稲葉興作の名言

稲葉興作のプロフィール

稲葉興作、いなば・こうさく。石川島播磨重工社長・会長。東京商工会議所会頭、日本商工会議所会頭なども務める。シンガポール生まれ、東京工業大学機械工学科を卒業後、石川島播磨重工入社。勲一等旭日大綬章受章

稲葉興作の名言 一覧

研究資料が乏しいので、必要な文献や論文を回し読みする「輪講」はかなり続いた。大学時代からそうだったが、先端の技術研究書は欧米のものばかりだった。日本の学者のものは、理論的なものばかりで、やはり経験の多い欧米のものが実際的であった。


失敗した原因をさかのぼって追求し、新しい理論や技術を発見するのが肝要だ。いわば逆算からの出発である。【覚書き:21世紀の技術開発について語った言葉】


前に進むべきか退くべきか迷った時は簡単な原則に戻る。すなわち、5年後、10年後に採算がとれるか、会社の発展につながるか、これをチェックすればおのずと結論が出る。


稲葉興作の経歴・略歴

稲葉興作、いなば・こうさく。石川島播磨重工社長・会長。東京商工会議所会頭、日本商工会議所会頭なども務める。シンガポール生まれ、東京工業大学機械工学科を卒業後、石川島播磨重工入社。勲一等旭日大綬章受章

他の記事も読んでみる

川路耕一

何か新しいことをやりたいと考えて、会社をつくると、不思議と人が集まってくる。やはり人生は人と人の出会いだと思います。私は本当に幸せ者です。


岡村正

世界が直面する問題点を、いかに正しく予測できるかが最も大事。将来の事について正確に予測するのは難しいと思いますが、常に頭の中が整理されている状態を保てなければ経営者として務まらないでしょう。


内藤忍

リスクを取らなければ、利回りアップは得られません。しかし、大事な資産をパーにしてしまったのでは元も子もありません。「どこまで損する可能性があるのか」、さらに「自分はどこまで損失を許容できるのか」を考えることが大前提です。つまり、リターンではなく、リスクから考え、そのなかで一番いいリターンを出していくのかを考えるのです。


石川善樹

感情は伝染すると知っておくことが大事。自分の感情は自分一人が決めているのではなく、つながりの先にある膨大なネットワークの影響を受けているという事実を忘れないでください。あなたのネガティブな感情は、あなたのせいではないかもしれないのです。


鳥羽博道

徳川家康の「願いが正しければ、時至れば必ず成就する」という言葉は私の座右の銘のひとつになっている。正しい願い、ポリシーというものは時期が来れば必ず成就する。その努力と忍耐は必ず報われるものだと思う。


月岡隆

40代初めプエルトリコのガソリン販売会社に経営者として一人で赴任した。言葉で苦労しながら、出光の考え方を現地社員に説明し、出光ファンになってもらうよう勉めた。目標を達成するには人と人の関係が大切で、それに国境がないことを私自身、実感した。


鈴木康夫(経営者)

私は今、再建を引き受けた経営者として、最も大事な仕事に取りかかっています。あと3年の問に後継者を決めたいのです。アークの事業を一番分かっている社内の人たちに、次の経営を託したい。


野木森雅郁

製薬会社では、新たに発見や合成された物質が製品化に至る確率はわずか19700分の1です。しかも、運や偶然性に左右されることが非常に多いのです。そのほとんどが無駄になるとわかっていてもなお、来る日も来る日もうまずたゆまず努力を重ねる。それがあって初めて、19700分の1の幸運に巡り合うことができるのです。19699の試行錯誤は、患者さんが喜んで使ってくれる新薬を生み出すためにすべて必要なことであって、ひとつも無駄はないのです。


松井順一

まずは仕事の優先順位を明確にすることが、何より効果的な対策。仕事の「重要度」と「緊急度」を整理したり、TODOを一元管理できるツールを活用して、優先度を正しく把握しましょう。頭の中でなんとなく段取りを組んだり、記憶に頼って仕事を進めようとせず、「今、本当にやるべきことは何か」を明確にすることで、仕事の混乱を防げます。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。


松田公太

サービスとはお客様の顔を見て、自然な会話ができるようになってこそ本物と言える。もちろん、これはマニュアルを実践するよりは、はるかに難しいこと。あの店に行けば、コーヒーを買いながら気持ちの良い会話まで楽しめる。そうした印象を広めることも、リピーターを増やすためには不可欠だった。


アリストテレス・オナシス

成功の鍵は、誰にも見つかっていない物を探すことだ。


島田昌幸

自分の作りたいものを作って、それを世に問う。そこからもの作りは始まる。


深野康彦

投資は「習うより慣れろ」。まずは始めてみることです。


木川眞

デファクトスタンダードとなったら、この立場を活かし、一段上の、よりスケールの大きい使い勝手のいいプラットフォームを構築する。行政や民間企業が我々のプラットフォームを利用することで、より高品質なサービスを安いコストで提供できるようになる。すると我々は、なくてはならない存在になるでしょう。言葉をかえれば、「一番身近で最も愛される企業」になれるのです。


ページの先頭へ