稲尾和久の名言

稲尾和久のプロフィール

稲尾和久、日本のプロ野球選手。西武ライオンズでピッチャーを務め、入団1年目から防御率1位を皮切りに多くの記録を残した。西武ライオンズ黄金時代を支えた選手

稲尾和久の名言 一覧

どんなにすごい体力を持っていても、どんなに素晴らしい技術を持っていても、それらを活かしているのは心理的なものとか、精神的なものなんですよ。
【覚書き:プロ3年目のとき、日本シリーズで4連投したことを振り返っての発言。西武は3連敗していたが、稲尾氏の登板した試合から勝ち始め、4連勝で日本一を獲得した。また、連投4試合目は握力がほとんどなかったと語っている】


稲尾和久の経歴・略歴

稲尾和久、日本のプロ野球選手。西武ライオンズでピッチャーを務め、入団1年目から防御率1位を皮切りに多くの記録を残した。西武ライオンズ黄金時代を支えた選手

他の記事も読んでみる

森下一喜

ヒットの要因を分析するつもりはない。僕は自分が面白いと思えるゲームを作っているだけ。


堀紘一(コンサルタント)

自分の力や能力に頼るのではなく、「縁」を大切にすることが報われビジネスマンになる条件。


中井戸信英

日本には見えない壁がある。滅私奉公の精神がこびりついている。世間の目や短期的なステークホルダーの目を気にしすぎる。


織田大蔵

備えあれば憂いなし。火災保険はすべてに額面以上つけておけ。車両保険も、利益保険もあらゆるものにケチケチせずにつけておくことだ。これは社長の大事なつとめのひとつだ。事故の想定なしに事業はできない。想定したら思い切ってこれに保険を付けること。この心構えがなくては事業家とはいえない。


北川正恭

精神論も大切だけれども、働く環境が世の中の流れを大きく変えるということです。たとえば決まった座席、シチュエーションでオフィスが固定していたら、空気も固定されます。だからフリーアドレスが必要なんです。それによって課長や係長という肩書きのイメージではなく、今何が大切かという本物の議論に集中できます。


西多昌規

先送りする自分を責め過ぎないことも心得ておきましょう。「こんなにだらしないのは自分だけ」と思うのは間違いで、先送りグセに悩む人は実は非常に多くいます。自分を責め過ぎるとかえって動きは鈍くなるものです。「皆、同じ苦労をしつつ頑張っている」と思えば、自然と「自分もやろう」という気持ちになれるでしょう。


孫正義

時価総額なんて、影絵のようなもの。大きくもなれば小さくもなる。


鎌田浩毅

ノーベル化学賞や物理学賞をとるような論文であっても、当初の計画を完ぺきに達成して発表されたものは皆無といっていいのです。研究の世界では、100%のデータがそろわなくても、先に論文を発表したほうが勝ちです。一方で、完ぺきなクオリティでも、評価はゼロになります。そのため理系の人間は、不完全なデータを活かして、どれほどの成果があげられるか、クオリティと期限を天秤にかけて作業しています。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


橋本福夫

希望をかかげよう。僕もまた動物として恥ずかしくない死を遂げようという希望を。計画を立てよう。その希望を実行に移すための計画を。


松﨑晃一(松崎晃一)

冷静な判断ができればイライラしないで済む可能性が高まる。だから上司や部下にムカッとなったら「これは10段階で怒りのレベル2だな」等と、怒りをレベル分けするクセをつけるんです。レベル分けには冷静さが不可欠。これを続けていくと「この程度で怒るのはムダだな」と思えるようになります。


大江英樹

二次会を断って嫌な顔をされるのであれば、「子どもが熱を出した」「仕事が残っている」などと多少嘘をついても構いません。それを繰り返すうちに、次第に周りからは「二次会には行かない人」と認識されます。


野田一夫

会社にとって頼もしい人間とは、自分の意見を持っている人間のはずです。若造は発言するなと言うなら出席させなければいい。出席したからには同じ発言権がある。けれども、いまだに日本では、上司が最初にしゃべるとその線に沿った発言しか許されないような会議が多いようです。


雨宮隆久

顧客との話し合いの際は、テーブルの上に書類などを置かず、お互いの会話に集中できる環境を作ります。プレゼンテーション資料や必要なデータ、スケジュールなどはすべてスマートフォンで確認し、会議の場では1枚の用紙に必要なことだけをメモするようにしています。


坂根正弘

大事なのは、現場に立脚していることです。現場を知っていれば、「何を言えば現場が動くか」が分かるはず。


ページの先頭へ