名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

稲垣浩之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

稲垣浩之のプロフィール

稲垣浩之、いながき・ひろゆき。日本の不動産投資専門税理士、コンサルタント。「稲垣浩之税理士事務所」代表。千葉県出身。著書に『不動産投資専門税理士が明かす金持ち大家さんが買う物件 買わない物件』。

稲垣浩之の名言 一覧

学生時代の定期テストでも、優秀な人は結果をきちんと確認して、間違いがあれば復習して次につなげています。結果を検証して、課題があれば対策を講じる。これが成績アップにつながるのは勉強も賃貸経営も同じ。


事業であれば、きちんと中長期の計画を立てることも大切。これまで多くの土地オーナーの方を見てきましたが、うまくいっている方は共通して将来のシミュレーションを丁寧に行っています。


賃貸経営は事業であるという意識を持つことが大事。具体的には、入居者が顧客となるサービス業。いかに物件に住む人の目線で物事を考えられるかがポイント。


もちろん、不動産投資もリスクはゼロではありません。空室や滞納、家賃相場の下落など、いくつかのリスクは想定できます。ただし、「自分はなんのために不動産投資をするのか」という目的を明確にし、それに合った手法でリスクとリターンのバランスをとれば、リスクコントロールは十分可能です。


一口に土地活用といっても、手法は様々。所有する土地を売却して、別の不動産を購入したほうが有利だと考えられる場合などは、なかなか判断が難しい。そうしたとき、パートナーとなる事業者から得た客観的な情報が合理的な判断を後押ししてくれます。


事業者選びのポイントの一つは、その会社がどんな実績を持っていて、どこにどれだけの人員を割いているか。例えば、物件の運営管理を行う部門のスタッフが充実していれば、迅速で質の高い対応が期待できる。入居者募集やクレーム対応などの差は、収益の差となって表れます。


賃貸経営はできるだけ正確に収支のシミュレーションを行うことが成功への第一歩。いざ、物件が建って毎月まとまった額の家賃収入が入ってくると、気持ちが大きくなって本来貯めておくべきお金を使ってしまう人は少なくありません。


賃料収入を得て、経費などを支払って着実に資産を形成していく形の土地活用に、一発逆転はありません。その意味では、慎重さや緻密さが成功の鍵を握っている。これが多くの大家さんと会ってきての実感です。


不動産投資は「事業」ですから、サラリーマンが仕事で培ったスキルを生かせる場面は少なくありません。経理や財務などお金の知識はもちろん、営業であればコミュニケーション力や交渉力を不動産業者との関係作りに役立てることもできます。購入後は手間がかからないとはいえ、うまく事業が回っているか、コストがかかりすぎていないかなど、結果を評価することは必要ですから、管理職の人ならマネジメント経験も生かせるはずです。


すべてを自分一人でこなすことはできませんから、不動産会社、管理会社、金融機関、コンサルタントなどとの良好な関係は、当然ながら大きな力になります。特にこれからは、賃貸経営においても情報の持つ意味がいっそう大きくなっていくはず。経済情勢にしても、顧客のニーズにしても、変化が激しい時代にあって、正しい判断を下していくためには、多面的な情報が必要になります。それを収集するにあたっても、パートナーとなる事業者の存在は重要です。


パートナーとなる事業者には、どんどん夢を語ってほしいと思います。実際成功している大家さんには、自分の希望や目標を恥ずかしがらずに不動産会社や金融機関に語り、相手の懐に入っているような人が多いですね。そうすることで、目指している方向が共有されるし、精度の高い情報を得ることもできるようになります。事業者の立場になれば、どんな土地オーナーも基本的には多くの顧客の中の一人。その中で、しっかりと対応してもらおうと思えば、やはり自分自身の存在や考えを相手にきちんとインプットしておく必要があるでしょう。


リスクとリターンのバランスをどうとるべきかは、その人の目的によって違ってきます。老後に備えて少しずつ手元の現金を増やし、定年後も私的年金として一定の収入を得たいのか。あるいは早期リタイアして、不動産収入だけで食べていけるようになりたいのか。それによって、適切な借入額や物件購入額は変わってきます。よって、目的に合わせて計画を立て、5年先、10年先のお金の出入りをシミュレーションすることが、リスクとリターンのバランスをとるためには必要不可欠です。


いくら金利が低くても、物件の利回りが低ければ、やはり手元に残るお金は少なくなります。では、どうすれば条件の良い物件に出合えるかと言えば、良い不動産業者を見つけることに尽きます。不動産市場は、実は非常に「不平等」です。株式市場なら、すべての銘柄に関する情報が開示されているので、誰でも平等にチャンスがあります。しかし不動産の場合、大半の物件情報は表に出ず、不動産業者が持っています。よって、できるだけ多くの業者を回り、情報収集して優良物件を探すことが、不動産投資で成功する秘訣です。


稲垣浩之の経歴・略歴

稲垣浩之、いながき・ひろゆき。日本の不動産投資専門税理士、コンサルタント。「稲垣浩之税理士事務所」代表。千葉県出身。著書に『不動産投資専門税理士が明かす金持ち大家さんが買う物件 買わない物件』。

他の記事も読んでみる

塚本昌彦

「好き」「楽しい」というモチベーションがあれば、次々にいろんな想像が広がる。学生たちは僕なんかが考えつかないアイデアを形にしてきます。


森川亮

私は日本企業の社員が、動物園に飼われている動物のように野生を失っているのではないかという危機感を持っています。変化がなく、守られた環境の中にいて決まった時間にエサがもらえる暮らしであれば、ライオンも闘争心がなくなる。


田中稔哉

現在は、大企業でも部署が切り売りされたり大量のリストラが断行されたりと、雇用の継続自体すら不安定な時代。組織に頼るキャリアを全面的に否定はしませんが、組織という枠組みは一度取り払い、あくまで個人の中で感じられる仕事の充実感を成功指標として捉えるべきです。


古川貞二郎

厚生省の面接を受けるため上京しようとした際、伊勢湾台風の直撃で列車のダイヤが大幅に乱れ36時間もかかってたどり着きました。疲労困憊のまま面接に臨み、不合格になってしまいました。このままでは引き下がれません。結果を知らされた翌朝、厚生省の人事課長に直談判しに出向き、国のために仕事をしたいと全身全霊で訴えました。その結果、その日の夕方に吉報が届いたのです。一度不合格とされた者が這い上がることなどほとんどあり得ないこと。肝の太い人事課長や幹部に巡り会えた強運に感謝するとともに、以後、「決して諦めず事に当たれば、道は必ず開ける」という信条が様々な場面で生きることになりました。


澤田秀雄

自慢じゃありませんが、私は30年間、病気で会社を休んだことは一度もありません。いつも「元気だ」と自分に繰り返し言い聞かせているからです。


郷ひろみ

元々僕がこの世界に入ったきっかけは近所のおばさんが映画のオーディションに僕の写真を送ったこと。つまり自ら望んで飛び込んだ世界じゃなかった。ただ、逆に望んだ世界じゃなかったからこそ、冷静に自分を分析できたのかもしれない。「何もない自分のままじゃ数年後には芸能界から消える!」と危機感を抱けたから。


小笹芳央

モチベーションが下がったとき、気持ちを立て直す方法を自分なりに持っておくとよいでしょう。たとえば、友人と飲みに行くと元気になるとか、夜空を眺めると気分が晴れるとか、モチベーションを引き上げる方法は人それぞれで構いません。


澤田秀雄

「企業は人なり」ですから、大事なことは人が元気を出すことです。元気があればやる気が出る。すると、物事を考え、努力するようになります。


安齋肇(安斎肇)

20代は失敗の連続で思うようにならなかった。30代は、その失敗をバネにして自分のやりたいことが少しずつ見えてきた時期。そして40代、やっと自分の思っていたことが、具体的に形になっていったような気がする。


村山由佳

「自分が書きたいことを、書きたいように書く」。これが作家の私にとって守らなくてはならないもの。


大川隆法

仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある。


高橋がなり

僕は20代のときから、「自分の金は貯めるな。自分に投資しろ。経験を積むために全部使っちまえ」と言っています。