名言DB

9412 人 / 110637 名言

秋里英寿の名言

twitter Facebook はてブ

秋里英寿のプロフィール

秋里英寿、あきさと・ひでとし。日本のコンサルタント。京都大学工学部卒、東京大学大学院理学系物理学科修了後、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社。日本、中国、中東、南米、各国オフィスのプロジェクトマネージャーを歴任。EXA Partners代表を経て靴のネット通販サイト・ロコンド.JPを運営するジェイドを設立。

秋里英寿の名言 一覧

仮説を持っていないと、論点の範囲が限りなく広がってしまいます。売上が伸びないといっても、その原因は多岐にわたり、商品力のアップ、プライシングの見直し、サービス面での競合との差別化など、いくつもの論点が出てきます。それらをひとつひとつ細分化して考えていったら時間がいくらあっても足りません。


秋里英寿の経歴・略歴

秋里英寿、あきさと・ひでとし。日本のコンサルタント。京都大学工学部卒、東京大学大学院理学系物理学科修了後、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社。日本、中国、中東、南米、各国オフィスのプロジェクトマネージャーを歴任。EXA Partners代表を経て靴のネット通販サイト・ロコンド.JPを運営するジェイドを設立。

他の記事も読んでみる

鈴木篤(経営者)

若い社員の中には必ずしも自分の希望した仕事ではないと思う方もいらっしゃると思います。ですが、それぞれの役割にはきちんと意味があり、学ぶことが沢山あります。


涌井雅之(涌井史郎)

先進国、とりわけ日本のような立ち位置にある国というのは、これからどうやって産業を引っ張るのかというと、多分、才能で引っ張る以外にないと私は思っているんです。つまり感性価値。日本から新たなライフスタイルを世界に対して提案する、ということです。


ボブ・ロス

最近、ショッピングモールで絵を描く機会があってね。ある男性にこう声をかけられたんだ。「ボブ、僕は今までに絵を描いたことがないんだ。なんでかっていうと僕は色覚異常だからさ、全部灰色に見えるんだ」って。だから今日は、灰色を使って絵を描いてみたいと思う。絵は誰にでも描ける。あなたにそれを見せてあげたい。


丹羽宇一郎

若いときに金儲けなんか考えるのは、ロクなものにならない。金儲けを目的にしたら、多少のことならと悪いことをしてでも金を儲けたいと思ってしまうものです。これは人間の本性です。金を追っかけてはいけない。


西野浩輝

社内外のコミュニケーションで、必要以上にメールを使う人がいますが、電話一本ですむ用事は案外多いものです。メールを使うことで、間違ったニュアンスが伝わり、何度もメールを打つはめになることもあります。電話とメールを用途に応じて使い分けましょう。


しりあがり寿

どこかで自分の一部を「リストラ」するタイミングは、誰にでもあるはずです。でも、リストラされたほうの経験も、必ずいつか生きてくるはずです。


兼本尚昌

私がクライアント企業から必ず要望されるのは「自立・自走する人材が欲しい」ということです。言い訳しないで自走する人材は、市場から常に求められているのです。


高倉豊

いまは非常にやりがいのある状況だといえる。独自の商品開発をしても競合がすぐにキャッチアップしてくるので、各社似たような商品やサービスで勝負せざるをえない。そうなると、差がつくのはマーケティングの部分だ。


森下一喜

「期日に間に合わせるしかない」と思うと、結局、「作業」になってしまう。作業からはクリエーティブなものは生まれない。


渡邊陽一

私も昔はお金持ちになりたいと本気で思っていました。だから、志よりも、時流に乗ることを最優先しました。結果、かなりの紆余曲折を経てしまいましたが(笑)、自分の使命ともいえる、この事業にめぐり合うことができました。もちろん今でも、常に売り上げを伸ばすことが、起業家の役目と信じています。そのうえで、どんな社会貢献ができるのか、その順番で考えていいのです。


那須翔

日本の社会が次第に画一性を帯びていく中で、人々は横並びが安全であると思い始めた。すると今度は、みんなで渡れば怖くないといった空気が社会に充満してきて、横並びで手をつなぎながら追いつけ追い越せの目標に向かってぐいぐいとアクセルを踏んだのです。日本はこのようにして繁栄を手にしたわけで、成功すればするほど世の中は画一的になるという一つの公式が出来上がってきました。


横田雅俊

顧客との交渉で心がけるべきポイントは3つ。

  1. 対等なポジションで交渉に臨むということ。
  2. 相手の要求に質問で応えること。
  3. 視点を変えること。

近田哲昌

この世界は一年、いや数カ月でビジネス環境が一変します。今後新たにどんなすごいサービスが現れるかは、誰にも分かりません。成功パターンなどはなく、試行錯誤をくり返すなかで、その都度、現場が成功する方法を見つけるしかないのです。


野部剛

営業先で「いつかは必要なんだけど今は……」という人には、商品の特徴を長々と述べるより「そんなにのんきに構えていていいの?」と危機感に訴える方がベターです。同じニーズでもその切迫度によって話し方を変えるべきです。


深野康彦

親孝行のコツは「できることをできる範囲で」。地方には仕事が少ないので、親と遠距離になるのは仕方がないこと。無理に一緒に住む必要はありません。むしろ離れていたほうがいい関係が築けることも多い。向こうに行けないなら、切符を送ってこっちに来てもらってもいい。時代とともに親孝行の形も変わっています。柔軟に考えたらいいです。