名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

稲山嘉寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

稲山嘉寛のプロフィール

稲山嘉寛、いなやま・よしひろ。新日本製鉄社長・会長。第5代経団連会長。東京都出身。東京帝国大学経済学部商業学科卒業後、商工省に入省し官営の八幡製鉄所に配属される。八幡製鉄所副参事、民営化後日本製鉄販売第四課長、九州支部長、営業部次長、その他の役職を経て新日本製鉄の合併で中心的な役割を果たし、初代社長・会長となる。そのほか、日本ホッケー協会会長なども務めた経営者。

稲山嘉寛の名言 一覧

天才はついに努力に及ばない。


人間には、過去を振り返って、憧れや郷愁を感じて楽しむ人と、常に将来に向かって生きている人とがあると思う。私はどちらかというと、懐古趣味にほど遠い部類に属するようだ。私は過去はできるだけサッパリと彼方へ押しやろうと努めている。したがって、過去を振り返って記念としたり、郷愁を楽しんだりすることは元来、あまり好きな性格ではない。


私は小さいころから、牧太さんや章一さんの仕事を見ていて、先見の明というものは、時勢を得なければ結局失敗に終わるということを知らされた。実業の世界では、頭ばかりで先走っても駄目である。
【覚書き|牧太さん、章一さんとは稲山氏の伯父。ともに先進的な商売で失敗した】


恐るべきは人間の煩悩であり、男性の持つ権力に対する執念である。わずか一握りの権力者が抱く妄想も、一朝にして世界を修羅の巷と化せしむるに十分である。
【覚書き|第二次世界大戦直前の時期を振り返っての発言】


特殊な知識や技能で身を立てる人は別だが管理者の立場に立って、企業経営に参加しようとするならば、わずか大学時代の専門に自らを釘付けにしないで、社会へ出てから、理科系の人は法律や経営の常識を、また経済系の人は理科系の一般常識を身につける必要がある。


父から教わった遊びの第一条件は、男は大いに遊べ、だが自分で稼いだ金でだということだった。なるほど、そう言われてみると、父はときおりどこへも出かけず一日中、長火鉢の脇で海苔の缶などを枕にしてゴロゴロ寝ていたことがあった。そんなときはきっと父の軍資金が不如意のときであったらしい。決して無理な工面をしたり、あとで苦しむような遊びをしなかったようである。


己の分を知っている人は、人の信頼も得られ、社会の中で重くなっていく。不満な人は会社で絶対に伸びない。
【覚書き:経団連会長時に出世する人はどんな人かと問われての発言】


人を待たすときには、NOと言わなければならない人から会ってやれ。YESと言える相手はいくら待たしてもいいが、待たされた挙句NOと言われると、人間誰しも気分を害するからね。


競争によってのみ会社は発展してきたとみるのは間違いではなかろうか。競争というのはモノを生産するよりも、むしろ奪い合うものだと思う。奪い合った結果は、破壊に落ち着かざるを得ない。反対に協調すれば生産は増えていく。


稲山嘉寛の経歴・略歴

稲山嘉寛、いなやま・よしひろ。新日本製鉄社長・会長。第5代経団連会長。東京都出身。東京帝国大学経済学部商業学科卒業後、商工省に入省し官営の八幡製鉄所に配属される。八幡製鉄所副参事、民営化後日本製鉄販売第四課長、九州支部長、営業部次長、その他の役職を経て新日本製鉄の合併で中心的な役割を果たし、初代社長・会長となる。そのほか、日本ホッケー協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

ジョージ・バーナード・ショー

学問した人間は、勉強によって時間を費やす怠け者である。


宮内義彦

上場会社は外部に向けてみっともないところは見せられない。でも、本当はドタバタとしたほうがいいときもある。


作田久男

私はいまオムロンで社長を務めていますが、「何のために社長をしているのだ、業績をあげるためか」と問われたら、「そうではありません」と答えるでしょう。もちろん業績をあげなければ社長の座にはいられませんから、それは必要ですが、社長という仕事を自分自身が納得してやれることが大事だと思っています。


池野一寛

机上の知識は駄目。技術はエコノミーに乗らないと意味がない。


枡野俊明

人と比べて決めるものではなく、自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる。


藤田晋

大学生の頃は、ベンチャー経営者はあこがれの職業ではありませんでした。豪邸や高級外車を自慢している怪しげな経営者が多かったし、メディアも面白がってそういう人を扱っていた時代。それより電通やリクルートのような会社がカッコイイ存在であり、大学生の目には経営者はただのおじさんにしか見えなかった。そこで、みんなの憧れの存在になる会社をつくるという方向に頭を切り替えました。


岩田聡

任天堂の個性のひとつは、ターゲットとするお客様を過剰に絞らないことです。具体的には、「今実際に製品を受け入れていただいているお客様以外にも、私たちの製品を喜んでもらったり楽しんでもらったりする方法が必ずあるはずだ」と常に考えるようにしています。


太田英昭

災害報道などを含む公共性の高い放送を健全に継続させることが最大の使命。広告市況に左右されない業種をさらに増やさなくてはいけない。


馬場信房

槍の穂先が上がっている敵は弱く、下がっている敵は強い。敵の槍の長さが揃って見えるのは足軽舞台で、そこに向かうのは利がない。槍の長さが不ぞろいなのは、身分のある敵であるから、そちらに向かえ。敵の気力はある時間で衰える。そこで一拍子に突きかかることだ。


坂下英樹

従業員に人気があり、採用時には応募者からも、そして株主や顧客からも人気がある企業は、必ず発展する。


大野直竹

オーナー(創業者・石橋信夫)は創業百周年で売り上げ10兆円という夢があった。そういう夢というのは、僕らに立ち止まってはいけないよということを教えていると思うんです。


野本弘文

企業というのは継続することが一番大事。世の中の変化に合わせて、企業として継続し成長するような仕組みを作っていくことが何より大事。