稲山嘉寛の名言

稲山嘉寛のプロフィール

稲山嘉寛、いなやま・よしひろ。新日本製鉄社長・会長。第5代経団連会長。東京都出身。東京帝国大学経済学部商業学科卒業後、商工省に入省し官営の八幡製鉄所に配属される。八幡製鉄所副参事、民営化後日本製鉄販売第四課長、九州支部長、営業部次長、その他の役職を経て新日本製鉄の合併で中心的な役割を果たし、初代社長・会長となる。そのほか、日本ホッケー協会会長なども務めた経営者。

稲山嘉寛の名言 一覧

天才はついに努力に及ばない。


人間には、過去を振り返って、憧れや郷愁を感じて楽しむ人と、常に将来に向かって生きている人とがあると思う。私はどちらかというと、懐古趣味にほど遠い部類に属するようだ。私は過去はできるだけサッパリと彼方へ押しやろうと努めている。したがって、過去を振り返って記念としたり、郷愁を楽しんだりすることは元来、あまり好きな性格ではない。


私は小さいころから、牧太さんや章一さんの仕事を見ていて、先見の明というものは、時勢を得なければ結局失敗に終わるということを知らされた。実業の世界では、頭ばかりで先走っても駄目である。
【覚書き|牧太さん、章一さんとは稲山氏の伯父。ともに先進的な商売で失敗した】


恐るべきは人間の煩悩であり、男性の持つ権力に対する執念である。わずか一握りの権力者が抱く妄想も、一朝にして世界を修羅の巷と化せしむるに十分である。
【覚書き|第二次世界大戦直前の時期を振り返っての発言】


特殊な知識や技能で身を立てる人は別だが管理者の立場に立って、企業経営に参加しようとするならば、わずか大学時代の専門に自らを釘付けにしないで、社会へ出てから、理科系の人は法律や経営の常識を、また経済系の人は理科系の一般常識を身につける必要がある。


父から教わった遊びの第一条件は、男は大いに遊べ、だが自分で稼いだ金でだということだった。なるほど、そう言われてみると、父はときおりどこへも出かけず一日中、長火鉢の脇で海苔の缶などを枕にしてゴロゴロ寝ていたことがあった。そんなときはきっと父の軍資金が不如意のときであったらしい。決して無理な工面をしたり、あとで苦しむような遊びをしなかったようである。


己の分を知っている人は、人の信頼も得られ、社会の中で重くなっていく。不満な人は会社で絶対に伸びない。
【覚書き:経団連会長時に出世する人はどんな人かと問われての発言】


人を待たすときには、NOと言わなければならない人から会ってやれ。YESと言える相手はいくら待たしてもいいが、待たされた挙句NOと言われると、人間誰しも気分を害するからね。


競争によってのみ会社は発展してきたとみるのは間違いではなかろうか。競争というのはモノを生産するよりも、むしろ奪い合うものだと思う。奪い合った結果は、破壊に落ち着かざるを得ない。反対に協調すれば生産は増えていく。


稲山嘉寛の経歴・略歴

稲山嘉寛、いなやま・よしひろ。新日本製鉄社長・会長。第5代経団連会長。東京都出身。東京帝国大学経済学部商業学科卒業後、商工省に入省し官営の八幡製鉄所に配属される。八幡製鉄所副参事、民営化後日本製鉄販売第四課長、九州支部長、営業部次長、その他の役職を経て新日本製鉄の合併で中心的な役割を果たし、初代社長・会長となる。そのほか、日本ホッケー協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

船ヶ山哲

「極端な例を出せば、そりゃそうでしょ」と言う人がいますが、そうではありません。極端に言わないと、こんな大切なことすらわからなくなっている人が、この世の中には溢れているということです。


池上彰

建前を中心に話をせざるを得ない場合は、本音を少し差し挟んで話すと、好感度は往々にしてあがります。フォーマルな席で、少しカジュアルな雰囲気が出ると、聞いている側はその人の人間性を垣間見ることができ、親しみを持てるようになるからです。


武地実

メンバーは皆こだわりが強いのでよくモメます。「逢妻ヒカリ」というキャラクターをつくったのですが、スリッパを履かせるかどうかでメンバー3人の意見が割れて、深夜の日高屋で5時間激論しました。僕は「家のなかでスリッパは履かない」派でしたが、ほかの2人は「履いたほうがかわいい!」。最終的に押し切られて、エプロン姿のときは履くことになりました(笑)。


川野幸夫

すべての産業は「変化適応業」です。製造業であればお客様のニーズに合わせてつくる商品を変えるのです。小売業も同じで、お客様の変化を見逃さずに進化させ続けなければなりません。


伊佐山元

そこは発想を変えるべきです。逆にシリコンバレーに東京をつくってしまえばいい。税金を使ってどんどん人を送り込んでもいいし、私たちのようなやり方で人を送ってもいい。そこで吸収したものを日本に持ち帰ってもらえば、日本にとっても有益です。
【覚え書き|東京にシリコンバレーのような場所をつくるのは無理だろうかと問われての言葉】


ヒラリー・クリントン

母は独善や道徳をふりかざしたカッコつけが大嫌いで、私や弟たちにいつもいっていた。「私たちはほかの人よりマシなわけでも、ダメなわけでもないんだからね」。


荒金雅子

ワークライフバランスという言葉が急速に広がっている。その意味を「女性のための仕事と家庭の両立支援」や「仕事を減らして生活にゆとりを持つこと」と理解している人も多いだろう。しかし、企業が利益を追求する組織である以上、どのような施策も企業にとってメリットのあるものでなければ浸透させることは難しい。


八ツ井慶子

月2万円を浮かすことが出来れば、40年で1000万円近く節約できます。逆に言うと、月2万円の浪費を放っておくと、家計はボディーブローが効いたようにゆっくりと弱っていくことになる。


トマス・エジソン

私は運なんて信じちゃいない。幸運も不運もだ。たいていの連中は何回か試すと諦めてしまう。だがこの私は狙った結果が出るまでは絶対に諦めない。


ケリー・マクゴニガル

やる気を「ある」か「ない」かで考える人がいます。でも実際には、やる気が「ない」のではなく、自分が持っているやる気や意欲を満足させる具体的な方法を見つけられないだけ。


似鳥昭雄

ほとんどの経営者は儲けること、売り上げを伸ばすことばかり考えてしまいます。自分の立場になってしまってはいけません。朝から晩まで「お客様にとって」という言葉が1日何回出るのか。1日最低10回は出ないといけません。そして言葉だけでなく、具体的に何をしていかないといけないのかを突き詰めて考えなければなりません。


高篠静雄

「モノ作り」で大切なのは、とにかく形にしてみること。


永野毅

保険というビジネスは、各国の規制や法律、あるいは文化に縛られるビジネスであり、極めてローカルなもの。私達が目指すグローバル経営とは、世界中に存在するグループ各社の強みを各ローカル事業が相互活用しながら、それぞれが強くなっていく、それぞれが良くなっていく経営。


石村賢一

最近でこそ、年に何十冊も本を読むようになった私ですが、若いころは本をほとんど読まない人間でした。だから、読書が苦手だという若手社員たちの気持ちもわかります。要はとっかかりが必要なのです。


ゲーテ

なぜこのように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っているからだ。


ページの先頭へ