名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

稲田朋美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

稲田朋美のプロフィール

稲田朋美、いなだ・ともみ。日本の政治家、弁護士。福井県出身。早稲田大学法学部卒業。司法試験合格。弁護士として活動したのち、政治家に転身。自由民主党政務調査会長、自民党福井県連会長、内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣などを務めた。

稲田朋美の名言 一覧

無駄なものを無駄と指摘できる環境を整えることが重要。


大事なのは規制を改革したり、行政改革で不用な予算を削ったりした官僚が評価されること。公務員制度改革ではそういう仕組みも内閣人事局の中につくりました。これで規制改革も行政改革も進み、効果を発揮するようになると思います。


稲田朋美の経歴・略歴

稲田朋美、いなだ・ともみ。日本の政治家、弁護士。福井県出身。早稲田大学法学部卒業。司法試験合格。弁護士として活動したのち、政治家に転身。自由民主党政務調査会長、自民党福井県連会長、内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣などを務めた。

他の記事も読んでみる

田中愼一(田中慎一)

評判が良すぎるのは危険です。実際に提供できる価値よりも期待値が低いなら問題はありません。困るのは、実力より期待が高まってしまったときです。期待に応えられなくなった瞬間、期待は失望に変わります。つまりブランドイメージが急降下するのです。企業でも個人でも同じです。期待をマネージすることが大事です。


徳重徹

目先の目標は、まず一万台。これは春から量産が始まればすぐに達成できます。きちんと基礎固めをしながら挑戦していきたいです。


木村博紀(経営者)

私の健康法は、気分転換も兼ねたスポーツジム通いです。40歳を超えた頃、少し健康のことを考えなければならないと感じ始めたことをきっかけに、スポーツジム通いを始めました。最近は土曜日、日曜日のどちらか1回くらいしか行くことはできませんが、疲れている時でも運動をして一汗かくと疲れが取れることがわかりました。その点でも健康にいいのだろうということが実感できます。


加島禎二(加島禎二)

不文律を変えようとすれば抵抗勢力は生じるもの。一番やっかいなのは抵抗勢力が自分は正しいと思い込んでいるときだ。こういった社員は長年、不文律と表裏一体で過ごしてきたため、不文律を客観視することもないし、悪いと思いもしない。この手の人に対しては目線をぐっと上げて環境分析の議論をやらなければいけない。部署が置かれた環境や戦略、どこで勝とうとしているのかを議論し、不文律という色眼鏡を外させるのだ。


種田陽平

最近の映画美術は、パソコンのモニタ上で、監督と事前にかなり細かい確認や検証を行ってから作られることも多くなりました。ただ、僕はそういったシミュレーションやそのコンピュータ上での作業をあまり信じすぎないようにしています。現場で美術が組みあがり、役者に照明が当たり、「うわぁ!」と歓声があがる。劇場で観たら作品の中に呑みこまれていくような気がする。そういうものこそ、理想の映画美術なんじゃないかなと思います。全体をどうやって作ったらよいのかわからないまま進めるぐらいのほうがいいんです。


岩田松雄

企業は事業を通じて世の中をよくするためにある。それぞれの会社には存在理由があり、それがミッションです。ザ・ボディショップには化粧品を通じて、スターバックスにはコーヒーを通じて、世の中をよくしていくという使命(ミッション)がある。


石川康晴

崖っぷちに追い込まれた時、パナソニック創業者である松下幸之助さんの本を読みました。そこには「世間は正しい」と書いてありました。では、世間は何を正しいと思っているのか、赤字に追い込まれたことで初めて考えるきっかけができました。


松橋良紀

人は論理ではなく感情で動いているのです。商品を売るときに限らず、初対面では相手の警戒心を解き、親しくなる必要があるのです。そのためには、雑談で自分の人間性を伝えるのが一番なのです。


武藤光一

必ず業界トップになるというこだわりは持ち続けなくてはいけません。


鎌倉圭

現在、税理士法人と広告代理店のほかにも、計6社の経営をしています。経営者の方々の気持ちは痛いほどわかる。一税理士である前に、一経営者である以上、自動的に当事者意識を持ってしまいます。なので、お客様に説明やアドバイスをする際も、まさに経営の視点から何が重要なのかをわかりやすくお話しするよう心がけています。


山下徹

掛け声だけでなく、システム開発の速度を上げるために様々なことに取り組ませました。海外と日本でチームを分けて24時間体制で開発することも試みました。特に力を入れたのは、ソフトウエアの自動生成です。この研究は、ずっと以前から研究開発部門が実現を目指していたのですが、なかなか成果が出ていませんでした。どんなシステムをも自動生成できる汎用的なツールを作ろうと、難しいことに挑戦し、うまくいかなかったのです。ところが3年前、ある開発現場が、自然言語を入力すれば、自動的にソフトウエアを開発できるツールを考案しました。汎用性は高くありませんが、結構優れもので、開発速度も品質も飛躍的に向上しました。まさにイノベーションです。現在、その知見をほかのシステム開発にも応用しています。


山下和美

私はいつもアイデアがバラバラと出てきて、まとめられない。打ち合わせの中で、担当編集さんがふと上手く言語化してくれるんです。その瞬間にサーッとすべてがつながって、ストーリーができる。