名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

稲田朋美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

稲田朋美のプロフィール

稲田朋美、いなだ・ともみ。日本の政治家、弁護士。福井県出身。早稲田大学法学部卒業。司法試験合格。弁護士として活動したのち、政治家に転身。自由民主党政務調査会長、自民党福井県連会長、内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣などを務めた。

稲田朋美の名言 一覧

無駄なものを無駄と指摘できる環境を整えることが重要。


大事なのは規制を改革したり、行政改革で不用な予算を削ったりした官僚が評価されること。公務員制度改革ではそういう仕組みも内閣人事局の中につくりました。これで規制改革も行政改革も進み、効果を発揮するようになると思います。


稲田朋美の経歴・略歴

稲田朋美、いなだ・ともみ。日本の政治家、弁護士。福井県出身。早稲田大学法学部卒業。司法試験合格。弁護士として活動したのち、政治家に転身。自由民主党政務調査会長、自民党福井県連会長、内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤優

僕がおすすめするのは、「Aパターン:いまの仕事を続けた場合」、「Bパターン:辞めて転職した場合」、「Cパターン:田舎に帰ってまったく違った仕事をした場合」など、3つくらいの人生パターンを紙に書き出してみること。そこで自分ができそうなこと、いまの自分に足りないことを確認する。30代後半、40代前半からその作業を始めて、40代後半、50代に、何かあったときの準備をしておくのです。


細谷英二

若い人が「目標がない」とか「どうやったら夢を持てるか教えて欲しい」などといっているのはちょっと心配です。夢を持つのは人間に与えられた特権です。若いうちから夢を見る力、目標を立てて考え抜く力を鍛えておかなくてはいけません。


柳井正

会社は自分の為にあるわけではありません。社員の為でもありません。お客様のためです。


三浦展

人びとが直して使うことが楽しいと思えるようになってきています。そもそも、まだ使えるのにどんどん新品に買い替えさせようというシステムが反エコでしょう。もう、消費者に長く使われるような産業のサイクルではまずいわけです。そういう分野は中国に任せてしまって、日本はリペア(修理)やメンテナンス産業をもっと伸ばしたほうがいい。それが当然だという世の中になれば、そこに雇用が生まれるし、技術も伝承されます。それが消費拡大につながっていくと思います。


糸井重里

今年は残すところ2か月ちょっとだけれど、特別な年だったからこそ、書くことを義務にしてみてもいいんじゃないかな。毎日10分手帳と向き合うとかね。白紙と対面すると「あ、俺って意外と何も考えてないな」って思うかもしれない。それも気づきなんですよ。白紙を見ている自分は白紙の自分なんです。1日ずつ日々をしっかり相手にすることを素晴らしいと思える、そんな年になるかもしれません。


神谷一雄

人生は常に自分との戦い。怠けていてはダメ。自分に克(か)たなくてはいけません。己に勝つ、己に挑戦するということです。


中分孝一

私は繊維部門のほぼすべての事業に関わりましたが、デニムには疎かった。社員との対話を通じて、この会社の課題がはっきり見えてきた。


竹内薫

科学・技術の分野では、いま社会的に注目されているトピックを追いかけてもすでに手遅れ。次の次に来るトレンドに着目し、それが社会をどのように変えるのか、自分たちのビジネスにどんな影響を与えるのかに意識を向け、準備をしておく必要があります。


日覺昭廣

常に引き締めていないと、みんな他人のせいにして言い訳をします。


田中良和(GREE)

企業というのは、たまたま1年うまくいくことはあっても、10年も20年も偶然は続きません。成長の陰には、社員一人一人の継続的な努力がある。


蟹瀬誠一

世の大金持ち他とを見ると、ほとんどが、いまなお現役の会社経営者であることが多い。仕事をしていないと退屈なのだと思う。やはり、人間は適度に働くべきなのかもしれない。だから定年=退職という発想にとらわれる必要はないと僕は考えている。


妹島和世

新しい視点を得るには、快適さに安住してはいけない。