名言DB

9412 人 / 110637 名言

立石剛の名言

twitter Facebook はてブ

立石剛のプロフィール

立石剛、たていし・つよし。日本のブランドプロデューサー。同志社大学法学部卒業後、国内大手損保会社に入社。入社3年目でトップセールスを樹立。29歳で外資系生命保険会社にヘッドハンティングされ移籍。起業家を対象にした勉強会「プロジェクトR21」を設立し、様々な講演会を主催。その後、独立しコンサルティング会社を設立。ブランディングについて教えている。

立石剛の名言 一覧

社内や同業種の人しか情報源がなければ、発想がいつも同じになり、新しいアイデアも生まれにくくなる。


自分自身が人と人を結ぶ「ハブ型の人脈作り」をすることで、人脈はより強固なものとなる。


独立・起業をするときに大切なのは、自分の中で納得したうえで「これをやるのだ」という信念と覚悟を持つこと。それさえあれば、迷わず全力で取り組むことができ、ハードルもクリアしていけるものです。


自分が幸せになれると感じる根拠を積み重ね、確信に変えることができたら後悔もしません。たとえ独立後に困難に陥ったとしても、自信を持って突き進んでいくことができます。


いまの仕事をやりきったといえるなら、未練を残さずに納得して辞めることができますし、独立後も嫌なことから逃げずにやりきる力があるといえます。また、自分には誰にも負けないといえるような強みや個性があると思えるなら、独立後はそれを生かして差別化を図ることができます。


独立というものは、結婚に例えることができます。最初は相手に何気なく興味を持つことから始まり、そこにうまくいく根拠を探し始めて、最終的に「この人となら幸せになれる」と確信できたら、自分の中でGOサインが出たということになります。


ビジネスそのものは、目的を果たすための手段でしかありませんが、逆にいえば、やってみたいと思うビジネスから、自分がそこにどんな意義を感じるかを探り出すことができます。例えば、文章を書く仕事がしたいという場合にも、企画を立てることが楽しいのか、何かを表現することに喜びがあるのかなど、その奥底に様々な意義が隠されています。


独立とは大海原に出ていくようなもので、様々な判断や選択をする際、基準となる軸は自分の中にしかありません。迷いや不安と戦う中、「自分にはこれだけの目的がある」と納得できていれば、乗り越えていけます。


漠然と独立したいと考えている人も、第三者に説明することを前提にすれば、「なぜ、何のために独立という道を選ぶのか」が見えてきます。外的な要因だけの人は転職でもいいはずなので、「なぜ独立でなくてはならないのか」を問いかけてみましょう。内なる動機や目的を明確に説明できないなら、自分の中に迷いがある状態です。


SNSを通じて仲間を募る場合は、自分の主張や勉強会の趣旨や目的を明確にすること。相手も自分と合うかどうかをジャッジでき、共感する人が集まってきやすくなる。


ただでさえ多忙な40代は、「限られた時間の中で、お互いの強みを活かし合える人脈」を作る必要があります。「選択と集中」を考慮した人脈作りを意識すべき。


価値観は違うがつき合えば得な人は一見良さそうに思えますが、考え方に共感できなければ結局、関係は長く続かないことが多いので、無理してつき合う必要はありません。


次のビジネスにつながる貴重な情報やヒントは、異業種から得られることが多いもの。社外の異業種の人脈は、余計なしがらみがないため、貴重な情報も案外ポロッと漏らしてくれる。


よく人脈づくりのために、セミナーなどに際限なく参加する人を目にしますが、このやり方は非効率なので、お勧めしません。ベストなのは、自分がホスト役となって「コミュニティ」を作ることです。たとえば、ビジネス英語など、自分の関心事について「勉強会」を開くといったやり方です。最初は少人数でも、SNSやブログを使って根気よく発信し続ければ、徐々に同じ志を持って共感した人々が現われます。それが、十数人規模の大きなコミュニティへと発展すれば、有益な情報がたくさん集まりやすくなります。


40代は社外で得た情報を仕事に活かしやすくなる年代。若いうちは、有力な情報を運良く入手できても、なかなか活かせる機会がありません。なんとか活かそうと思っても、影響力が足りないために、せっかくのアイデアが潰されてしまうことも多いでしょう。しかし、40代にもなると社内でそれなりのポジションに就いていることも多く、決裁権も持っています。自分の責任でゴーサインを出せるので、情報を仕事に活かしやすいのです。


立石剛の経歴・略歴

立石剛、たていし・つよし。日本のブランドプロデューサー。同志社大学法学部卒業後、国内大手損保会社に入社。入社3年目でトップセールスを樹立。29歳で外資系生命保険会社にヘッドハンティングされ移籍。起業家を対象にした勉強会「プロジェクトR21」を設立し、様々な講演会を主催。その後、独立しコンサルティング会社を設立。ブランディングについて教えている。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

(HIS本社の経営の第一線から退けたのは)たまたま僕には、他にやることがいっぱいあったからよかったのかもしれません。何もなかったら、つい口出しして「また俺がやる!」なんて言い出すかもしれないでしょ?


川辺友之

クラウドファンディングの長所は、ファンをつくれること。自らの夢に賛同する人が増えれば、それだけ売り上げの下支えになります。また、孤独になりがちな起業家にとって、支援者からの励ましは心強いでしょう。


狩野みき

日本の教育は「正解主義」であり、「自分の頭で考えて答えを出す」ことを教えません。だから社会に出て突然「自分の頭で考えろ」と言われても戸惑ってしまう。結果、雰囲気に流されてしまう人が多いようです。


稲葉善治

為替や景気について言えば、いずれも循環的な現象ですから、1年や2年の時間軸で起こる変化に一喜一憂する必要はありません。最短でも5年、10年の移動平均で変動を踏まえておけば十分。


梅沢富美男

いまやクイズ、情報番組、バラエティなどテレビ出演は多いですが、実はレギュラー契約はゼロです。僕は舞台役者ですからね。年間の予定は、まずウチの劇団の公演を決めてから空いている日にほかの仕事を入れていく。30年間、そうしてきました。言いたい放題なのも一緒。気に入らないなら、テレビで使われなくて結構だしね。


黒川光博

今、虎屋が作っている菓子の特徴を言葉で表現すると、「少し甘く、少し硬く、後味良く」となります。この言葉を社員皆で共有し、菓子の製造や開発をしています。


中野信子

こんな実験があります。ある人の写真を2つのグループに見せました。ひとつのグループには「この人はBaker(ベイカー)さんです」、もうひとつのグループには「この人はBaker(パン屋)です」と紹介しました。後によく覚えていたのはパン屋として紹介したグループでした。これは同じ単語でも、固有名詞の意味記憶で覚えるより、パンの匂いや味などの経験と結びつくエピソード起憶で覚えたほうが記憶に入りやすいことを示しています。つまり記憶箱の入り口を広げるには、物事をエピソードとしてとらえて、そのときの感情と一緒に覚えればいいのです。


渡部功治

運とタイミングを掴もうと思ったら動き回ること。私は東京に来た頃からずっとがむしゃらに動いてきた。


鑄方貞了(鋳方貞了)

新任の社長は、一日でも早く自分の存在を社内に認めさせようと焦るものです。社内改革への取り組みも、あまりに急ぎすぎる場合は社員の反発を招き、社内で孤立してしまうような事態になりかねません。社長就任から1~2年は様子見をするぐらいの余裕を持った態度が望ましいと思います。


立川談四楼

落語家は自惚れが強いのと同時に、逞しさも兼ね備えています。そうでないと、この業界を生き抜くことができないのです。つまり我が身に起こった恥ずかしいことですらネタにするわけで、多分にマゾっ気があるのかもしれません。


玉塚元一

全国同じ考え方で画一的にどーんとやる、というのには限界がある。


原孝(組織戦略コンサルタント)

大胆な発想や鋭い論理だけでは、人は寄ってきません。日常レベルの誠実さをこまめに実行することで、他者からの信用は徐々に積みあがっていきます。いつの時代の成功者も、他者への気配りをときとして苦しく感じるものの、肝に銘じて実行してきたのです。


稲葉善治

我々は市場という戦場で戦っています。社内の機密というのは、戦争で言えば、軍事機密のようなものです。どの地域にどれだけの部隊を配置するとか、敵に手の内を明かすようなことはできない。だから、しゃべらないことはとても多いのです。それを「閉鎖的」とみられても困ります。


尾崎元規

研究開発力やマーケティング力、販売力など、花王の強みは国境を越えても通用していくものだと思っています。しかし、我々が主力としているコンシューマープロダクトは、日々の生活に立脚した、毎日使う低価格商品です。その歴史や風土、気質などの基本知識の上に、いま生活している人々のインサイトの情報、つまり商品の使用現場や購入現場で何を考え、どう感じているかということを深く理解しなければ、喜んで使っていただけるものづくりはできません。


小林栄三

いまは何でもデジタルに落とし込もうという傾向がありますが、人と人のコミュニケーションは白か黒、0か1では割り切れない。もっとアナログなものです。性格ひとつとっても、陽気という見方もあれば、ちゃらんぽらんという見方もできる。だからフェイス・トゥ・フェイスが重要なのです。そこを忘れなければ、コミュニケーションの質と深さが違ってくる気がします。