名言DB

9413 人 / 110706 名言

稲川博通の名言

twitter Facebook はてブ

稲川博通のプロフィール

稲川博通、いながわ。ひろみち。日本の経営者。アパレルメーカーの「レナウン」社長。東京出身。

稲川博通の名言 一覧

上からの命令をじっと待っている指示待ち族はいりません。自分で考えて自分で動き出す人が欲しい。


稲川博通の経歴・略歴

稲川博通、いながわ。ひろみち。日本の経営者。アパレルメーカーの「レナウン」社長。東京出身。

他の記事も読んでみる

高橋がなり

SODという会社をつくって、アダルトビデオをつくり始めたのは、アダルトでいい作品をつくるためじゃないんです。アダルトは僕にとっては手段なんです。まず何かで勝たなければ何もできないから、一番勝てそうなものを探した結果がアダルトビデオだった。まだ業界も成熟していないし、携わっている人間のレベルも低いし、ここなら勝てると。


山口拓朗

雑談のときに何を話していいかわからない、ネタがすぐ尽きてしまう……。そんな悩みを持ったら、まず「何のために雑談をするのか」という基本に立ち返ってみましょう。雑談の目的は、「リラックスした雰囲気づくり」にあります。初対面の相手と打ち解けたり、商談の場面で緊張をほぐしたり。いずれも、気軽な会話によって場を和やかにすることを目指すものです。そう考えると、話題選びのコツも見えてきます。居合わせた人同士が、そのとき・その場所において気持ちを共有できる話をすればいいのです。


藤田晋

人を疑うことを推奨しているわけではありませんが、疑うことを苦手としている人には、ビジネスで大きな仕事を安心して任せることができないのが現実。


林真理子

自己評価が高いって、生きていくうえで大切なことなんですよ。高い自己評価をどう保つのか自分なりに分析したところ、「人に褒められたことをよく覚えている」。褒められたことは、お世辞だなんて思いません。何か1つでも褒められたら、それを10倍くらいに捉えて覚えておく。それが、私の強さにつながっていると思います。


テリー伊藤

みんな「集中力ないな、どうしたらいいんだろう?」という時、ビジネス書なんかに頼りがちでしょう。でも、ボヤく前に体を動かそう。気力よりも体力こそが集中力をつける第一歩になるから。


松井忠三

ヒット商品のコツはありません。売れている商品がヒット商品であるということに尽きます。


河野修平

ATカーニー日本オフィスが行ったインタビューでは、IT投資で想定した効果を得られたかという質問に対して、9割の経営者が「期待した効果が出ていない」と回答しました。ITは、導入しさえすれば必ず効果が得られる魔法の杖ではありません。むしろ失敗するケースのほうが多いのです。よくあるのは、IT導入に合わせて業務や体制の見直しを適切に行わなかったことが失敗の原因になっているパターン。


ジョルジオ・アルマーニ

私はニセモノが嫌いだ。見せかけの真実は見たくない。


山本ケイイチ

22歳でフィットネス業界に入ったとき、池袋方面にある庶民派クラブと、六本木方面にある富裕層クラブを掛け持ちでアルバイトしていました。そこでは個人指導から集団指導まで幅広くやっていました。見ているとどうも、2つのクラブの会員さんには、それぞれトレーニングの取り組み方や、成果の出方が違うことに気がつきました。例えば庶民派の方々は、新しいトレーニングを一緒にやりましょうとか、このレッスンに出てみませんか、という新規提案に対し、「自分には向いてないから」「時間がないから」などと断る言葉が初めに出てくることが多かったです。逆に富裕層の方々は、新規提案に対し、「とりあえずやってみるか」「じゃあ時間作るよ」などの前向きな発言をする人が多いようでした。


矢崎精二

従業員に接する時は、まず「ありがとう」「お疲れさま」と感謝の気持ちを伝え、その後はとことん聞き役に徹します。話の途中で「こういう考え方もあるでしょ」などと遮ったり、茶々を入れたりしてはいけません。せいぜい相づちを打つくらいで、黙って最後まで聞くんです。私も若い頃は人の話を聞けなかった。「自分には何もない」と思えば、何でもありがたく聞けるようになります。


工藤将太郎

自分が本当にやりたいことを、会社を理由に実現できないなんておかしい。


前田鎌利

社外向けのプレゼン資料を作成する場合、聞き手の感情に訴えかけることが大事。


布施一樹

ある方から「ワーク・ライフ・ブレンディング」という言葉を聞いて、実践しています。「ワーク・ライフ・バランス」という言葉は有名ですが、それだとどうしても時間を配分していく考え方になりますよね。我々ベンチャーは、8時間仕事をしたことが成果になるわけではない。時間でいうと私の労働時間は相当長いと思います。しかし逆に、時間で考えるのをやめると、楽になったんです。


椋木修三

記憶というと頭に入れることばかりに目が行きますが、思い出すことも重要です。記憶する時間と想起する時間、インプットとアウトプットの両方が必要なのです。名刺交換のあと、「歌手の○○に似ていたな」と相手のことを思い出しながら、メモする。そのこと自体がアウトプットになります。時折それを見直すことが習慣になれば、記憶の定着率もぐんと上がります。


松田雅也

弊社の強みのひとつは、流通のシステムを作って発注用の顧客向けアプリに落とし込み、iPadごと飲食店に貸し出したこと。そうして現場をIT化してしまったのです。実際、パソコンは嫌いだという料理人も、iPhoneは持っていたりします。使いやすい機械であれば誰でも使う、ということです。