飼い慣らされたオオカミぐらいにはなったんです(笑)。