名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

立花岳志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

立花岳志のプロフィール

立花岳志、たちばな・たけし。日本のブロガー。ブログ「No Second Life」主宰。東京都出身。著書に『ノマドワーカーという生き方』。

立花岳志の名言 一覧

自分だけでは解決できなかったことが、外で習うことで道が開けました。以前の自分は愚痴ばかりでしたが、学びによって殻を破れて成長できました。


初めて参加した自分の軸を探すセミナーでは、何をやりたいかわからずモヤモヤしていた気持ちが晴れました。良質なセミナーや塾には意識の高い人が集まるため、刺激を受けてやる気も高まりました。


立花岳志の経歴・略歴

立花岳志、たちばな・たけし。日本のブロガー。ブログ「No Second Life」主宰。東京都出身。著書に『ノマドワーカーという生き方』。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

自分の考えを明確に伝えるのが苦手な人は、英語で物事を考えてみるといいでしょう。日本語は主語が省略可能で、自分の立場や考えが曖昧でも成り立ちます。一方、英語は構造上、自分の立場や考えをはっきり伝えるのに適しています。それゆえ自分では明確な答えがあると思っていても、いざ英語に翻訳すると、考えが明確でないところが浮かび上がってくることがあります。これは英語力のトレーニングにもなるので、一石二鳥です。


南壮一郎

最初は、何でも自分がやればいいと思って首を突っ込んでいましたが、それは裏を返すと「他人を信用してない」ことだとわかったんです。任せるということが信頼や、ともにビジネスを創り上げる仲間を創るのに必要だと、本当に厳しい状況になって気づきました。


西多昌規

鏡に向かって「作り笑顔」をしてみてください。たとえ作り笑顔であっても先に表情を作ってしまうと、脳は楽しいことがあったと一時的に勘違いし、楽しい感情が生まれます。これは脳科学的な実験でも証明されています。ぜひ試してみてください。


野木森雅郁

現代のように環境の変化が激しい時代には、組織にもまた人にも、変わることを躊躇しない柔軟性が要求されます。当社の「明日は変えられる」というスローガンには、こういった意味も含まれています。


鍵山秀三郎

子どもたちとトイレ掃除をする運動をしています。わずか2、3時間でも、子どもたちの心映えに打たれることがあります。たとえば、「今まではトイレを汚しても平気だったけれども、掃除してみたら、もうこれからは汚せない」とか、「今まで家のトイしはおばあちゃんが掃除してくれて、何とも思わなかったけれども、おばあちゃんがこんなしんどいことを毎日やっている。私もときどきでいいから手伝いたい」と言ってくれる。


他力野淳

元々の考え方がオープンなので、行政との親和性が高いと思います。町を考えた時、私たちが事業を通じて再生する建物は1つのコンテンツに過ぎません。様々なコンテンツが集まり、大きな1つの価値が生まれてきます。そこで、いろんな事業者が相乗りできるプラットフォームを作っています。


内永ゆか子

私は新しいことを手掛けるときは、関連資料や本を読み漁り、それでもわからなければ「すみません、教えてください」と詳しい人に頭を下げ、理解できるまで「なぜ?」を繰り返します。恥をかくとカッコ悪いとは思いません。「鵜呑みにしない」「わかったフリは絶対にしない」が自分のルールです。


古森重隆

「一番大事なこと」が分かったら、あとは何が何でもそれをやり抜くしかないのである。


平井伯昌

少し前になりますが、ある経営者の方から美術館へ誘われ、選手たちを連れて伺いました。その時、葛飾北斎などの絵画を拝見し、選手たちに今後の抱負などを語る機会もいただき、とても感謝しました。選手にとってはこれも社会との接点であり、自らの思考の幅を広げ、人間性を高める機会になるはずです。


コリン・パウエル

1960年代初頭、デイビッド・シャウプ将軍という海兵隊司令官がいた。そのころすでに時代遅れになっていたのだが、当時はまだ、将官が短いステッキや乗馬用のむちを持ち歩いていた。英国植民地時代の名残である。私も、若いころには持っていた。そのころ陸軍では短ステッキを持ち歩く人が少なくなりつつあったが、海兵隊にはこの伝統が根強く残っていた。これを廃止すべきだと考えたのがシャウプ将軍だ。司令官なのだから、ばかげたことば禁止だと命令を出せばすむ。しかしシャウプ将軍は、少々違う戦術を採用した。「必要だと思う士官には短ステッキの携帯を許可する」という指示を出したのだ。翌日、ステッキは消えていた。この1行を思いついたとき、彼は大笑いしたのではないかと思う。「短ステッキなんか無用だ」そう海兵隊員たちが思うとわかっていたのだ。


大須賀正孝

横領は悪いことですが、それができる環境をつくっている会社のほうが悪い。だから使いこみをした社員がいても責めません。


有馬浩二

我々は、IoTを人の知恵を引き出すために使おうとしています。それに対して欧米の企業が考えるIoTは、工場の生産設備から得られる情報を、また設備に戻す。我々は設備から得た情報の一部を人に戻して、人に考えさせる。そこが全然違います。