名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

秋沢志篤の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋沢志篤のプロフィール

秋沢志篤、あきざわ・ゆきあつ。日本IBM社長

秋沢志篤の名言 一覧

企業文化を構築するには、社員の共感が不可欠です。オーナー経営じゃありませんから、想いを風にし、社内を盛り上げていくことが求められます。ですから、できるだけ多くの社員と共通体験を積み重ねていきたいと思っています。


外の風に吹かれて、未知の世界と出会ったり、異なる言葉、文化に触れたり、考え方の違う人と語り合う中でいろいろと考えさせられることが出てくる。そこから得ることは、お金には換えられない満足感だし、社員の一人一人がそうした満足感を得ることによってジョブ・サティスファクション(職務満足感)にもつながっていく。だから、毎月のお給料の中から、少しずつ積み立てをして、世界のイベントにみんなで行くんです。そして、人と人とが触れ合う中で生まれる熱い思いを共感しているんです。


お祭りに乗ることです。それを企業の文化にどうやって置き換えていくか、言ってみれば各種のスポーツイベントの主催や協賛は、社員はもとより生活者の方々、取引先の方々とさまざまな共感、共鳴を得るための一手段なんですね。私はリオのカーニバル、マスターズ、ワールドカップ、オリンピックなど、あらゆるイベントに顔を出しますが、それらのエネルギーを仕事に持ち込みたいと考えているんです。


私はいわゆるお祭りと言いますか、そういうものが大好きです。要は人間の情熱、魅力というのは1+1が2ではなくて、もっと大きいものだと思うんです。1+1がどこかで何乗かにならないと風が吹きません。一緒に働いている仲間が、よしこれをやろうと場を盛り上げてくれたり、こういう凄い人がいるんだけど一緒に仕事をしたら面白いと思うよと紹介してくれたりしたとき、わかったとばかりに共感、共鳴を持つことが大切だと思うんです。


秋沢志篤の経歴・略歴

秋沢志篤、あきざわ・ゆきあつ。日本IBM社長

他の記事も読んでみる

ウィリアム・ウェルドン

当社は快適な職場環境を整えることに腐心してきました。社員が働くことに誇りを持ち、働き続けたいと思う社会にすることを心がけてきました。


野村克也

若いときは24時間野球漬けになって、どうしたら成績を残せるかだけを考えなさい。決してバチは当たらないから。


永守重信

経営は半分近くが失敗ですわな。8勝7敗、9勝6敗で勝ち越した会社が生き残っているだけです。だから減点主義で人を見れば、ほとんど失格になる。


円山法昭

努力と知恵を駆使して誰もやっていないブレークスルー(突破口)を見出せるかどうか。それがイノベーションにつながる発想。


仲吉昭治

目標や夢を掲げましょう。そして、あとは「無の心」で突っ走ればいい。進んでいけば、横槍が入ってきますが、それを意識したら、目標を達成できない。


山本良一(経営者)

持続的な成長を目指すには、経営そのものの枠組みを見直す必要がある。コーポレートガバナンス・コードは、そう気付かせてくれました。これは改革のテコに使えるぞと。


矢野博丈

もちろんPOS(販売情報管理システム)だって万能ではありません。小売店は店の方からも「これを売りたい!お客さんに使ってほしい!」と仕掛けることも大事です。お客さんの反応がよかったものを売るだけでは、後手に回ってしまいますから。


佐久間昇二(佐久間曻二)

WOWOWでは、加入者を増やすことが最大の目的でしたから、社長に就任してから2カ月間は営業担当の役員と全国の現場を回りました。そして、課題を整理すると打つべき手が分かってきました。


森川亮

手書きの手帳を使っています。それで過去のスケジュールを見ながら、時間の使い方を反省する。1週間、1カ月単位で、何にどれだけ時間を使ったのか、グラフ化する。「実際にかかった時間のグラフ」と、「当初(これだけの時間ができると)計画した時間のグラフ」を比較して、無駄な時間がどこにあったか分析しています。


鍋島直茂

いかに知音(ちいん。自分の心をよく知る友人知人)を持つとも、頼まずに、ただわが身ひとつと心得べし。


栗原博

新人の頃、マナーで大失敗したことがあります。あるお客様のところに営業で訪問していたときの話です。その後に私は別のお客様との約束がありましたが、商談が盛り上がりズルズルと時間を延長。次の約束に遅刻してしまいました。私は遅刻がマナー違反であることは重々承知していましたが、事情を話せばきっとわかってもらえるだろうと都合よく考えていました。しかし、遅れてお客様の元へ駆け込むとこう言われました。「遅刻する営業マンとは話したくない。ドアを閉めてお引き取りを!」。キツい叱責を受けて、遅刻は信頼関係を根底から揺るがすものだということが骨身に染みました。


小池百合子

未来の東京をつくっていくわけですから、過去ばかり見て、既得権益にしがみつこうとするような人材はいりません。東京都民にとって今後必要となるものを見越し、それに必要な政策をつくる能力を持つ人。現状に文句をつけるだけではなく、より建設的な注文を出せる人を必要としています。