名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

立石豊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

立石豊のプロフィール

立石豊、たていし・ゆたか。日本の経営者。溶射専門メーカー「シンコーメタリコン」社長。京都出身。大阪芸術大学卒業。シンコーメタリコン社長を務めた。

立石豊の名言 一覧

制度はただつくるだけでは無意味。それを、どう効果あるものにするかを考えるのが重要。


大事なのは、社員同士が助け合うことのできる仕組み作りです。大量の仕事を抱えている人がいれば、周りの人が積極的にアドバイスしたり、手伝ったりする。そういう助け合い文化の醸成が、仕事の効率化につながります。


前例がなくとも良いと思ったものはどんどん取り入れます。先代が自由にやらせてくれたこともあり思い切った挑戦ができました。


私のモットーは「当たって砕けろ」。一歩前に出ないと何事も始まらない。


やりがいを持って働いてくれないと、人は半分の力しか出せない。そして、そのやりがいをもたらすのは何よりも「認めてもらうこと」だと気づいた。


企業にはそれぞれ個性がありますから、その会社に合った働き方改革があるはず。弊社の場合、それはコミュニケーションをより密接にすることでした。その会社に応じた働き方改革が、今後はより求められるのではないでしょうか。


なるべく多くの社員に「多能工」になってもらいたいと思っています。複数の技術を、ときにはまったく畑違いのスキルも身につけてもらう。たとえば弊社には総務と製造など、まったく違った分野の仕事をこなせる人がいます。さらに、社員ができる仕事の種類と能力をABCで評価し、一覧表にして誰でも見えるようにしている。これにより、困ったときに誰に助けてもらえばいいのかが一目瞭然です。


ベテラン社員は定年後もアドバイザーとして勤務してもらっています。「黄綬褒章」を受けた人は「スーパーアドバイザー」という方が気になり、現在3人が在籍しています。こうしたベテラン社員は戦力であることはもちろん、知識を継承するという意味でも非常に重要です。


テレビCMやリクルート用パンフレットでは、ただひたすら、楽しい会社であることをアピールしています。弊社の、主力である溶射技術についてはひと言も触れず、社内イベントや制度のことばかりを取り上げています。だからこそ、こうした雰囲気に共感してくれる人だけが集まってくるのです。


入社前に徹底して価値観をすり合わせます。採用面接は4、5回に及びますか、最初から社長である私が出席しています。重要なのは学校で何を学んだかではなく、同じ思いを持って働けるかどうか。実際、弊社は製造業でありながら、理系の採用数はごくわずか。専門知識は入社してから身につければいいと考えているからです。


自分の眼で見て自分の指で触れてみないとわからないので、まずはやってみることを心がけています。ときには失敗することもありますが、そのチャレンジは必ず生きてきます。


普段は忙しくてなかなか相手にしてもらえない会社でも、仕事が減った今なら話を聞いてもらえる時間があるはず。
【覚え書き|リーマンショック時を振り返っての発言】


リフレッシュしてもらうのが最大の目的でしたが、OJTが進み、仕事下ろしがスムーズになるといった思いもよらぬ効果もありました。
【覚え書き|全社員に1年に1度7日間の連続休暇を義務づけたことについて】


33歳で父の後を継いだのですが、当時の弊社はいわゆる3K職場。さらに、ちょうど年配社員が大量に定年を迎え、人がどんどん抜けていった。当時の離職率はなんと40%。新たに人を採用しつつこの状況から脱するには、「人を大切にする経営」が不可欠と考えたのです。


「人と関わっていたい」「かまってほしい」という欲求はやはり、年齢にかかわらず、人間にとって根源的なものではないでしょうか。会社は最も長い時間を過ごす場所なのですから、全員が家族のように安心して働ける場にしたい。こんな「おせっかい」な企業があってもいいのではないかと思います。


一律に残業を減らす、というのは少々乱暴だと思います。お客様のご要望に応えるため、どうしても残業をしなくてはいけないこともある。ただダラダラと残業するのではなく、働くときは働き、休むときは休む。そのメリハリが重要だと思います。


「見える化」は、業務の効率化のためには不可欠。「シン魂(こん)」という工程管理システムを自社開発し役立てています。各工程の進捗度合いはもちろん、そこにかかる原価や、社員の労働時間まですべて一元管理できるシステムです。これがあれば、次にどんな仕事が発生するのか、どこで遅れが発生しているかなどがわかりますので、事前に段取りすることでスムーズな仕事が可能になるのです。


仕事には相手がいます。お客様がどうしてもというならば、残業してでも対応しなくてはならないこともあります。特に、弊社のような中小企業は余剰の人員を抱えることもできませんから、なおさらです。だからこそ大事なのは、働くときは働く、休むときは休むというメリハリではないでしょうか。有給休暇も機械的に取得させるようにしているのは、そのためです。


子育てと仕事をどう両立するかは極めて大きな課題ですが、弊社では育児休暇中、月1回は赤ちゃんと一緒に出社するという制度を設けています。というのも、育休後の職場復帰で一番不安を感じるのが、職場から離れてしまうことで、いわゆる「浦島太郎になる」こと。復帰前に定期的に出社してもらうことで、その不安を払拭してもらうのです。赤ちゃんも一緒に出社してもらうのは、社員全員に赤ちゃんの顔を知ってもらいたいから。もし急に子供が熱を出して早退することになっても、「ああ、あの子か」と顔を知っていれば、みな快く送り出してくれますよね。いわば、会社全体で子育てするようなものです。


弊社は「滋賀で一番大切にしたい会社」に認定されましたが、会社が認めてもらえれば働く人一人ひとりのやる気が高まると考え、申請して取得したものです。また、滋賀県に若手技能者を表彰する「おうみ若者マイスター」という制度があるのですが、当初、その認定分野に溶射(ようしゃ)は入っていませんでした。でも、社長の私が担当者に猛アピールし、結果、4人の社員がマイスターに認定され、新聞にも取り上げてもらえました。「社員が認めてもらう」機会を作ることはトップの仕事だと思います。


技術力には自信がありましたが、競合他社も多く、価格競争に巻き込まれがちでした。そこから抜け出すためにはファン作りが必要だ、ということで、「おもてなし」を徹底しました。たとえば、お客様がいらっしゃったら仕事の手を止めて笑顔で挨拶をする。そんな姿勢に、お客様から数多くのお褒めの言葉をいただき、それを励みに社員もさらに頑張るという好循環が生まれました。


「ドリームセブン」は年に一度は必ず、7日間連続の休暇を取るという制度です。分割して取ることは認められず、必ず7日間連続です。正直、導入時にはかなり反対がありました。とくに部課長クラスが「休めるわけがない」というのです。では、なぜ休めないかと聞くと、「この仕事は自分にしかできない」と言う。そこで私は「なら、誰かに引き継げばいい」と答えました。そして実際にやらせてみると、時期尚早だと思われていた仕事でも、問題なく引き継ぐことができた。「休まねばならない」と、人は仕事を誰かに引き継がざるを得なくなる。こうした「仕事下ろし」があってこそ、真の時短や効率化が実現すると思います。


弊社の産休・育休の取得率は100%ですが、こうした制度自体はほとんどの会社にあります。ただ、実際には復帰前に、あるいは復帰後すぐに辞めてしまうケースも多いようです。そこで弊社では育休中に月一度、子供を連れて出社するという制度を設けています。育休を取っている女性の悩みとして、しばらく職場から離れることで情報から隔離され、復帰後本当にやっていけるのか不安になる、ということがあります。そこで、月一度出社してもらうことで、公社の情報を伝えるとともに、赤ちゃんを社員にお披露目する。こうすれば「浦島太郎」状態にならずに安心して復帰できますし、後日、子供が熱を出して休まなければならないときなど、周りの人も子供の顔を知っているだけに進んで協力してくれるというわけです。


各種部活やペーロン(ボート競技)大会、年末の大忘年会などいろいろありますが、中でも一大イベントが毎年の海外社員旅行。もちろん社員の負担はゼロで、お小遣いすら支給します。原則全員参加で「参加しないとクビ」と言っているくらいです。今年はベトナムのダナンに行ったのですが、社員全員をチームに分けてプライベートビーチで大運動会を行ないました。こうしたイベントは、自分の部署以外の人と人間関係を作る絶好の機会です。社内での人間関係か広がれば、困ったときに他部署の人に聞いたり、手伝ってもらったりすることも可能になる。これもまた、仕事の効率化につながるのです。


濃密なコミュニケーションこそが弊社の特徴。採用面接時に「うちの公社にはプライバシーがないけど、いい?」と聞くくらいです。たとえば7日間連続で休暇をとるという「ドリームセブン」という制度があるのですが、これを取る際には休み中に何をするのか、旅行に行くならどこへ、誰と行くのかまで申告し、休み明けには報告もしなくてはなりません。また、毎年行なう海外への社員旅行は原則、全員参加。他にも様々なイベントを用意しています。これほどまでに社内コミュニケーションにこだわる理由は、仕事の非効率は「コミュニケーションギャップ」から生まれるからです。トラブルの原則としてよくあるのが、「○○さんがやってくれていると思っていたけれど、実はそうではなかった」といった意思疎通の問題。これがあらゆる面で仕事の非効率を生むのです。また、普段からコミュニケーションを取っていなければ、体調が悪かったりモチベーションが下がっている社員のサインに気づけない。これもまた、仕事の停滞をもたらし、社員の心の病すら生み出してしまうのです。


立石豊の経歴・略歴

立石豊、たていし・ゆたか。日本の経営者。溶射専門メーカー「シンコーメタリコン」社長。京都出身。大阪芸術大学卒業。シンコーメタリコン社長を務めた。