名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

立川談四楼の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

立川談四楼のプロフィール

立川談四楼、たてかわ・だんしろう。落語家、小説家。群馬県出身。高校卒業後、立川談志(7代目)に弟子入り。幅広いメディアで活躍。著書に『一流の人はなぜ落語を聞くのか』『記憶する力忘れない力』『話のおもしろい人、ヘタな人』。

立川談四楼の名言 一覧

師匠に似ることはいいことです。しかし、いつまでもそこに安住してはいけない。


コピーはどこまで行ってもコピーです。本物には、逆立ちしたってかなわない。


熱意とか必死さは伝わる。


どんなことでもそれを逆手に取り、笑いにつなげるのは落語家の王道でもある。


質を高めるには、量もまた必要。


芸人のいい部分は、客が先に発見します。芸人は自分の長所を案外知らず、そこに気づき、そこをうまく膨らませた時に開花するのです。


落語家は自惚れが強いのと同時に、逞しさも兼ね備えています。そうでないと、この業界を生き抜くことができないのです。つまり我が身に起こった恥ずかしいことですらネタにするわけで、多分にマゾっ気があるのかもしれません。


コピーは本物にはかないません。強いのはオリジナルです。オリジナルはいきなり生まれません。しかも入門早々の者には。ですから、とりあえず血を混ぜようということです。で他流派に稽古をつけてもらえとなるわけです。


弟子が師匠に惚れ込むと、あまりいい結果につながらないんですね。というより、師匠からしか稽古をつけてもらえないと、血が濃くなり過ぎると言いますか、コピーができてしまうんですね。それも小型の。


立川談四楼の経歴・略歴

立川談四楼、たてかわ・だんしろう。落語家、小説家。群馬県出身。高校卒業後、立川談志(7代目)に弟子入り。幅広いメディアで活躍。著書に『一流の人はなぜ落語を聞くのか』『記憶する力忘れない力』『話のおもしろい人、ヘタな人』。

他の記事も読んでみる

鈴木みゆき(経営者)

私たちがやろうとしているのは新しい価値観の創造です。航空料金を下げることで、これまで飛行機を使っていなかった人たちも飛行機を使ってもらう。バスや電車を利用していた人にも、飛行機を移動の選択肢のひとつだと気づいてもらうのです。


堀之内九一郎

意外かもしれませんが、成功者と呼ばれている人の多くは、お金がなくても楽しく生きていけるタイプの人。いや、むしろお金がないときの方が楽しいとさえ思える人。


上西京一郎

社員全員が「夢、感動、喜び、やすらぎ」を顧客に提供する仕事にロイヤルティーがあるので、新たな事業もこうしたことが基本となります。全く違う分野は難しいですね。


及川智正

「自分を信じること」が危機を突破する決め手になると思います。自分を信じるためには誰よりも苦労、努力をしなくてはなりません。


隈研吾

中国や韓国などのアジアに期待して行くと、がっかりすることが多いんです。それは、その土地ならではの文化や職人や技術が失われていることが多いからです。日本の地方のように、各地の文化が残っていることは、世界的に見てもすごく珍しいことだと思います。日本人は、それが、それほど大事なことだと思っていない部分もありますが、海外に行くと、実はすごいことだと実感します。


日覺昭廣

私は「for the company」という理念を掲げています。上司のためではなく、会社のためにどんどん意見して、働いてほしいという意味を込めています。「会社のため」は英語の方が言いたいニュアンスに近いと思っています。


鈴木茂晴

昔は同じものを同じ形でどんどんつくり、時間と人を投入すれば業績が上がる時代でした。しかし今は、いろいろな工夫をしなければ生き残ることができない時代。


弘兼憲史

僕自身、仕事を完全に休める急速は、年末年始の4日間だけです。本当はもっと休みたい気持ちはありますが、何せ締め切りがあるからそうも言っていられない。アイデア勝負の仕事だからこそ、その日のうちに精神的な疲れが和らぐような、リフレッシュする時間を必ず取るようにしています。


水野和也

新たな製品にも2通りの考え方があります。まず、容器の形状やデザイン。もう1つが素材です。つまり、見せ方と機能の両面の視点が必要。


田岡敬

IMJでは、2つの子会社と5つの事業部をマネジメントしました。各部署が当時は複数の雑居ビルに分かれていたので、リモートマネジメントに近いんですよ。普段顔を合わせない、週1回ミーティングの時だけ会うという部下も多かったので、そういうリモートのマネジメントとか、事業の管理とか判断って、やっぱりミーティングの頻度を保つことが非常に重要だということを学びました。週1回、別に30分のミーティングでもぜんぜんかまわないので、ちゃんとウォッチして状況をこまめにアップデイトしていくのが重要だなと。そうでないと意思決定を求められても、背景や現状理解に時間が掛かってしまい即断ができませんし、そもそもまとめて情報のアップデイトを受けると情報にバイアスが含まれていても見落としてしまうことがあります。


入山章栄

人は認知に限界があり、ごく周辺しか見えない。いろいろな人から話を聞くことで新しい気づきを得る。


森岡毅

僕はもともと数学しかできなかった。文系のマーケターたちは学生時代、おしゃれな服を着て、おしゃれなクルマに乗って、おしゃれに合コンして楽しんでいた。マーケターになっても、彼らはセンスや感覚でトレンドを読むというファジーな世界で仕事をしています。理系少年だった僕にはそういう強みがまったくないので、逆に世の中のすべての現象を数値に置き換えて計算するという、いわば自分の土俵でマーケティングをやるノウハウをずっと研究してきたわけです。