名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

稲本健一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

稲本健一のプロフィール

稲本健一、いなもと・けんいち。日本の経営者。「ゼットン」社長。愛知県出身。芸術系短大卒業後、工業デザイナーを経てZETTONをオープン。カフェ、レストラン、バー、ブライダル、和食など様々な業態の店舗を経営。

稲本健一の名言 一覧

僕は昔行っていた店にもよく行きます。昔からの自分を知っている方に会うと心初心に戻れるんですよね。


遊びながらとにかく楽しくやろうというのが原点。


時間は貴重。丸1日好きでないものに使いたくない。


好きなことにどれだけお金と時間を使えるかが、豊かさだと思う。時間が空けばすぐ海外にトライアスロンに行きます。その分、モノには興味がなくなりましたね。


よく、飲食店を出したいと言ってお金を貯めている人がいるけど、食費を節約してお店に食べに行かなかったりする。うまいものを食べないで、トレンドもわからないでいい店はできないと思いますよ。


「飲み屋での約束は絶対に守る」が私の信条。


生きたお金の使い方は、人と会ったり出かけたりすることですね。どこかで何かを誰かと食べれば、アイデアに結びつくこともあります。この前はセブ島の英語学校に1か月行って勉強してきました。海外進出のためもあるけど、20歳くらいの韓国や台湾の学生と一緒にいていい刺激を受けてきました。


言葉の障害、法律の障害すべてを乗り越えれば、一気にマーケットが広がりますし、一気に働く人の感覚も違ってきます。これはまさしくビジネスになってくるという意味では、世界に通じる飲食業になるという事が、僕たちのここ4~5年の目標です。


順調に4店舗の出店できました。しかし、いつもお客様の事を考えて作っていたはずでしたが、どんな経営者にもそういった時期があると思いますが、一度鼻が高くなりました。何をやっても流行ると思っていました。5店舗目は、鏡を使って、ガラスを使って、モニターを付けて、デジタルな雰囲気で、ミラーボールぐるぐる回して……ディスコチックな居酒屋を作りました。できた瞬間に「ダメだこれ、こんな所で飯を食いたくない」とわかりました。しかし、それまで順調だったため、作り上げるまで分かりませんでした。月々3~400万円ずつ赤字が出ました。その後東京出店も控えていましたが、どんどんお金が無くなって行きました。しかしそこで、お店の閉め方も大事だという事を学ぶことができました。


好き勝手にお店を作ったら、おそらくどこにもないお店が完成しました。最初の2ヶ月くらいはすごくヒマでしたが、3ヶ月くらいからドカ~ンと売れ始めました。やはりオリジナルは大事だと実感しました。


トライアスロンは己の力だけで克服しなければなりません。12時間以上、己と向き合う中で、たくさんのことを考え、いろいろなことを思い描くことができます。人生において、これだけ長く自分と対話をする機会はないでしよう。


企業経営では営業力はあるが財務体質が弱いから何とかしなくてはならなかったり、その逆のケースもあります。トライアスロンも一緒で、水泳が得意でもランが不得意といた場合があります。長所を伸ばしつつ短所を減らすという意味では企業経営の手法とつながるのです。3つをバランス良く鍛えることが、経営においても生きてくるのです。


トライアスロンは、究極の個人競技的な団体競技です。サポートやトレーニング仲間がいて、何よりゴールの先に仲間が待っている。また、水泳、自転車、マラソンと3種目あることで、スケジュール管理など、高いマネジメント能力が必要で、それを磨けるのも魅力のひとつです。


稲本健一の経歴・略歴

稲本健一、いなもと・けんいち。日本の経営者。「ゼットン」社長。愛知県出身。芸術系短大卒業後、工業デザイナーを経てZETTONをオープン。カフェ、レストラン、バー、ブライダル、和食など様々な業態の店舗を経営。

他の記事も読んでみる

いつか(エッセイスト)

叔母がアメリカに住んでいたので、20歳でアメリカに渡り、そこで日本のシステムにとらわれていては駄目だと気づきました。日本では他人と同調するのが美徳だとされますが、アメリカでは自己主張し、他人の意見も尊重します。これまでに50か国以上を訪れ、世界中の人々のモノの見方や考え方を知ることができたのは財産です。


村田恒夫

M&Aに関しては我々にない技術や市場を補完できる企業や事業を中心に行っています。


ジェイ・エイブラハム

21世紀のビジネス環境における成功のカギは、人と創造的に協働する能力を持つことだとわかった。どんな個人も、すべてを知ることはできないし、パズルのすべてのピースを持ち合わせることもできない。


金子靖代

CS(顧客満足度)を上げることに尽きます。お客様の満足度が上がれば、長く利用していただけます。当社では継続率と言っているのですが、継続率が高まると、お客様は自然と増えていきます。そうなれば、同じ目標でも楽に達成できるようになる。


遠藤功

仕事の失敗というのは10個あるピースのうち9つまでをパズルに埋めたとしても、最後のひとつが埋めきれなかったために起きるのです。失敗しないためには、最後のピースを確実に埋めなくてはいけません。新しい仕事に取り組む際、まずパズルを完成させるために必要なピースをすべてピックアップすることから始めるべきです。


竹中平蔵

野球の野村克也元監督と対談して本を出版した際に聞いた話ですが、野村さんは「当時9連覇した巨人の川上(哲治)監督はミーティングで一体どんな話をしているのか」を調べたそうです。そこで分かったのは、川上さんが野球の技術の話は全くせずに、野球とどう向き合うかという姿勢についてばかり話していたということです。大事なのは姿勢、つまりプレイヤーの意識だと思います。


ビクター・ルイス(経営者)

私はCEO(最高経営責任者)に就任し、コーチというブランド、そしてコーチという会社の変革を実践してきました。コーチは今年75周年を迎えますが、過去の歴史は変革の歩みでした。


土屋敦之

「エニタイムフィットネス」はインストラクターを置いておらず、プールやサウナがないマシンジムに特化しているため、オフィスビルにも展開が可能で、料金も競合の半額から7割。店内には至る所に防犯カメラを設置しているため、綜合警備保障と包括契約を結んで安全・安心な施設環境を提供しています。


渡邉洋介

大事なのは、企画書であるなら読んだ人に行動を起こしてもらう、という目的を強く意識すること。企画書のゴールは「読ませる」ことではなく「動かす」こと。


星野佳路

現在の我々の競合は誰かというと、明らかに外資系の運営会社です。星野リゾートはいま国内に27拠点ありますが、そのスケールメリットは、外資系に比べれば大したことはない。我々の弱点というのはそこで、運営面や予約獲得面においてスケールメリットが効いていないし、ブランド力が低い。ですから、競合に勝つためにはそれらを強化しなければなりません。運営施設をもっと増やしたいし、世界的な知名度を持つ彼らに負けないブランドになる必要があります。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金で後悔しない人は家計の見直しの際に、こまごまとしたところより、住居費などの大きな固定費から削っていきます。もちろん大きな支出を削ろうとすれば、それだけの摩擦が起きるものですが、そこを思い切れば、小さな節約よりずっと楽に大きな成果を期待できます。


本広克行

仕事を任されると、任される嬉しさでやる気が出てくるし、任せてくれた先輩に恥をかかせちゃいけないとい責任感も出てくる。