名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

窪塚洋介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

窪塚洋介のプロフィール

窪塚洋介、くぼづか・ようすけ。日本の俳優、ミュージシャン。神奈川県出身。テレビドラマ『金田一少年の事件簿』でデビュー。日本アカデミー賞新人俳優賞・最優秀主演男優賞を獲得。テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

窪塚洋介の名言 一覧

何より大事なのは、今をちゃんと生きること。最初の一歩を、永遠に踏み続けることだと思う。


人生のすべてが伏線だった。


自分こそが主人公だと信じて、誰に何を言われようと自分らしさをまっとうしたほうがいい。人生は一度きりなんだから。


五感というのは小さな窓に過ぎなくて、そこから見える景色は世界のほんの一部だ。角度を少しずらすだけで、見え方が一瞬で変わり、世界は無限に広がっていく。だけど自分の目がなければ世界は存在しないのと同じで、世界のありようを決めるのは自分の気持ちひとつ。


夢は広がるけど、やっぱり僕にとっては、日本映画が居場所。自分の言葉を使ってできる芝居を大事にしていきたいし、その中で想いやメッセージを表現していきたい。愛とか希望とか、鼻で笑われるかもしれないような言葉を言い続けながら、どこまで行けるのか、自分でも見てみたい。


窪塚洋介の経歴・略歴

窪塚洋介、くぼづか・ようすけ。日本の俳優、ミュージシャン。神奈川県出身。テレビドラマ『金田一少年の事件簿』でデビュー。日本アカデミー賞新人俳優賞・最優秀主演男優賞を獲得。テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

他の記事も読んでみる

小池信三

弊社のポリシーは創業以来「同じ家は、つくらない」です。現代は、人が人生の中で家を何回か住み替えていく時代ではなく、1度購入した家を終の棲家とする時代になっています。人生に1度だけの大きな買い物なのに、ほかにあるような家をお客様は望まれるでしょうか。私たちは「社会的芸術性と個人的生活空間プロデューサー」として、たとえ非効率であってもそこに住まう人を思い浮かべながら、デザイン性の高い「世界でたった一つだけの家」をつくり出しています。


羽生善治

最善手を選ぶというのは、裏を返せば、数ある選択肢の中からそれ以外を捨てるということですから、知識や情報が増えれば、それだけ選択肢が増えて見切りは難しくなるのです。また、知らないことに対する恐怖や不安も大きくなります。見切りの技術や、恐怖や不安に打ち克つ精神力も同時に鍛えて、初めて知識や情報は自分の財産になるのです。


青木紘二

仕事は全部楽しいわけじゃないけれど、全部が楽しくない仕事だったら辞めたほうがいい。でないと、お金だけの人生になってしまいますから。


池田ゆう

気をつけて欲しいのは、清潔であることがおしゃれの基本であること。どんなに美味しい食事も、楽しい会話も口臭がしただけで、台無しになってしまいますから、退社時には必ずうがい・洗顔をすることを忘れないで下さい。マウスウォッシュや洗顔料、化粧水などを会社に置いておくか携帯することをお勧めします。


西山敷

私がお客様に提供したいのは商品だけではありません。モノだけではなくコト、つまり心地いい空間や楽しい時間を生み出していきたい。


アール・ウォーレン

電気を発見したのはベンジャミン・フランクリンだが、電気で金を儲けたのはメーターを発明した人だ。


松本人志

芸人は常に作品を作っていかなければならない。僕はそういう人になりたい。


高島宏平(髙島宏平)

年に1回、取引先の生産者に集まってもらって、全体で表彰する場を設けています。受賞者に講演してもらったり実際の作物を来場者に食べてもらったりしています。こうすることで、当社は品質の底上げを図れるし、参加した生産者も品質を改善できれば買い取り価格を引き上げられます。当然、顧客の満足度も上がり、好循環が生まれるのです。


大前研一

世の中の変化はめちゃくちゃ速くなっている。「年相応」とか「今さら」というのは禁句。変化についていかないことにはビジネスはできない。世の中の変化がまばゆく見えても、新しい変化をしっかりと吸収してください。


森川陽太郎

心が乱れた自分を受け止めたくないのは、結局は傷つかないようメンタルを管理しているだけなんです。じつは以前の僕がそうだった。緊張や不安から逃げていた。初めての講習会で失態を演じてから、1年間は人前で話す仕事を断っていたほどです。でも、いまはあらゆる感情を真っ正面から受け止めて、OKラインを一つずつクリアして行けるようになった。まだまだ僕のメンタルは弱いけれど、セミナー等は月に10回以上開催しているし、人前で話すことが楽しく感じられるようになったんです。弱くても100%の力を出すことは誰にでもできるんですよ。


宮内誠

リーマンショック直後のタイミングでのスタートは「機会」という言葉に尽きます。確かに状況は最悪でしたが、「これ以上、悪くはならない」と前向きにとらえようとしていました。それしか、自分たちを奮い立たせる言葉がありませんでした。


ロバート・キヨサキ

市場が競争相手でごった返している今の世界では、ブランドはかつてないほど重要なものになっている。あなたが「ブランド」でないとしたら、あなたはただの「日用品」にすぎない。たとえば、コンピュータにもいろいろあるが、アップルコンピュータは別格だ。