立川敬二の名言

立川敬二のプロフィール

立川敬二、たちかわ・けいじ。NTTドコモ社長。JAXA宇宙航空研究開発機構理事長

立川敬二の名言 一覧

従来のNTTの風土からすると、ドコモは企業風土がガラリと変わったと言われる。まず、きわめて時間が凝縮されていたということがある。NTTの技術開発なんて、それこそ十年もかけてやればよかったのが、いまは一年で開発することが求められる。臨機応変にやらなきゃだめなわけです。電話の進歩は今考えれば、ちんたらやっていたわけですよ。だけど、いまはドッグイヤーと言われるくらい速いわけだから、それに対応せざるを得ない。だから、外から見たら柔軟にやっているように見える。


規制機関は昔はきわめて慎重だったでしょう。独占ということは失敗が許されないわけだから、入れるにあたっては、本当に石橋を叩いて渡らなければいけなかったんです。そういう時代背景もあります。規制機関は、だめでも自分たちの責任にならないからいい。だけど、いまは競争でしょう?出してダメならつぶれるだけ。業者が勝手にやって、利用者からウケなければなくなるだけ。選別要素が利用者側にできてしまった。自由に発想できるようになったと言えます。


急に伸びると人材が不足する。これが逆にいいわけです。外の力を借りるようになるからです。従来のNTTの風土からすると、ドコモは企業風土がガラリと変わったと言われる。中途入社を含め、いろんな人を入れたというのが、いままでのNTTにない企業風土を作ってきたわけです。


立川敬二の経歴・略歴

立川敬二、たちかわ・けいじ。NTTドコモ社長。JAXA宇宙航空研究開発機構理事長

他の記事も読んでみる

森川亮

ITの領域は、大企業だから強いという部分があまりない。できるだけ組織は小さくあり続けたい。


木瀬照雄

日本人にはいま、変なプライドばかりが目立ちます。たとえば仕事を選ぶにしても、これは嫌だとか、あの仕事がいいとか。少なくとも僕らの時代は、一人前になるまでは「何でもしますよ」というのが普通でした。


樋口武男

まずは経営者が社員をやる気にさせることができるかどうか。不要な業務や派閥、不公平な人事といった障害となるものを撤廃し、存分に能力を発揮できる環境をつくれば、大企業病はおのずと克服できるはず。


吉野浩行

ブレーンストーミングを大事にしています。立場や年齢の違いなどには構わず、闊達な議論を行う。もっとも、ホンダもそれなりに大きい組織なので経営的な面ではそうとう慎重にならざるを得ないです。しかし、技術分野などでは異質なもの同士のぶつかり合いが大切です。


小坂敬

人間の命も「預りもの」。生きている間、命を預かっている。だからこそ、しっかり生きなくてはいけないですし、自分が生きている間、受け継いできたものを次に伝えていかなくてはいけない。


大橋徹二

様々なステークホルダーからの信頼の総和が、企業の価値。


中島武

みんなは僕が苦労してきたと思うみたいなんですが、僕は苦労はしていないんです。もともと安易な考えで飲食業をはじめましたから、わかりやすいことしかやってきていないんですね。普通の人から見れば、それはすごい苦労なのかもしれない。でも僕は、もともと苦労をあまり感じない方なんです。


外村仁

管理会計的に考えるとダメでしょうね。損して得取れではないですが、最終的に成し遂げたいものは何かを考え、それを達成するためにいくらか余計にお金を使うのが本来の姿です。当たり前と言えば当たり前なんだけど、現実には、古参の企業ではなかなか実践できていません。


原丈人

会社のことを一番考えているのは社外取締役じゃないんですよ、社員なんですよ。日本の労働組合は米国みたいに対立型じゃない場合が多いですから、労働組合の代表者に取締役会に出てもらうのもいいわけです。場合によっては、取引先代表も入れたり、地域代表も入れたりして、「会社が事業を通じて社会に貢献しているかどうか」という観点から議論ができるようにすることだって考えられます。米国にも欧州にもない企業統治の体系を日本で生むくらいのことがあっていい。


杉本昌弘

誰も続けていなかった研究だったから、競争相手がいなかった。「いけそうだ」と皆が動いている方向に進んでも競争相手が多いだけ。「ムリ」「ムダ」なんて言われてる分野にこそ、チャンスが隠れています。その分、エネルギーも必要ですけどね。


了徳寺健二

経営者には、最後は、死ぬ気になって全てを乗り越える胆力が求められる。


オグ・マンディーノ

あなたには成功しなければならないという義務はない。ただ、自分自身に対して誠実でなければならないという義務があるだけだ。あなたが最善を尽くしたいと思うことに、全力投入しなさい。そうすれば魂の奥深くで自分が世界一の成功者であることを知るだろう。


平岡昭良

日本は社会課題先進国と言われるように、高齢化や少子化、エネルギー問題、環境問題と様々な社会課題が山積しています。しかし、今や、これらの社会課題は一企業だけで解決できる問題ではありません。もちろん、一つの自治体が解決できる問題でもありません。では、どのように解決していくか。それはやはり様々な得意分野を持った企業同士が連携して、ビジネスエコシステム(生態系)を形成し、社会課題を解決していくべきだと思うんですね。


林田正光

CS(顧客満足度)が高まれば、企業のブランド価値が高まり、それによって価格競争に巻き込まれにくくなり、良い人材が集まり、クレームが減少する。


村口和孝

偉大な起業家が古今東西、一般の人たちの共感を呼ぶ理由の一つが、組織の部分最適ではなく、社会全体の最適化に努力しているからだろう。


ページの先頭へ