名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

立川敬二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

立川敬二のプロフィール

立川敬二、たちかわ・けいじ。NTTドコモ社長。JAXA宇宙航空研究開発機構理事長

立川敬二の名言 一覧

従来のNTTの風土からすると、ドコモは企業風土がガラリと変わったと言われる。まず、きわめて時間が凝縮されていたということがある。NTTの技術開発なんて、それこそ十年もかけてやればよかったのが、いまは一年で開発することが求められる。臨機応変にやらなきゃだめなわけです。電話の進歩は今考えれば、ちんたらやっていたわけですよ。だけど、いまはドッグイヤーと言われるくらい速いわけだから、それに対応せざるを得ない。だから、外から見たら柔軟にやっているように見える。


規制機関は昔はきわめて慎重だったでしょう。独占ということは失敗が許されないわけだから、入れるにあたっては、本当に石橋を叩いて渡らなければいけなかったんです。そういう時代背景もあります。規制機関は、だめでも自分たちの責任にならないからいい。だけど、いまは競争でしょう?出してダメならつぶれるだけ。業者が勝手にやって、利用者からウケなければなくなるだけ。選別要素が利用者側にできてしまった。自由に発想できるようになったと言えます。


急に伸びると人材が不足する。これが逆にいいわけです。外の力を借りるようになるからです。従来のNTTの風土からすると、ドコモは企業風土がガラリと変わったと言われる。中途入社を含め、いろんな人を入れたというのが、いままでのNTTにない企業風土を作ってきたわけです。


立川敬二の経歴・略歴

立川敬二、たちかわ・けいじ。NTTドコモ社長。JAXA宇宙航空研究開発機構理事長

他の記事も読んでみる

川辺友之

クラウドファンディングの長所は、ファンをつくれること。自らの夢に賛同する人が増えれば、それだけ売り上げの下支えになります。また、孤独になりがちな起業家にとって、支援者からの励ましは心強いでしょう。


尾山基

善い会社であるには成長が必須。そうでなければステークホルダーに利益を与えることもできないからだ。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニア

反抗的な部下も無気力な部下も、実は根っこは共通している。「上司に期待されていない」ことが怖いのだ。したがって、それを否定する行動をとるといい。部下に対して「期待をしている」と伝えるのだ。ただし、抽象的な期待では効果はゼロ。「君の分析力に期待している」など、部下の長所をピンポイントで指摘すると、やる気が高まり、結果を出すだろう。その結果をまた褒めると、次第に問題行動がなくなっていく。


成宮雄三

私は朝だけでなく、帰りも徒歩で、しかも渋谷まで30分~1時間かけて、ゆっくり街を見て回るようにしています。そうすると、メディアだけではわからないリアルな情報に触れることができます。たとえば、フライヤー(チラシ)をもらえば、いま若者が関心を寄せているグラフィック(ロゴや図柄)がわかるし、ショップを見てまわれば、本当に流行しているものも見えてきます。


山名昌衛

海外で現地の方と一緒に働く上で大事なことは目標を共通のものにして、国籍の違いや価値観を理解しながら人間的な信頼関係をつくっていくこと。


荻田伍

営業マン個人がつくった原因で取引が打ち切られそうになったこともあります。お客様との約束をうっかり忘れてしまう、といった一見些細なことからも、人間関係は簡単に崩れていくものです。


河野貴輝

会議室を作りたくて作ったというよりも、空いているスペースがあったので、それを会議室にしたのが始まりです。そして、レンタルオフィスなど他の業態も含めた試行錯誤を繰り返しながら、最終的に貸会議室事業に行き着きました。お金が無かったので、勝負しようとは考えていませんでした。ただ、困っているところには必ずチャンスが転がっているものですから、空きビルや、取り壊しの決まっているビルを上手く活用すれば、ビジネスになるのではないかという単純な発想ですね。


又吉直樹

生活を脅かすものを排除したいというのは、みんなどっかである。でも、この世界の誰かに対する想像力、何かから喚起されるものがあれば、変わりそうですよね。


野中広務

ケンカは必ず格上とやるべし。格下に勝っても頭角を現す点数にはならない。


安渕聖司

イチロー選手が、いつも同じ朝食を食べて、いつも試合の数時間前に来て、同じ準備をしているという話を聞いたことがありますが、ビジネスパーソンも、いつも同じことをすることで、コンディションが一定に保てると思っています。


千原せいじ

生きる上において間違った努力をし続けてしまうことは、何もしないよりもひどいですから。しまいには「俺、こんなに頑張ってんのに」って気持ちが入ってくる。この気持ちに心を奪われたら駄目です。そこで成長、止まってしまいますから。


水木しげる

熱中する能力、いわば「好き」の力ほど、人生を生きていくうえで大事なものはないような気がする。