秋沢志篤の名言

秋沢志篤のプロフィール

秋沢志篤、あきざわ・ゆきあつ。日本IBM社長

秋沢志篤の名言 一覧

企業文化を構築するには、社員の共感が不可欠です。オーナー経営じゃありませんから、想いを風にし、社内を盛り上げていくことが求められます。ですから、できるだけ多くの社員と共通体験を積み重ねていきたいと思っています。


外の風に吹かれて、未知の世界と出会ったり、異なる言葉、文化に触れたり、考え方の違う人と語り合う中でいろいろと考えさせられることが出てくる。そこから得ることは、お金には換えられない満足感だし、社員の一人一人がそうした満足感を得ることによってジョブ・サティスファクション(職務満足感)にもつながっていく。だから、毎月のお給料の中から、少しずつ積み立てをして、世界のイベントにみんなで行くんです。そして、人と人とが触れ合う中で生まれる熱い思いを共感しているんです。


お祭りに乗ることです。それを企業の文化にどうやって置き換えていくか、言ってみれば各種のスポーツイベントの主催や協賛は、社員はもとより生活者の方々、取引先の方々とさまざまな共感、共鳴を得るための一手段なんですね。私はリオのカーニバル、マスターズ、ワールドカップ、オリンピックなど、あらゆるイベントに顔を出しますが、それらのエネルギーを仕事に持ち込みたいと考えているんです。


私はいわゆるお祭りと言いますか、そういうものが大好きです。要は人間の情熱、魅力というのは1+1が2ではなくて、もっと大きいものだと思うんです。1+1がどこかで何乗かにならないと風が吹きません。一緒に働いている仲間が、よしこれをやろうと場を盛り上げてくれたり、こういう凄い人がいるんだけど一緒に仕事をしたら面白いと思うよと紹介してくれたりしたとき、わかったとばかりに共感、共鳴を持つことが大切だと思うんです。


秋沢志篤の経歴・略歴

秋沢志篤、あきざわ・ゆきあつ。日本IBM社長

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

どんなに「できる」と念じても、空を飛んだり、透明人間になったりすることはできません。けれども、誰かがすでにやっていることだったら、たいていのことは実現できると私は考えています。


マーク・ハード

適切に実行されなければ、ビジョンは幻想に過ぎない。


三上武昭

社員のやる気を引き出せれば、下手な合理化策より効果があります。


鈴木康夫(経営者)

お客さんが自分ではやりたくない仕事、でもアークにはやりやすい仕事に集中していく。だからこそ、お客さんに喜んでもらえるし、仕事をいただくこともできます。


上田準二

規模が大きくても質が伴わなければダメだという人もいるけど、コンビニエンスストア業界は「規模=質」、「質=規模」。これまでの歴史を見ても、チェーン網を築けなかった小さい企業から脱落していっているし、規模の大きいところの方が、売上、利益、クオリティ全てが高い。地域密着にこだわった新しい形の流通グループを目指したい。


高井伸夫

潔く詫びることで顧客や取引先などの心を癒やし、またこちらも許してもらうことで癒やされる。これを実現したときに謝り上手と評価され、ビジネスパーソンとして信用も得るのです。


安藤俊介

ついカッとなってしまったときの特効薬は、怒りを行動に移す前に「6秒間待つ」ことです。怒りの感情は生じてから6秒までが最も強く、それを過ぎると少しずつ小さくなっていくと考えられています。


小川孔輔

日本のサービス業の生産性を低くしている理由として、消費者の要求に丁寧に対応しすぎていることが挙げられる。サービスが過剰になっていくことは、競争上仕方のないこと。しかし、人手が足りない状況では、顧客から本当に求められているサービスは何なのか、再検討することも必要。


堀正岳

使えない情報ばかりを溜め込んでしまう「情報メタボ」を予防する一番効果的な方法は、「定期的にアウトプットし続けることだ」といえます。また、そのための場としてブログが最適なのはいうまでもありません。


温水洋一

下北沢で過ごした20代の半ばがあったから、いまがあると思えるんですよね。芝居はもちろん全力でやっていたんですけど、劇団にまつわる人たちと飲むのにも一生懸命でしたね。毎日毎日飲んで話して。熱く演劇論をぶつけていたわけではないんだけど、そこで会った相手の情熱がお互いを刺激して、明日も頑張ろうって気持ちにさせてくれた。


永野毅

東日本大震災後のこの4年間は、我々は何のために保険事業に取り組んでいるのかを再確認した4年間でした。東北の当社のある代理店では、震災の際「なぜきちんと保険を勧めなかったのか」と後悔する従業員がいました。日頃から保険を売るという意識を多少なりとも持っていて、「これ以上しつこく勧めたらまずいのではないか」と考えていたようです。我々が一歩前に出なかったために、とても悔しい思いをしたお客様がたくさんいたわけです。保険が本来果たす役割を再認識して、平時からきちんとお客様と向き合う。これが原理原則です。


賀来龍三郎

企業には反対意見を直言できる風土が必要だと思います。


小池百合子

挑戦しないで、そこで歩みを止めるほうが怖いですよ。いつも勝算のないまま突っ走るんですよ。性格でしょうか。


平尾誠二

部下に仕事を強制させる場合は、事前にそれをやらせる意味をきちんと説明することと、必ず結果を出させ、これができるようになったということを、本人にわからせることが重要です。人間というのは現金なもので、最初は嫌々でも、やればできると味をしめた途端、次からは自ら進んでやるようになるものなのです。


後藤新平

妄想するよりは活動せよ。
疑惑するよりは活動せよ。


ページの先頭へ