立石一真の名言

立石一真のプロフィール

立石一真、たていし・かずま。日本の経営者。精密機器製造メーカー「オムロン」の創業者。熊本県出身。熊本高等工業学校(のちの熊本大学工学部)電気科卒業。兵庫県庁に勤務したのち、立石電機製作所(のちのオムロン)を創業。同社を大きく成長させた。

立石一真の名言 一覧

自分の受け持つ仕事に打ち込みなさい。功利的な思惑がなくても、将来必ず何か役に立つときがある。


行く道には深い川や険しい山がある。自力で越えなければ、それだけの器ということや。


よく考えて働け。成功する道は人の倍働くことや。


解決法はあるけど教えへん。教えたらあんたのためにならん。


最もよく人を幸福にする人が最もよく幸福となる。


人に褒められて有頂天になり、人にくさされて憂うつになるなんておよそナンセンス。なぜなら、そんなことくらいで自分白身の価値が変わるものではない。


永守さん、私も同じ道を歩いてきた。あなたもその道を乗り越えんと向こうの世界に行けない。答えなんて人から聞いたらあかんで。
【覚え書き|日本電産創業者・永守重信への言葉】


ダメと決めつけるのはたやすい。しかし、改善の余地ありでなければ、創造の将来はない。「まずやってみる」が我々が築き上げてきた企業文化なのだ。


企業は生き物で、いつも変化しているので、経営者は常にそれを見守って組織の修正を早手回しにすべきだ。
【覚書き:この発言当時、社員数が1700人を超えたため、本社の部長級の人員を専務として各工場に転出させ業務の効率化を図っていた】


人間は誰でも幸福になる権利があります。しかし、人を押しのけたり、足を引っ張ったりして自分だけ幸福になろうとしても、決して幸福にはなれない。親は子を、子は親を幸福にする。夫は妻を、妻は夫を幸福にする。兄弟姉妹を幸福にする。それから友人を、同僚を幸福にしていくと、いつのまにか幸福な人たちの中にいる自分も幸福になっているのです。


事業に100%安全なものはない。また、リスクのない決定は決定と言えない。というのが私の考えです。ベンチャーとは言うまでもなく冒険。未知のものに挑むことである。アメリカ人の言うフロンティア・スピリットを実践することです。立石電機は創業以来このベンチャー精神を貫いてきました。時代がどう移ろうと、企業としてどれほど大きくなろうと、ベンチャー精神を忘れてはなりません。


立石一真の経歴・略歴

立石一真、たていし・かずま。日本の経営者。精密機器製造メーカー「オムロン」の創業者。熊本県出身。熊本高等工業学校(のちの熊本大学工学部)電気科卒業。兵庫県庁に勤務したのち、立石電機製作所(のちのオムロン)を創業。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

白石康次郎

絶対にその目標を達成するという強い気持ち。その気持ちが強ければ強いほど自分のアンテナの感度が高くなり、必要なものや情報、やるべきことも見えてきます。


小泉光臣

どんなに素晴らしい戦略を構築しても、社員がそれらを共有し、行動してくれなければ、絵に描いた餅で終わってしまいます。そうならないよう私は、「フェース・トゥ・フェースで具体的に話す」「相手の聞きたいことの中に自分の言いたいことをまぶして伝える」の2点に気をつけています。


浅田すぐる

「この商品の特徴をひと言で紹介します」など、「何について伝えるか」宣言してから始めること。これで自然と相手が聞く態勢になり、伝わりやすくなります。


こだま(作家)

医者に「完治することはない。ずっと向き合っていかなければいけない病」と言われた日から、嘆いても意味がないと悟りました。落ち込んでもキリがないから、落ち込むことを諦めました。明朗な性格ではないので、カラッと明るい文章は書けないけれど、現実を見つつ淡々と、自虐を込めて書いてます。明るい人だけがポジティブなわけではない。ひねくれた前向きさもあると信じています。


みうらじゅん

恥ずかしさやつまらないプライドで親孝行できないなら、いっそプレイだと思い込んで楽しもう。僕自身、親に反発することが義務だったロック世代なので(笑)、親孝行が恥ずかしくて嫌だった。でも一人っ子だった僕は、両親の愛情を一身に浴びていた分、期待されちゃっている。30歳前後かな、「そろそろ親孝行する時期ちゃうんかいな」って親から言ってきた(笑)。親孝行にはリミットがあるんだよね。親孝行しようと思う心がじわじわとわくのを待っていたら遅い。だったら、すぐに始めて楽しんだ方が得策でしょ?


大島さくら子

ビジネス英語で大切なことはまずは語彙をどんどんインプットすること。インプットなくしてアウトプットはありません。一般的に日本人はリスニングが苦手と言われていますが、多くの場合、その原因は語彙力の不足。知らない単語は何回聴いても聴こえてくることはありません。逆に言えば、語彙を増やしリーディング力を鍛えることでリスニング力を効率的に伸ばすことができるのです。


村松加王里

相談に対しては無理に結論やアドバイスをしないほうが、相手は不満を持ちません。話を持ちかけたほうは答えを求めていない場合が多いので、聞き役に徹してあげてください。


鈴木博毅

上司にあなたが何に使えるのかを知ってもらうことは大事。あなたがいると部署の仕事が円滑に進み、チームの能力が最大化すると上司に思わせること。


宇治原史規

受験勉強の場合は、「合格」というわかりやすい目的がありますが、ぼんやりと「合格」を意識するだけでは、まだ足りないと思っていました。そこで、京大の合格最低点を調べたうえで、少し上回る点数をゴールに設定。過去問をチェックして、どんな勉強をすれば合格点に届くかを考えました。ここまでしないと、「この勉強はなんのためにしているか」がわからず、集中できませんから。


山本真司

人脈を広げる意義は、異質なものとの触れ合いにあります。他業界、異文化、そして「違う世代」も、多くのものをもたらしてくれます。


澤田秀雄

5年先、10年先のきちんとしたビジョンを持つことで、その方法を探すようになり、いずれはそれを達成する方法が分かるようになる。そしていつか必ず、目標に到達できる。そのことを忘れないでほしい。


芝谷浩

片づけは、時間制限を設けないとダラダラしてしまいがちです。どこを何分で片づけるか、細かく決めて取り掛かりましょう。


菅野誠二

説得をする相手が上司だったとします。上司は会社の上層部を意識しながら仕事をしていることが多いので、「いまウチの部署は、上層部からこんな要求を突きつけられていますよね。でもこうすれば、きっと課題を解決でき、評価を得ることができるはずです」というふうに、自分だけの目線に立って提案するのではなく、上司の一つ上の目線に立つことで共感を示し、提案をするのです。


橋下徹

国は口ばっかり出して、現場のことを何もわかっていない。いまの日本のありとあらゆる領域は、民主主義の名のもとに「決定できない」「決定してないから責任をとらない」という枠組み・仕組みになっている。知事や市町村長の仕事もそうですし、教育行政も誰が責任を取っているのかわからないような仕組みになっている。僕はこうしたおかしな仕組みを変えて「決定できる民主主義、責任をとる民主主義」にしたいのです。


岡倉天心

面白いのは行為そのものではなくて、その行為にいたる経過だ。


ページの先頭へ