名言DB

9412 人 / 110637 名言

立花岳志の名言

twitter Facebook はてブ

立花岳志のプロフィール

立花岳志、たちばな・たけし。日本のブロガー。ブログ「No Second Life」主宰。東京都出身。著書に『ノマドワーカーという生き方』。

立花岳志の名言 一覧

自分だけでは解決できなかったことが、外で習うことで道が開けました。以前の自分は愚痴ばかりでしたが、学びによって殻を破れて成長できました。


初めて参加した自分の軸を探すセミナーでは、何をやりたいかわからずモヤモヤしていた気持ちが晴れました。良質なセミナーや塾には意識の高い人が集まるため、刺激を受けてやる気も高まりました。


立花岳志の経歴・略歴

立花岳志、たちばな・たけし。日本のブロガー。ブログ「No Second Life」主宰。東京都出身。著書に『ノマドワーカーという生き方』。

他の記事も読んでみる

津田大介

あらゆるメディアで活動できるのは、就職しなかったことも含め、インディペンデントな立場、つまりどこかに寄りかかるのではなく、自分の足で立ち続けてきたからです。


岡崎富夢

成熟した業界でも、「やれる」と思って創意工夫をして、やれるまで努力を続ければ、変えられる。


鳥原隆志

現在の状況だけを見て判断しないこと。この先、市場環境がどう変わるかなどの予測や見通しを欠いたまま判断すると、あとで困ることになりかねません。


新川義弘

私がスタッフによくいうのは、「よく遊ぶことが大切」ということです。よく遊んで、お客様の立場をたくさん経験すると、してほしいこと、してほしくないことがよくわかるようになるんです。


川久保公司

お客さまの表層的なニーズや目の前の売り上げよりも、お客さまの真意の把握やお客さまとの信頼関係を大切にして、不動産の専門知識を持たないお客さまを保護する姿勢を第一に据えることを重んじています。


ドナルド・トランプ

物事には順序がある。まずは歩き、次に走り、それからダッシュだ。


鈴木健一(経営コンサルタント)

人間は常に比較をして生きています。目に入るものも大きいか小さいか、美しいか美しくないか。何かを選択するときも、どちらを選べば自分にとって有利か不利か、損か得か。逆にいえば比較をしないと意味の抽出ができない。この比較を端的に行えるのが数字なのです。


三須和泰

幹部は幹部で先ごろ、部長級以上40人以上で1泊2日の合宿をしました。担当部門の枠を超えてどうすれば会社が伸びるかを真剣に討議しました。


真壁刀義

プロレスがお客さんに力を与えられるのは、立ち上がる姿を見せられるからだよね。よだれを垂らして、大股開いて、弱い姿をさらしてぶっ倒れていたやつが、「……このやろう!」と立ち上がる。お客さんは、それに背中を押されるんです。寝たままでいたっていいんだよ。そのほうが楽なんだから。でも、立ち上がらなければ、明日は来ない。プロレスラーは強いんだよ。


岸見一郎

いま一度、仕事の目的を思い出すといいでしょう。最優先すべきなのは上司に好かれることでしょうか。違うはずです。上司に好かれ認められることを第一の目的にしてしまうと、とんでもない落とし穴に陥る危険性があります。それは、「上司に疎まれているから仕事ができない。成果を出せないのは上司のせいだ」という発想です。こうした言い訳めいた気持ちが頭をもたげてきたら要注意。


小山龍介

英会話スクールは毎回、あらかじめ自分が使う表現や話題を決めて、準備しておくことをお勧めします。英会話スクールでは、実力を試す試合のつもりでその表現を使ってみて、フィードバックをもらうといいでしょう。


日野晃博

レベルファイブの社名の由来は通信簿の5点です。一番クオリティが高いという意味です。理想のゲームを作りたい。


藤田晋

仕事はいくつもの問題が複雑に絡み合うもの。大事な何かが1つでも欠けていたら実現は不可能です。ですから、素晴らしい企画とは、前提条件から具体的な手順、起こり得る問題、その解決方法、実現後のアフターケアまで、全体を通して見た時にツッコミどころのない、完成度の高いストーリーになっているものなのです。


イーロン・マスク

私は息をしている限り諦めない。


出口治明

これはライフネット生命をスタートした後の話ですが、20代の社員が私にポータルサイトでのこんな企画提案をしてきました。「死亡保険を検討するAさんがいます。河原に、異なる保険金額を書いた3つの皿に豆を入れて並べます。Aさんは、最初にハトが飛んできて豆を食べた皿の金額の保険に入る。この企画、面白そうでしょう」と。最初は、何をアホなことを……とあきれましたが、周囲に勧められ撮影に協力した結果、そのPR効果は想像した以上に高かった。自分と若者の感性の違いを痛感し、また、異質な人とのコミュニケーションが勉強になることを再認識できた好例です。