名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

立石剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

立石剛のプロフィール

立石剛、たていし・つよし。日本のブランドプロデューサー。同志社大学法学部卒業後、国内大手損保会社に入社。入社3年目でトップセールスを樹立。29歳で外資系生命保険会社にヘッドハンティングされ移籍。起業家を対象にした勉強会「プロジェクトR21」を設立し、様々な講演会を主催。その後、独立しコンサルティング会社を設立。ブランディングについて教えている。

立石剛の名言 一覧

社内や同業種の人しか情報源がなければ、発想がいつも同じになり、新しいアイデアも生まれにくくなる。


自分自身が人と人を結ぶ「ハブ型の人脈作り」をすることで、人脈はより強固なものとなる。


独立・起業をするときに大切なのは、自分の中で納得したうえで「これをやるのだ」という信念と覚悟を持つこと。それさえあれば、迷わず全力で取り組むことができ、ハードルもクリアしていけるものです。


自分が幸せになれると感じる根拠を積み重ね、確信に変えることができたら後悔もしません。たとえ独立後に困難に陥ったとしても、自信を持って突き進んでいくことができます。


いまの仕事をやりきったといえるなら、未練を残さずに納得して辞めることができますし、独立後も嫌なことから逃げずにやりきる力があるといえます。また、自分には誰にも負けないといえるような強みや個性があると思えるなら、独立後はそれを生かして差別化を図ることができます。


独立というものは、結婚に例えることができます。最初は相手に何気なく興味を持つことから始まり、そこにうまくいく根拠を探し始めて、最終的に「この人となら幸せになれる」と確信できたら、自分の中でGOサインが出たということになります。


ビジネスそのものは、目的を果たすための手段でしかありませんが、逆にいえば、やってみたいと思うビジネスから、自分がそこにどんな意義を感じるかを探り出すことができます。例えば、文章を書く仕事がしたいという場合にも、企画を立てることが楽しいのか、何かを表現することに喜びがあるのかなど、その奥底に様々な意義が隠されています。


独立とは大海原に出ていくようなもので、様々な判断や選択をする際、基準となる軸は自分の中にしかありません。迷いや不安と戦う中、「自分にはこれだけの目的がある」と納得できていれば、乗り越えていけます。


漠然と独立したいと考えている人も、第三者に説明することを前提にすれば、「なぜ、何のために独立という道を選ぶのか」が見えてきます。外的な要因だけの人は転職でもいいはずなので、「なぜ独立でなくてはならないのか」を問いかけてみましょう。内なる動機や目的を明確に説明できないなら、自分の中に迷いがある状態です。


SNSを通じて仲間を募る場合は、自分の主張や勉強会の趣旨や目的を明確にすること。相手も自分と合うかどうかをジャッジでき、共感する人が集まってきやすくなる。


ただでさえ多忙な40代は、「限られた時間の中で、お互いの強みを活かし合える人脈」を作る必要があります。「選択と集中」を考慮した人脈作りを意識すべき。


価値観は違うがつき合えば得な人は一見良さそうに思えますが、考え方に共感できなければ結局、関係は長く続かないことが多いので、無理してつき合う必要はありません。


次のビジネスにつながる貴重な情報やヒントは、異業種から得られることが多いもの。社外の異業種の人脈は、余計なしがらみがないため、貴重な情報も案外ポロッと漏らしてくれる。


よく人脈づくりのために、セミナーなどに際限なく参加する人を目にしますが、このやり方は非効率なので、お勧めしません。ベストなのは、自分がホスト役となって「コミュニティ」を作ることです。たとえば、ビジネス英語など、自分の関心事について「勉強会」を開くといったやり方です。最初は少人数でも、SNSやブログを使って根気よく発信し続ければ、徐々に同じ志を持って共感した人々が現われます。それが、十数人規模の大きなコミュニティへと発展すれば、有益な情報がたくさん集まりやすくなります。


40代は社外で得た情報を仕事に活かしやすくなる年代。若いうちは、有力な情報を運良く入手できても、なかなか活かせる機会がありません。なんとか活かそうと思っても、影響力が足りないために、せっかくのアイデアが潰されてしまうことも多いでしょう。しかし、40代にもなると社内でそれなりのポジションに就いていることも多く、決裁権も持っています。自分の責任でゴーサインを出せるので、情報を仕事に活かしやすいのです。


立石剛の経歴・略歴

立石剛、たていし・つよし。日本のブランドプロデューサー。同志社大学法学部卒業後、国内大手損保会社に入社。入社3年目でトップセールスを樹立。29歳で外資系生命保険会社にヘッドハンティングされ移籍。起業家を対象にした勉強会「プロジェクトR21」を設立し、様々な講演会を主催。その後、独立しコンサルティング会社を設立。ブランディングについて教えている。

他の記事も読んでみる

馬渡晃

起業をすれば、予想だにしない事態に遭遇することが多々あります。それを解決するのは、自分自身。そのためには、頭の切り替えの早さや行動力は欠かせません。また、どんな状況でもチャレンジしていく前向きさも必要。それを無理して行うのではなく、楽しみながら取り組める人は成功するでしょう。


河原春郎

改革を成功させるためには、社員のモチベーションが何より重要。


速水融

人口減は何も悪いことばっかりじゃない。違った社会を生む。生み得る。


樋口武男

人材の異動や不要部門の撤廃を断行しなくては、人も組織も生まれ変わることはできない。中途半端な改革しか行なわず、大企業病を放置してしまったら、当社は早晩衰退への道を辿っていた。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

慌てたところでどうにもならないんですよ、人生って。だから、運を向かせようと必死にエネルギーを使わないほうがいい。悪いことがあれば、しばらくするといいことがある。その繰り返しなんですから。


石川康晴

引っ越すにあたり考えたのは創造性の高まるオフィスにしようということでした。真面目にパソコンに向き合うのではなく、動きや笑いがたくさんあるオフィスを目指しました。


小松原宰明

相場の先行きを読んでの売買は難しい。何が起きても悠然と市場に居続けることが大事。だからこそ、積み立てという時間分散が有効。


堀潤

特定のメディアに頼らず、第一次情報に自ら積極的にアクセスしてからニュースを見るならどんなニュースサイトも役立ちます。


木村惠司(木村恵司)

ビジネスは日進月歩の勢いで変化しています。ふと立ち止まるだけで、変化についていけなくなりかねません。この激動の中で、チャレンジする精神を持ち続けることは、たしかに容易なことではありません。そのために必要なのが、先見力、先を見通す力です。ライバルたちより一歩先を読めれば、優位に立つことができるはずです。気持ちに余裕も生まれます。


菅井敏之

昨今は銀行も、年収が高いだけではお金を貸してくれません。マネーリテラシーがないと銀行は相手にしてくれない。お金を借りられないとなるとチャンスのときに行動できないし、ピンチのときは一気に窮地に陥ってしまいます。


伊藤直彦

毎年、新入社員に話をする機会がありますが、野球に例えて話すことが多い。「三遊間を抜かれるな、クリーンヒットならともかく、連係プレーのまずさで抜かれることは問題だ。お互いにぶつかっても、自分でとろうと、両者が気迫を持って立ち向かえば、どちらかのグラブにボールは吸い込まれるものだ。仕事も同じで自分の守備範囲を広げ、決して仕事から逃げてはいけない」。


吉野浩行

大型合併で失われかねないのがスピードです。世の中の変化が非常に早くなってきていますから、それに対応できるスピードが企業にとってなにより重要になってきています。しかし、企業が巨大化するとそのスピードも落ちる可能性が出てくる。ですから他社の合併を恐れることは全くない。