立石義雄の名言

立石義雄のプロフィール

立石義雄、たていし・よしお。日本の経営者。「オムロン」社長・会長。同志社大学経済学部卒業後、立石電機(のちのオムロン)に入社。同社社長・会長を務めた。創業者・立石一真の三男。そのほか、京都商工会議所会頭、国際高等研究所理事長、社会福祉法人京都府社会福祉協議会会長などを務めた。

立石義雄の名言 一覧

創業者である父は「常に大型ベンチャー企業であれ」と説いていました。社会が求めるニーズのいち早い創造にチャレンジすることを最大の社会貢献ととらえ、今後も企業理念の実践に取り組んでまいります。


価値観は行動を決定します。したがって、真に社員を行動にモチベートする理念は、企業や社員個人の利益を超越したものでなければなりません。そうでなければ大きな力を生まないと考えています。


今後は企業理念を求心力の源泉とした価値観の共有が、より重要な企業経営の手法のひとつになっていくと思います。


私は能力・人格を兼ね備えて、みんなから推される人が社長につくべきだと考えます。


創業家以外から社長を出したことも社員の意識を変えたと思います。頑張れば社長にもなれるんだという意識の変化は、大きなモチベーションにつながります。こういったことは時代の変化に合わせて進化させていく必要があるのです。


創業者である父は適者生存の法則を例にとって、変化に対応することの重要性をいつも言っていました。私は社長になったあと、社名を立石電機からオムロンに変えました。立石家の会社から脱皮し、社員が自分たちの会社だと思えるようにするためです。


社会に貢献すれば、それに見合った利潤を得ることができます。その社会への貢献が大きければ、社員や株主への分配も大きくなります。


新しい企業理念策定段階で、「会社は誰のものか」といった議論を何度となく行いました。その結果、基本理念として「企業は社会の公器である」ことを明確に宣言しようとの結論に至ったのです。企業の活動に必要となる人、資金、土地はすべて社会から供給してもらっています。いわば社会インフラの上に成り立っているわけですから、事業活動の成果を社会に還元するのは当然のことです。


創業者が亡き後、創業家一族の存在がオムロンの求心力になってきたのは事実です。しかし、今後の発展のためには「人」ではなく「理念」を求心力の源泉にする必要があります。分権化やグローバル化によって成長という遠心力が急速に働くいまこそ、企業理念を求心力として、企業統治を行っていかなければなりません。


創業者である父が1959年に社憲を制定しました。半世紀たって、改めて企業理念の見直しを行いました。企業に求められる価値の質が変化、従来の経済的価値から社会的価値への相対的ウェイトの変化、カンパニー制・分社化・子会社化による判断基準の多様化、海外社員比率6割を占めるなどのグローバル化の中で、この時期にいま一度、企業理念を見直すことにしたのです。


課長の意識はどうすれば変わるのか。意識改革のために導入した制度のひとつが、最長3カ月間のリフレッシュ休暇です。「3カ月も休んだら課はどうなる」と心配した課長もいました。しかし、いざ休暇を取ったら、帰って業績が向上する部署も出てきました。課長が長期休暇を取ったにもかかわらず、課の業績が向上した理由は単純です。人材育成など、本来課長が果たすべき職責を果たさず、課員に任せるべき仕事をしていたからにほかなりません。課長の仕事に対する意識は大きく変わりました。


会社が健康体に戻るには、組織や事業の構造改革も必要ですが、まずは社員の意識改革が欠かせません。中でも、顧客に最も近いところにいる管理職、つまり課長の意識改革は重要です。課長にしっかりと仕事をしてもらい、部長以上がそれをサポートする。私はそれを「課長経営」と呼んでいました。組織図にすると、顧客が最も上に来る逆ピラミッド型になります。


オムロンという会社は、どんなに規模が大きくなっても、中小のニッチ事業の集合体でなければなりません。つまり、自分で考え、自分で行動し、自分で責任を取る、自己完結型の事業体が社内にいくつもあるということです。こうした分権経営は当社の創業精神に根差したものであり、それを時代の変化に合わせて変えていくことが、改革の基本となります。


全社員の意識改革に最も効果があった施策のひとつが、本社の移転と社名変更でしょう。社名の由来となった京都・御室(おむろ)の仁和(にんな)寺の近くから、京都駅前、つまり表舞台に本社を移しました。また、立石電機からオムロンに変えることによって、社員から見れば「創業家の会社から自分たちの会社になった」わけです。いずれも創業者(立石一真)が健在なうちに実行できて、本当に良かったと思います。


世の中には、自分の在任中に生じた問題を先送りして辞める経営者もいるようですが、私は責任を果たしたうえで退こうと考えたのです。私の退任後も、立石家以外から選んだ後継者のもと、構造改革は順調に進みました。創業精神は継承しながら、変えるべきは変えてきた成果だと思います。


大企業病は生活習慣病。健康体に戻るには、組織や事業の構造改革も必要だが、まずは社員の意識改革が欠かせない。


立石義雄の経歴・略歴

立石義雄、たていし・よしお。日本の経営者。「オムロン」社長・会長。同志社大学経済学部卒業後、立石電機(のちのオムロン)に入社。同社社長・会長を務めた。創業者・立石一真の三男。そのほか、京都商工会議所会頭、国際高等研究所理事長、社会福祉法人京都府社会福祉協議会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

私の知人に、サラリーマン人生の約半分を本社からの出向で子会社を渡り歩いていた人がいます。そこの本社の社長が後継者探しをしていたとき、これはと思う人材が本社の中で見つからなかった。それでふと子会社に目を向けたところ、面白いやつがいると目に留まった。これまでの経歴と実績を調べたところ、行った先々で優れた経営手腕を発揮していることが分かった彼は定年寸前に本社に戻されて、2年後に社長になりました。まさに真摯に努力をしていると運命は変わるという好例です。


風間健

人は、単に指示や命令をすれば動くというものではありません。武道でも、命令されてやる稽古はつらいばかり。「これが正しい。この方法でやりなさい」と一方的に押し付けられれば、弟子たちに鬱憤もたまります。それが会社なら、たまった鬱憤は往々にしてはじけるのではないですか。


菊池昭一(経営者)

基幹システムを変更して全国の内勤業務を本社に集中させたことで、各現場の内勤事務にかける時間も効率化できました。そして、空いた時間をテレセールスによる営業サポートに充てたことで、売上に大きく寄与することができました。


高島郁夫

いま思えば、最初の上司が仕事のできる人でラッキーでした。某家具店の店長とやりあい、「正当な取引をしてもらえないなら、商品を引き揚げます」と啖呵を切って帰ってしまったことがあるんです。顛末を上司に報告したら、「会社の姿勢をきちんと示した君は偉い」と褒められました。ところが続けて、「が、いまからもう一度行って取引を再開してもらえ」と言われたんです(笑)。最終的には土下座して謝ったら、先方も「君の真剣な気持ちがよくわかった」といってくれ、逆に関係が良くなったなんてこともありました。あの時期、営業の基本を現場で教えてもらったのは、大きかったです。
【覚書き|大学卒業後入社した家具製造会社マルイチセーリング勤務時代を振り返っての発言】


戸次鑑連(立花道雪)

人の上位に立ち、人望を得る者は些細なことで厳罰を下したりはしない。それは人が背くもとだ。


中西宏明

コモデイティーで大量生産するかつての白物家電はやる気はないが、生活や社会に密着した製品は力を入れますよ。たとえば冷蔵庫はまだやりようがある。野菜を立てて置くと鮮度が落ちない、お刺し身を真空保存するといつた付加価値の高い機能は温度などをより細かく制御することで実現できます。


永守重信

中途採用の人も含めて、人材はやはり手ずからつくらないとダメだ。


田中角栄

バカ野郎ッ。どこを見て政治をやっているんだ。お前たちは、日本のために政治をやっている。私情で動いてどうする。


ロバート・キヨサキ

小さなことから始めればいい。よちよち歩きでいい。もちろん、一朝一夕にはいかない。努力も必要だ。だが、コツコツとやり続け、良いプランを立てて実行していけば、景気の良し悪しにかかわらず、あなたの将来の経済状態は、いまよりはるかに素晴らしいものになっているはずだ。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

心を開いていると、いい言葉を拾っていくことが出来る。それが後輩の言葉でも、先輩の言葉でも、それを糧にして何かを考えたり、身につけたり、これからの生き方に結びつけたり、継ぎ足し、継ぎ足し、自分が変わっていく。これが大事。


小路明善

社長表彰の選考の際に心がけたのは、「見えないところで頑張っている社員にもスポットライトを当てる」ことです。たとえば、お客様相談室のお客様対応チーム。先般の東日本大震災による商品の欠品でお客様からのお問い合わせが相次ぎました。そんな中、このチームは根気よく、的確な対応をしてくれました。また、震災後、徹夜作業で驚異的なスピードで物流網を回復してくれた東日本物流部も表彰しました。


エドガー・ケイシー

毎日の生活が大切です。昨日、行い考えたことが、今日の自分だからです。一つ一つの思いが、あなたの中に新しい性質を作っていきます。今日のあなたは、それらの集積された性質の総計なのです。


塩野七生

即決断して即実行しなければならない場合もあります。だけど、待っていれば周りの環境の方が動いてくれるかもしれない。だから外交の一側面では、待っている方が正解ということもあるのです。


高橋大就

私がやりたい仕事とは農業に関するプロジェクトでした。マッキンゼーに入社後一年ほどたったとき「自分で動くしかない」と思い定め、普段の仕事の合間を縫って調査を始めました。プロジェクトの提案書を作成して、上司たちに「どうしても農業プロジェクトをやりたい」と言って歩き回ったこともあります。そしてちょうどその頃日本に赴任した、海外で農業プロジェクトを担当した上司と一緒にクライアントをまわり、ついに農業プロジェクトの実現にこぎつけたのです。


中山讓治(中山譲治)

お互いの専門性は尊重し合わないといけない。でも、社員には自分の与えられた役割をこなすだけでなく、自分の行動が会社にどんな意味をもたらすかまで考えるレベルに成長してもらいたい。


ページの先頭へ